純粋蜂蜜の栄養価は?オリゴ糖やローヤルゼリーとの違いは?

皆さんは純粋蜂蜜って知っていますか?

ある電話オペレータを抱える会社は、オペレータの誕生日に、蜂蜜をプレゼントするそうです。

蜂蜜ってのどや声にいいといわれていますよね。

また、プロの歌手の中にも蜂蜜キャンディーや自家製の蜂蜜レモンを愛用している人が何人もいます。

蜂蜜レモンはスポーツ選手も摂っている方もいますよね。

蜂蜜ってどんな栄養や効果があるのでしょうか?

純粋蜂蜜について

『蜂蜜』と一言で言っても、蜂蜜にはいろいろな種類があるのはご存じですか?

実は、蜂蜜には

  • 純粋蜂蜜
  • 加糖蜂蜜
  • 精製蜂蜜

の3種類があります。

値段もピンキリ

普段から蜂蜜を食べている人は、蜂蜜でもお値段に違いがあることに気づいている方もいらっしゃるでしょう。

それは、先ほどの3つの蜂蜜の分類によるものなのです。

もちろん「純粋蜂蜜」が一番高価です。

国産の純粋蜂蜜となれば100gあたり1,000円を超えるものも。

加糖蜂蜜は100gあたり50~100円程度ですから、その高級さが分かって戴けるのではないでしょうか?

精製蜂蜜はシロップのようなもので、製菓や飲料に使われることが多いので食卓に出てくることはほとんどありません。

『純粋』蜂蜜って?

純粋蜂蜜

「純粋蜂蜜」とは、蜂が採集したきた花の蜜を100%製品にしたもので、添加物や混ぜ物などは一切ない、文字通り蜂蜜そのものなのです。

したがって、蜂蜜本来の栄養価や健康への高価が期待されます。

「加糖蜂蜜」「精製蜂蜜」は残念ながら「蜂蜜」の名前はついていますが、100%の蜂蜜ではありません。

冷蔵庫に入れると白くなる?

時々、「蜂蜜は冷蔵庫に入れるとすぐ白くなって使いにくい」という方がいらっしゃいますが、何を隠そうそれが「純粋蜂蜜」であることの証拠です。

純粋蜂蜜は5℃~15℃で結晶する性質があり、冷蔵庫で保存するとたちまち結晶してしまうのです。

純粋蜂蜜は腐りません!

そもそも、純粋蜂蜜は腐らないので、冷蔵庫で保存する必要はありません。

蜂蜜は蜂が採集した花の蜜の水分を、蜂が羽の羽ばたきで蒸発させたものです。

菌は一定の割合の水分がないと繁殖しないのですが、蜂蜜の水分はその割合よりも低いので腐らないのです。

なので、純粋蜂蜜は常温で何年でも保存できます。そして、冷蔵庫で保存する必要もありません。

純粋蜂蜜ってスゴイですよね?

この白い結晶があるということは「純粋蜂蜜」であるということなんです。

健康的な女性

純粋蜂蜜は100%花の蜜。

水分が少ないので腐りません。

古代人をも虜にした『蜂蜜』

古代人を虜にした純粋蜂蜜

蜂蜜は、絶世の美女と言われたクレオパトラが愛用していたことは有名な話です。

食べていたのはもちろん、髪のお手入れやお肌の美容に活用していたことも分かっています。

他にも

  • 古代ギリシャでは医学者のヒポクラテスが炎症や潰瘍、吹き出物などに対する蜂蜜の治癒効果を称賛している。
  • 古代エジプトの医学書エーベルス・パピルスおよびエドウィン・スミス・パピルスには内用薬[† 13]および外用薬(軟膏剤、湿布薬、坐薬)への蜂蜜の活用が描かれている。

wikipediaより

とされているので、蜂蜜は太古の昔から人間が利用していたことになります。研究によると一万年前にはもう蜂蜜を使っていたとか…。

なんだか凄くエキゾチックな話ですよね。

『危険』を厭わずに蜂蜜を求めた古代人

でも、蜂蜜って時の通り蜜蜂が集めてくる花の蜜ですよね?

