黒生姜のダイエット効果は?

最近、よく「黒しょうが」の広告や記事を雑誌やネットで見かけますよね。

  • ダイエットに効果的!
  • 冷え性の改善に!
  • 滋養強壮に!

と飛ぶ鳥を落とす勢いです。

見た感じはしょうがと似ていますが、一般的に流通しているしょうがとはちょっと違いますし、しょうがの産地・生産者・JAのサイトなどを見ても「黒しょうが」についての記載はなく「黒しょうが」はまだ野菜として広く認識されていないのです。

果たして「黒しょうが」とは一体なんでしょう?そして黒しょうがを摂るメリットはあるのでしょうか。

この記事では「黒しょうが」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

黒しょうがって?生姜と違うの?

黒しょうがは、「しょうが」の名前がついていますが、実はハーブの一種です。

ショウガ科に分類されてはいるものの、野菜ではなく、ハーブとして扱われています。

黒しょうがは原産国はタイで、正式名称は「クラチャイダム」といいます。このクラチャイダムは見た目はしょうがに似ていますが、切ってみると断面は紫色をしていて、まるで紫芋のよう。

このように、ショウガ科であるということと、見た目がショウガに近く色はショウガよりも黒っぽく見えるので「黒しょうが」と名づけられて日本に入ってきました。

黒しょうがを紹介しているサイトでは「ブラックジンジャー」「黒うこん」と記載している場合もありますが、いずれも「黒しょうが」のことです。

現在、八百屋さんやスーパーでは黒しょうがそのものを入手することは難しい状態です。それにもかかわらず、最近人気が出ているのはなぜでしょう。

『滋養強壮』と『ダイエット効果』が注目されています

なんでも最近、黒しょうがには健康とダイエットに効果があると言われ始めてきました。というのも、黒しょうがにはアルギニン酸が豊富に含まれているため。

アルギニン酸といえば『栄養ドリンク』に含まれることもある滋養強壮の効果のある栄養素です。

『滋養』とは一言で言えば『身体に養分を染み込ませる』こと、つまり身体を強く、元気にすること。

黒こしょうは、天然の栄養ドリンクとも言えます。

ダイエット効果のあるミネラルも豊富です

『栄養ドリンク』と聞くと、なんだか男性向き?と思ってしまいそうですが、最近の研究では滋養強壮だけでなくダイエットにも効果があるミネラルが豊富であるとして、女性にも注目され始めました。

ダイエットの基本は「代謝をよくすること」です。

バランスよく栄養を摂ることで代謝しやすい体になるのですが、黒しょうがにはその成分がたくさんミネラルが多く含まれているのです。

  • カリウム(血圧を下げる)
  • カルシウム(骨の形成イライラ低減)
  • マグネシウム(心臓病・心疾患予防)
  • リン(骨や歯を作る)
  • ナトリウム(細胞・筋肉の機能維持)
  • 鉄分(酸化・老化防止)
  • マンガン(代謝の活性化)
  • クロム(血糖値・コレステロール低下)
  • (血・骨の形成を助ける)

なかなかのミネラルの宝庫です。

天然の栄養ドリンクであると同時に、天然のダイエット食品だったんですね!

豊富なアミノ酸が魅力

黒しょうがには18種類のアミノ酸が含まれていますが、特に滋養強壮に効果があるといわれるのが、先ほど紹介したアルギニン酸です。

滋養強壮といえばマカが有名ですが、黒しょうがにはマカの2~4倍の量のアルギニン酸が含まれているのです。

ココでは主に

  • アルギニン酸
  • アスパラギン酸
  • ポリフェノール
  • シンゲロール

を紹介していきます。

『アルギニン酸』は成長ホルモンで代謝を促進!

アルギニン酸には、成長ホルモンを分泌しやすくする働きがあります。つまり、これが代謝を促進することになるのです。

代謝が促進されると筋肉量が増えるので、運動したときにエネルギーが消費されやすくなる、つまりやせやすい体質を作る働きがあります。

もちろん、アルギニン酸は疲労回復にも効果がありますので、多少の運動をしても疲れが残りません。疲れがとれやすい上に代謝もよくなるのですから、男性の滋養強壮に限らず、女性もぜひダイエットに取り入れたい成分です。

『アスパラギン酸』は利尿作用でダイエット効果!

アスパラギン酸はアスパラガス?

黒しょうがにはアスパラギン酸も含まれています。

アスパラガスから発見されたことで命名され、トマトの味の主成分だというユニークな経歴をもつアスパラギン酸ですが、男性の滋養強壮に効くだけでなくダイエットにも効果的です。

アスパラギン酸には利尿作用があり、老廃物が尿になって体外に出てきますからデトックスの効果(排毒、老廃物排出)が期待できます。当然ですが、新陳代謝が活発になるので、ダイエットに効く成分でもあるのです。

アスパラギン酸には疲労回復効果も

またアルギニン酸同様、疲労回復にも役に立ちます。

アスパラギン酸はタンパク質の代謝を活発化させ、体内でのエネルギー生産を補助する役割があります。

『ポリフェノール』は消化促進・代謝の向上

黒生姜にもポリフェノール!

