引越しの準備はいつから?

春と言えば卒業、人との別れ。入学、人との出会い。

そして・・・

素晴らしい 新生活 のスタートです。

この春を機に、住み慣れた土地を離れ、新天地での生活が待っている人も多いのでは?

そんな時に失敗したくないのが引越しの準備です。

引越しに慣れた誰かに聞きたいところですが、

引越しに慣れてる人が周りに少ない場合も多いはず。

この記事では

引越し準備いつから始めたらいいのか?

その際に気をつける注意点コツを紹介します。

せっかくの新生活、万全の状態でスタートしましょう!!

スポンサードリンク

引越しの準備はいつ始めるべきか?

引越しの準備はいつから?コツを紹介!

引越しの難しいところは

早めに準備、手続きをしなければいけない物

があることです。

 

例えば、現在アパートに住んでいる場合。

家賃は普通ならば1ヶ月先の分が口座から引き落とされているはずです。

となると、

家賃だけを考えても1ヶ月以上前手続きを始めなければ家賃が無駄に引き落とされてしまいます。

他にも、

 

  • ガス
  • 水道
  • ネット回線
  • 電話
  • BSケーブル
  • 新聞定期購読の雑誌

 

などの公共料金郵便局への転居届け。

 

最低でも、2ヶ月前くらい前から差し止めや変更の宣告、手続きをしておきたいです。

 

引越しはただでさえ数万~十数万円の出費を伴います。

手続きの遅れで余分な基本料や利用料を取られてしまわないように余裕を持って準備をしましょう。

スポンサードリンク

引越し準備をスムースにこなすコツ

引越しの準備のコツ

引越しの準備は本当に骨が折れます。

抜けがないか、手続きの漏れは無いか、無駄な出費はないか・・・

引越しをスムースにこなすコツを紹介していきます!

 

引越し業者決め!見積もりをとりましょう。

引越しをする際に一番気になるのは

無駄な出費はしたくない。出費は最小限に!

でしょう。

大きな出費になりますから、必ず複数の引越し業者さんから見積もりを貰いましょう。

 

まずは引越し料金の相場を知りましょう

直接電話連絡する前に、だいたいの相場を知っておいたほうが良いでしょう。

相手は引越しのプロですが、だからと言って足元を見られていけません。

(ぼったくられることは少ないと思いますが)

相場を知っていれば、

「ちょっと高いんじゃないの?」

「他はこの値段でやってくれるんだけど?」

交渉の材料にもできます。

最近では引越しもインターネットで一括見積もりできます。

 

ネットで相場を確認したら、電話で直接見積もりの依頼することをおススメします。

(ネットだけではなかなか伝わり難い条件や希望もあるでしょう)

安ければ良いってわけでもない!

出費は抑えたいのはもちろんですが、必ずしも安い方が良いとは限りません

引越し業者によっては、

 

  • 丈夫なダンボールが無料で貰える
  • 必ず新しい靴下を履いてくる
  • 重量物をちゃんと毛布でくるんでくれる
  • 保険に入っている

 

などの手厚いサービスをしてくれる業者もあります。

梱包に使うダンボールって案外手に入り難いものです。

スーパーや薬局でもダンボールを貰うことができますが、強度が弱かったり、大きさが不揃いで運びにくかったりとあまり良い印象がありません。

あと、地味ですが嬉しいのが新しい靴下を履いてくれるサービス。

新居の床を汚されたり、重量物で床や壁を傷つけられても最悪です。

金額と、サービス内容、バランスのとれた引越し業者を選びましょう!