よく考えると大昔は今のように養蜂家がいるわけではなし、最初に蜂蜜をとった人ってすごい勇気があったのだなあと思いませんか?

みつばちにはクマンバチのような凶暴性はないけれど、それでも刺されたら最悪の場合命にかかわることもありますよね。

そんなリスクを冒してまで昔の人は蜂蜜を手に入れようとしていたわけです。それだけ蜂蜜には価値があったと認識されていたのでしょうね。

そんな蜂蜜の栄養ですが、昔の人が命がけで摂っただけ栄養と効能があります。

働き蜂の凄まじい『エネルギー源』

もともと蜂蜜は女王蜂が産んだ卵から孵った幼虫に与えるために働き蜂が一生懸命採集してきたものですから、成長するために必要な栄養が充分詰まっているんですよね。

蜜蜂は蜜を集めるために遠くまで飛んだり、花粉を足につけて運んだり、小さい体ではありますがその体力を人間に換算したらすごいパワーをもっていると言われます。

その蜂蜜がもたらすパワーを紹介していきます。

良質なエネルギー源、「ブドウ糖」と「果糖」

蜂蜜の甘さのもとはブドウ糖果糖です。

人間の身体は、人工的な砂糖を摂取すると体内でブドウ糖と果糖に分解して『エネルギー』として消費します。

ところが、蜂蜜の場合は最初からブドウ糖と果糖を摂ることができるので効率的に良質なエネルギーを吸収することができるのです。

つまり、蜂蜜から摂れる良質なブドウ糖と果糖には疲労回復に効果が期待できます。

保湿効果

糖分には保湿効果もあります。

とても分かりやすい例として、カステラと食パンを常温でラップをかけずに放置していると食パンが先にカサカサになりますよね。

カステラのほうが砂糖や蜂蜜を使用しているので糖分によってしっとり感が保たれているのです。

この保湿効果は喉の保湿にも効きます。

歌手が蜂蜜キャンディーや蜂蜜レモンをレッスンや舞台の合間に愛用していたり、電話オペレータに蜂蜜を勧めるのも、蜂蜜が喉に効くからなのですね。

殺菌・傷の手当

蜂蜜の保湿効果は傷の手当てにも利用できます。

蜂蜜には菌が繁殖しない、つまり殺菌効果もあるので、擦り傷や切り傷などに蜂蜜を塗ると治りやすくなります。

認知症の予防、進行を遅らせる効果

さらに、ブドウ糖は脳にも届きやすいので、認知症の予防や進行を遅らせる効果もあります。

もちろん健康な方も仕事の疲れなどで頭がどんよりしているときには蜂蜜を摂るとスッキリしますよ。

美容と健康に『ビタミン』と『ミネラル』

良質な糖の他に、蜂蜜にはビタミンやミネラルが豊富です。

人工物ではなく、蜜蜂が花から集めてきた天然の蜜なわけですから、ミネラルの塊と言っても過言ではありません。

肌荒れ、疲労回復にビタミンB1、B2

豊富なビタミンB1、B2はブドウ糖をエネルギーに変える補助役としての働きがあるので疲労回復の相乗効果が期待できます。

また肌荒れにもビタミンB群は効果が証明されていますから女性には嬉しい効能ですよね。

スポーツ選手が蜂蜜レモンを愛用しているのはレモンのクエン酸との相乗効果が出て疲労に効くからです。

美容に欠かせないビタミンC

ビタミンCが美肌効果があるのはみなさんご存じのことでしょう。

よく耳にする市販の美容サプリメントでも「ビタミンC」の豊富さを謳うものが多いですよね?