黒しょうがの黒い色はポリフェノールが含まれている証拠です。

ポリフェノール=ワイン

のイメージがあるかもしれませんが、黒こしょうも負けていません。実は、普通のショウガにはポリフェノールが含まれていないので驚きですよね。

ポリフェノールには抗酸化作用があるので、体の調子を整え、代謝をよくしてくれります。近年の研究ではポリフェノールはガンの予防にもなるといわれていますよね。

また、黒しょうがのポリフェノールとして「クルクミン」という成分が含まれていますが、クルクミンは胆汁の分泌を促進する働きがありますから、食物の消化に効率的に作用し、結果として代謝率を上げてくれるのです。

余談ですがクルクミンには二日酔いの解消にも役に立つんですよ。

『ウコンの力』のCMでもクルクミンが入っていると宣伝されていますよね。

『ジンゲロール』は冷え性、血行改善に

ショウガ科の植物に含まれているジンゲロールもダイエットに効果が期待できる成分ですが、もちろん黒しょうがにも含まれています。

ジンゲロールはしょうが特有の辛味の成分でもありますが、これが 辛味だけではなく、血管を広げる働きがあります。血管が広がるということは、冷え性改善血行促進に繋がります。血行がよくなるということは、体内の老廃物も排出しやすくなり、代謝がよくなる、つまりダイエットの頼もしい味方なんです!

黒しょうが湯を一度飲んでみてください。身体がポッカポカになりますよ。

冷え性対策は生姜より黒生姜!

さらに、ジンゲロールから水分が蒸発するとショウガオールという物質になりますが、ショウガオールは発汗を促す作用がありますので、ジンゲロールとショウガオールのダブルで代謝を助ける働きをします。

ジンゲロールは普通のショウガにも含まれていますが、黒しょうがはアルギニン酸とポリフェノールも同時に摂れるので、やはり黒しょうがをお勧めします!

健康的な女性

黒しょうがには身体を元気にする『滋養強壮』と代謝を向上させる『ダイエット効果』が期待できます。

血行促進、老廃物排出、がん予防などの嬉しい効果も!

スポンサードリンク

どこで手に入るの?

黒しょうがは実は日本国内での栽培・生産は難しい作物です。

普通のしょうがは沖縄県や高知県や熊本県など、温暖な気候で生産されていますが、黒ショウガは日本の風土・気候では育ちにくいのです。

ここが普通のショウガと違うところですよね。

スーパーや薬局で手軽に買えない?

黒しょうがは、実は沖縄の一部で栽培されているのですが、ここから生の黒しょうがを全国に流通させるのは人件費・運賃などの関係でコスト高にもなりますし、何より全国流通させるだけの生産量がないのです。

また、青果の卸売り市場では扱っていないところが多いです。ハーブとしてなら薬局にもありそうですが、最近注目され始めたせいかあまり見かけません。

サプリメントや健康食品で摂るのが現状…

黒しょうがは沖縄で生産されているとはいえ、生産数は少ないですから、生の黒しょうがをいつでも手に入れることはなかなか困難です。

なので効率的に黒しょうがの恩恵を受けようとなるとサプリメントの活用が現実的になります。

  • 黒しょうがサプリメント
  • 黒しょうが湯
  • 顆粒の黒しょうが

など、いろいろな物が見つかるはずです。

黒しょうがの本場は『タイ』

黒しょうがの本場はタイです

黒しょうがを使った多くのサプリメントは原料を本場タイから輸入し、日本国内で加工・販売しています。

沖縄よりも温暖な気候で栽培されるため、沖縄や熊本で栽培されたものよりもアルギニン(代謝促進要素)が2倍も多い黒しょうが(クラチャイダム)が収穫されます。

クラチャイダムはもともとタイの森林で自生していたものですが、滋養強壮・美容に効果があると評判になり、栽培技術も発達し、現在では安定した生産を見込めるようになりました。

女性向け?『沖縄県産の黒しょうが』も負けてません

ただ、沖縄県産の黒しょうがも負けていません。

沖縄産の黒しょうがはタイ産の黒しょうがよりもアントシアニンが多く含まれています。

アントシアニンといえばスキンケア用品や化粧品に含有される美肌成分。

アンチエイジングによる美肌効果やダイエット効果がより期待できる成分です。

サプリメントを選ぶときは、原産国・生産地・加工地・販売者がしっかり表示されているかどうか確認しましょう。

かと言って摂り過ぎはダメですよ!

ダイエットに万能と思われそうな黒しょうがですが、やはり摂りすぎると副作用があるので要注意です。

特に生食の場合はジンゲロールとショウガオールが直接胃腸を刺激しますから、必要以上に摂ると胃を荒らすことがあります。

黒しょうがの特徴であるアルギニン酸はアルカリ性です。アルカリ性の食品は胃で消化するために胃酸が過剰に分泌されるため、胃を荒らしてしまいます。いわゆる胃酸過多の状態になるのです。

ですから、いくらダイエットに効くからと云って摂りすぎは禁物です。

サプリで摂る場合はパッケージに一日の使用量が明記されていますので、用法用量を厳守して生活に取り入れましょう。

スポンサードリンク