足が臭い原因は靴・靴下臭いから!悪循環を断ち切ろう!

暖かい季節。遊びにレジャーに気が行く季節ですが、足の臭いも気になるシーズンです。

『実は私、めっちゃくちゃ足が臭いんで人前で靴なんて脱げません』って悩みを抱える人も多いことでしょう。

そう思って足の臭いの原因ケア方法を調べてみても…?

  • 五本指ソックスを履く
  • 重曹で臭いをとる
  • 帰って来たらすぐ足を洗う

なんてフツーのケアが、どこにでも書かれていて参考にならなかったりしませんか?

そんなのとっくにやってるよ…それをやったところで、臭いものは臭いんだけどと八方ふさがりになってしまいます。

この記事では、足の臭いの原因を根本から断ち切り、『足の臭いケア』という受け身ではなくて『もう足を臭くしない』という攻めの対策を紹介していきます。

スポンサードリンク

靴下の寿命は1ヶ月!総入れ替えを!

靴下の寿命は1ヶ月

足が臭くなると、靴下もくっさいですよね~臭過ぎて自分でもつい笑っちゃう(何度も臭いを嗅ぐ)ほどヒドイ時もありますが…こんな体験はありませんか?

 

『さっき靴下を履いたばかりなのに、もう臭う』

 

実はこれ、靴下に頑固に付着してしまったニオイ菌が原因なんです。

『え~?靴下なんて毎日履き替えるし、毎日洗濯してるのに?』

と思うかもしれませんが、似たようなニオイの悩みって、シャツでもありますよね?洗濯したばかりのシャツなのに、なんだか臭う…これと同じことです。

テレビでも『ニオイ菌をしっかりと落とす!』みたいなCMを見ない日はありませんが、逆に言えば洗剤会社が前面に押し出すくらいニオイ菌って取りにくいんです。

微妙な男性

こんな靴下はもうダメ!

  • 足の裏の部分がツルツルな手触りになってきた
  • 黒い靴下なのに白っぽくなってきた
  • 脱いだら足がヌルヌルする

こうなってしまった靴下は、繊維の隙間にニオイ菌がビッシリ…どれだけ新しい靴下だろうが、どれだけ洗おうがもうダメです

替え時です。

『靴下は穴が空くまで履ける!』なんて言う人も居ますが、その人は体質的に臭わない人です。

悠長なことは言わず、全部ごっそりと捨てて、新しい靴下に総取り換えしましょう。

色で分けるといいですよ

私がやっているのは、月で靴下の色を分けることです。

同じ色の靴下を買い替えていると、どれが新しくてどれが古いのか訳が分からなくなってしまいます。

なので、靴下の色で見分けます。ユニクロの五本指靴下でもカラーパターンが3~4種類あるので、まとめ買い。

すごく分かりやすくて良いですよ。

古い靴下はニオイの原因!親の仇!!と思ってバッサリ捨てましょう!

『靴を臭くしない』じゃなく『臭い靴を履かない』

臭い靴を履かない!

特に、安全靴革靴を履いて仕事をしている人は要注意です。

先ほど靴下でニオイ菌の話をしましたが、足から靴下を汗と一緒にすり抜けて、靴にもニオイ菌が住み着きます。

そうなるとどうなるか…

 

『1日靴を履いた=ニオイ菌に足を漬け込んだ』

 

これと同じです。

足が臭い⇒靴が臭い⇒足が臭い⇒靴が臭い⇒・・・

もう『鶏が先か、卵が先か』状態の悪循環で、何が足の臭いの原因なのか分からなくなってしまった状態です。

足が臭いから靴が臭くなるのではなく、靴が臭いから足が臭くなる…ということも意識しましょう。

遠慮せずに支給してもらおう

プライベートの靴の場合はそう簡単に買い替えることはできないかもしれませんが、現場勤務で安全靴のような物が会社から支給されるなら、遠慮なく支給を申請しましょう。

総務の人に『あら?ついこの前も交換しなかった?』と言われても知ったこっちゃありません。『臭いんです。今ここで脱ぎましょうか?』と言えば分かってくれます。

微妙な男性

こんな靴はもうダメ!

  • 履いたら足の裏がザラザラするようになってきた
  • 新品の時よりも蒸れるようになった
  • なんだか湿っぽい
  • 新しい靴下がすぐ臭くなる

特に蒸れるようになった靴は危険

特に気を付けたいのは『新品の時よりも蒸れるようになった』です。

これは靴の中に湿気が溜まってきているのが原因で、自然乾燥と足からの発汗のバランスが取れなくなってきている証拠です。

言わば、靴の中に湿気が飽和している状態です。

湿気があればニオイ菌や水虫菌が繁殖し、たとえ天日干しで乾燥させても菌は死滅しきらないので、またすぐに臭くなります。

安全靴の寿命はどれくらい?

ちなみに、毎日履く安全靴の寿命は3カ月と言われています。

意外に早くないですか?

でも、穴が空くわけじゃないし、まだまだ履けちゃうので何年も同じ靴を履き続けて『安全靴は臭いもの』が定着してしまうんですね。

 

靴が臭いから足が臭くなる

 

という根本的な原因に目が向かなくなってしまうんですね…

『中敷き』はやっぱりスゴイ

プライベートの靴だったり、普通の革靴だったりする場合、靴を頻繁に買い替えるなんて難しいですよね?

そんな時は中敷きを使いましょう。靴に比べれば安価なので、気軽に買い替えができるはずです。何より、お気に入りの靴をニオイ菌から守ってあげるためにも、中敷きの使用をお勧めします。

臭い靴下で臭い靴を履かない

これは『合わせ技』と言った感じですが…

  • 靴を変えても靴下が臭ければすぐに臭くなります。

逆に

  • 靴下が新しくても靴が臭ければすぐに臭くなります。

最低でも靴を新しくするのであれば、そのタイミングで靴下も全て変えてしまいたいものです。

『足が臭い⇒靴が臭い⇒足が臭い』を断ち切ろう

いかがでしたか?

臭くなった足を洗ったり、脱臭したりする方法はいろいろ試されますが、足を臭くする原因である『ニオイ菌の住み着いた靴下』や『臭くなった靴』にスポットを当てて対策することは無いように思えます。

先ほどの『鶏が先か、卵が先か』という状況に陥ってしまわないように心がけたいですね。

最後にズバリ

臭くなったものは思い切って捨てましょう!

これ重要ですよ。

スポンサードリンク