  • ハイチオールC
  • マルチビタミン
  • ネイチャーメイド

などなど、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

蜂蜜にはビタミンCも含まれています。

ビタミンCは熱に弱く、摂りすぎたら尿になって排出されてしまいますが、蜂蜜は加熱しなくても食べられるので効果的にビタミンCを摂ることができます。

健康なづくりに欠かせない『ミネラル』分

蜂蜜には、その他多くのミネラル分が含まれています。

代表的なものはアルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸などのアミノ酸や鉄、マンガン、ナトリウム、カルシウムなどのミネラル類も含まれています。

これらのミネラルやアミノ酸は

  • 二日酔いの改善、防止
  • 代謝を活発にする
  • 血圧を下げる
  • 動脈硬化の防止

など、健康にとても効果が期待できます。

オリゴ糖や加糖蜂蜜との違いは?

オリゴ糖や加糖蜂蜜との違いは?

さて、今まで「純粋蜂蜜」について述べましたが、その他の「加糖蜂蜜」「精製蜂蜜」とはどんなものなのでしょうか。

加糖蜂蜜って?

「加糖蜂蜜」とは水あめなどの糖類を蜂蜜に加えたもので、加熱処理をしているものがほとんどで、もともと蜂蜜の含有量が少ない上に、加熱処理をしているので栄養素が壊れている場合が多く、純粋な蜂蜜に比べると栄養価は下がります。

価格も純粋蜂蜜に比べると安いです(100gあたり50~100円)

安いからといって純粋蜂蜜と同様の効果は期待できません。蜂蜜の風味を楽しむものと思っていたほうがいいでしょう。

また、「精製蜂蜜」は、本来蜜蜂が羽を羽ばたかせて水分を飛ばして作られる純粋蜂蜜とは異なり、人間が機械で水分を飛ばして作る蜂蜜のことです。

作業工程中に砂糖など他の成分が混ざることもあり、これは「純粋蜂蜜」とは言えません。

『オリゴ糖は危険』って本当なの?

蜂蜜と並んで健康にいいと言われている「オリゴ糖」ですが、最近「オリゴ糖は危険」という説も散見します。

オリゴ糖はもともと母乳に含まれている糖で、複数の糖が結合したものです。これは消化されにくく、そのまま大腸まで届き、大腸内の善玉菌を増加させます。

その結果、便秘を解消したり、大腸がんを予防したりするのでとてもいいものであるはずなんですが、ここにちょっと落とし穴があります。

オリゴ糖は天然の素材なら充分健康に効果が期待できるのですが、中には人工甘味料を使用したものがあります。

実は人工甘味料の功罪というものはまだ正確に明らかにはなっていないのですが、必ずしも安全でないという見方もあるのです。

したがって、オリゴ糖を選ぶときは原材料をよく見て、天然のものを選ぶようにしましょう。

健康的な女性

オリゴ糖を選ぶ時は『人工甘味料』に注意!

原材料をよく選んで購入しましょう!

カロリーは大丈夫?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

蜂蜜は砂糖よりも甘みを強く感じるのではないでしょうか。

実は、大さじ1杯あたりのカロリーは蜂蜜のほうが高いのです。

上白糖が約40kcalで、蜂蜜は約70kcalなのです。

このデータだけみたら「蜂蜜って太るの?」と思われそうですが、そこは数字のマジックで、大さじ1杯あたりの重量は上白糖が3g、蜂蜜は7gです。

上白糖は「大さじ1=3g、40kcal」、蜂蜜は「大さじ1=7g、70kcal」

これを計算してみてください。

1gあたりのカロリーは上白糖のほうが多いですよね。

ということは、同じ重量なら蜂蜜のほうがカロリーは低いのです。つまり、お料理に使うときは「砂糖大さじ1」より少なめに蜂蜜を入れたらいいということになります。

前項でもお伝えしましたが、蜂蜜は砂糖よりもエネルギー効率が高いので可能な限り砂糖と互換できるなら蜂蜜に変えてみるのはとてもいいことですよ。

健康的な女性

1gあたりのカロリーは砂糖より蜂蜜の方が低い!

『大さじ1』なら少な目で蜂蜜を使おう!

ローヤルゼリーって?蜂蜜と違うの?

美容と健康と言えばローヤルゼリーをよく耳にしますよね?

