お風呂のカビは取れない?

お風呂のカビ…なかなか落ちないですよね!

お風呂を毎日キレイに洗っていても、気づけばパッキン(コーキング)や目地にカビが生えている!なんて経験はどなたもあるのではないでしょうか?

カビキラーなどのカビ除去に特化した洗剤も多いですが、ビシ!!っと綺麗に落ちた試しがない…ような気がします。

果たして一度黒く根を貼ってしまったカビは落とすことができないのでしょうか?もし綺麗サッパリ取り切りたい場合はどうしたら良いのか?その真相に迫っていきます!

スポンサードリンク

お風呂のカビを綺麗に取ることは可能なのか?

人類vsお風呂のカビ…

有史以来、人類は長きにわたりカビと闘ってきました。しかし人類の奮闘虚しく、お風呂のカビはどんどん侵攻してきます。

対抗すべく人類はさまざまなカビ取り洗剤を開発してきましたが…?

カビ取り洗剤って、カビ落ちないよね???

TVCMで『カビ取り洗剤をスプレーして30分待って流すだけでカビキレイ!』なんてやってますけど、実際にやってみるとぜんぜん落ちねーじゃないか!!って思った事ありませんか?

はい。

スプレーした後に30分どころか1時間待ったところで、スプレー前と何も変わってない…ってオチがザラです。あの瞬間のガッカリ感ときたらありません。

なんでカビ落ちないの?馬鹿なの?

カビ取り洗剤でカビが落ちない原因はカビ取り洗剤が蒸発してしまうことが考えられています。

スプレー直後はシュワシュワーっと泡立ち、『おうおう!何か効いてそうだな!』って気がしますが、その成分の何割かはカビに効く前に蒸発してしまうんですね。

確かにカビ取り洗剤はカビには効きますが、蒸発してしまっては本末転倒。

お風呂のカビを綺麗に取ってやるには、カビ取り洗剤の蒸発を防いでやることでより効果が期待できそうです。

ラップとティッシュで落ちるって本当?

実は、身の回りの手軽なアイテムを駆使するだけで、簡単にカビ取り洗剤の蒸発を防ぐことができる…と言われています。

必要なものは

  • ラップ
  • ティッシュ

だけです!

この2つが無い…というご家庭を探す方が難しいくらい身近なアイテムなはず。

手順は簡単で、ティッシュを細長いこよりにしていき、その上からカビ取り洗剤をぶっかけて、さらにラップを被せるというもの。

ティッシュのこよりにカビ取り洗剤を浸すのですが、この時使い終わったトレーなどがあると便利です。

カビ取り洗剤を含ませたティッシュのこよりをカビが気になる目地に沿って貼っていきます。その後ティッシュのこよりを覆うようにラップをかぶせて洗剤の蒸発を防ぎます。

一時間ほど置いてティッシュをとって洗い流せばカビがキレイになる…と言われていますが、その実証動画がこちら。

残念ながら、落ちませんorz

って!落ちないのかい!!

ここまで引っ張っておいてすみません。(見ているこっちが恥ずかしくなるような動画でしたが)

実は、今現在ネット上にもyoutube上にも、黒く生えてしまったカビをビシ!!!っと取っているものは存在していません。

人類はお風呂のカビに負けてしまったんですね。そのなかで一番綺麗にとっている動画を一応紹介しておきますが…

まぁ、完全には落ちていないです。

現在のところ人類がカビに対してできる撃退手段は?

  • お風呂洗剤はティッシュ、ラップで蒸発を防ぐ
  • 『パッキン用』カビキラーを使う
  • お風呂を洗ってから洗剤を使う
  • 軽いものなら重曹でも取れる

だいたいこんなところ。

そのどれもが、黒く根を張ってしまったカビを完全に取りきることはできません。

結局のところ、市販品では『根を張り始めた初期のカビ』にしか効果が期待できないんですね…

スポンサードリンク

浴槽目地のカビは『落とす』より『張り替え』が確実!

ぐぐぐ…根を下ろしてしまったお風呂のカビはもう取れないのか…orz

残された方法は1つ、パッキン(コーキング)の張り替えしかありません。ようするに、黒くなったパッキンを除去して、新しいパッキン(コーキング)を張り替えてやるわけです。

なんだか難しそうな響きですが、市販のツールで簡単にお風呂のパッキンを貼り直すことができます。

正直、面倒くさい方法ですが、カビが根を下ろしてしまったパッキンは、仲間でボロボロに食い荒らされてしまってスカスカ状態。先ほどの動画のように若干綺麗になることはあっても根本的に元に戻ることはありません。打ち替えてやることによって、黒く汚いパッキンとは綺麗さっぱりオサラバできますよ!

お風呂のカビたゴムパッキン(コーキング)を貼り直す方法!

必要な物は

  • コーキングはがし
  • コーキング
  • ヘラ
  • マスキングテープ

の4点セット。

ちょっとした工作になるので、若干の手先の器用さが求められますが、何より確実にお風呂のカビを根本から除去することができる方法に違いありません。それに『やってみたら意外に簡単だった~』程度の作業ですので、誰にだってできます!

『バスコークN』なら、ヘラ、マスキングテープが同梱されるので手軽ですよ~♪

コイツらを使って浴槽まわりの張り替えをしている動画はこちら

『カビたパッキンを除去するのが難しいんじゃないか!』

という意見もありますが、かと言ってカビたパッキンを綺麗にする方法が無いのが事実です。綺麗サッパリ落とせる方法があるなら、むしろ紹介してほしいくらいです(汗)

カビ予防が唯一の対抗手段です

大変情けない話ですが、我々がお風呂のカビに対して執れる対策は『カビが生えにくい環境づくり』しかありません。

ようするに予防保全です。

カビが生える好条件の環境は湿気ですから、いかに浴室内の湿気を減らせるかがカビ予防のポイントです。

お風呂から出る前に熱湯をかける

お風呂から出る前に熱湯を壁にかけてやりましょう。お湯は水より蒸発しやすいので、浴室内をカラッとさせることができます。

湿気対策以外にも、シャンプーや石鹸の飛び散りを流してやることができるので、効果はバツグンです。

出来れば、バスモップ等でサラッと綺麗にしてやれればOKです。

スクイージー(ワイパー)で水切り

熱いシャワーをかけたら、次にスクイージー(ワイパー)などで水気をとってやりましょう。

ちょっと『ひと手間』ではありますが、これをやるのとやらないのとではお風呂の後の乾燥スピードが段違いです。

換気扇を回しておこう

最近のお風呂は自然乾燥でも十分乾くかもしれませんが、換気扇があるのならしっかり回して乾燥させましょう。

窓や換気扇のないお風呂であれば、扇風機やサーキュレーターで空気を乾かしたり循環させることも効果的です。

必ずその日お風呂に入り終わったらお風呂のドアを開け放ち、湿気をこもらせないようにすることも忘れないようにしてくださいね!

スポンサードリンク