実はこのローヤルゼリーも蜂蜜の一種…というより、蜂蜜の完全上位互換です。

あんなに栄養価の高かった蜂蜜より一層スゴイって驚きではないですか?

女王蜂と働き蜂の『差』

普通の蜂蜜(ワーカーゼリー)は働き蜂になる幼虫の食料であるのに対してローヤルゼリーはその名のごとく「女王蜂の食べ物」です。

もともとは同じメスの幼虫だったにも関わらず、ローヤルゼリーだけを食べていた女王蜂の幼虫は働き蜂に比べて身体の大きさは2~3倍、寿命は30~40倍となり、さらに驚くべきは毎日1,500個の卵を産み続ける…というのですからローヤルゼリーの栄養価は相当なものですよね。

ローヤルゼリーが健康食品として着目され、多くのサプリメントとして流通しているのはこういった理由があるからなんですね。

ローヤルゼリーは万能食材??

ローヤルゼリーは蜂蜜のような黄金色ではなくて、乳白色です。。

この乳白色は「ロイヤラクチン」というたんぱく質によるもので、ここが普通の蜂蜜と違い、女王蜂が他の働き蜂よりも長生きする理由だと言われています。もちろん、蜂蜜の持つ栄養も含まれていますが、たんぱく質が多いというのがローヤルゼリーの特徴です。

確かに、女王蜂は毎日1,500個以上の卵を産むのですから、かなりのエネルギーを必要とします。

研究の歴史は1900年代から

ローヤルゼリーの凄さが本格的に研究され始めたのは1900年頃からと言われています。

1万年以上前から人間に愛されてきた蜂蜜ですが、ローヤルゼリーの歴史はまだまだこれからなんですね。

それでも、人体にとっての多くの嬉しい『万能』とも言える効能が発見されています。

  • 肩こりの改善
  • 冷え性の改善
  • 高血圧の抑制
  • 骨密度の維持
  • 糖尿病の改善
  • 視力低下の抑制力
  • 更年期障害の緩和

などなど、なんだかメリットの総合商社のようなローヤルゼリーさんです。

ローヤルゼリー、ローマ教皇の危篤を救う

そんなローヤルゼリーが一気に世界で名を知らしめる切っ掛けとなったのは、実はこんなエピソードがあるんです。

ローマ教皇の命を救った

という実話。

当時のローマ教皇が老衰による危篤状態に陥った際、主席侍医のバオルチー氏やパウロ・ニーハンス博士、ガレヤ・ジリシー博士らがローヤルゼリーを投与したところ、回復

1955年ローマで開催された国際医学会にて発表後、1958年、イタリア(ローマ)で開かれた第12回国際養蜂会議で、教皇自らミツバチを称えるスピーチを行った。

これをきっかけにローヤルゼリーが全世界に知れ渡ることとなる。

日本においては、1959年、週刊朝日に掲載された記事により、一般の人々の関心を集めることとなった。

wikipediaより一部抜粋

なんか…凄まじい話ですね。

現在では国内の有名な養蜂園でもローヤルゼリー由来のサプリメントを生産している時代ですから、手軽に手に入るようになっていますよ。

【関連PR】美しい女性の強い味方!

女性の若々しさと元気を応援するローヤルゼリー100%をそのまま固めた高品質サプリメント。

1日あたり132円で続けられます。

50種類の栄養素が凝縮⇒アサヒSAIローヤルゼリー48EX

一日大さじ一杯の蜂蜜で健康を保ちましょう!

何事も「過ぎたるはおよばざるが如し」で、いくら健康にいいからといって摂りすぎはよくないのは蜂蜜も同じです。基本的に一日あたりスプーン2~3杯くらいでいいそうです。

確かに純粋蜂蜜は少々値段が張りますが、一日スプーン数杯ならコストパフォーマンスはいいほうではないでしょうか。

また、純粋蜂蜜は高いかもしれませんが、不健全な生活をして入院などするともっとお金がかかります。

健康のために、ぜひ蜂蜜を普段の生活にとりいれてみませんか?