プールや海で化粧はどうする?マナー違反?日焼け止めはアリ?

もうすぐプールの季節ですよね~♪

仲の良い友達や、素敵な彼氏と、お気に入りの水着を着て、メイクもバッチリ決めて…

ちょっと待ってください。

プールに行くときのメイクってどうしていますか?

ファンデーションは?マスカラは?日焼け止めは?そもそも、メイクしていくのってマナー違反だっけ?

この記事では、ちょっと相談しにくいグレイゾーンともいえるプールの化粧についてまとめました。

スポンサードリンク

公共施設のプールで化粧は厳禁

公共のプールで化粧は禁止

デートで公共施設のプールに誘われることは希かもしれませんが、もしかしたら水泳部の彼や泳ぎの好きな彼から『一緒に思いっきり泳ごうよ~』と誘われる場面もゼロではないと思います。

個人的にはプールデートはおすすめですね。

有酸素運動もできますし、ダイエット効果も抜群ですから、そういったアクティブなデートも良いと思います。

話が逸れてしまいましたが…

もし競泳用プールでプールデートに誘われたのならば、問答無用ですっぴんで行きましょう。

公共のプールでは『化粧禁止』とされているプールがほとんどです。

 

公共のプールって?

プールや海で化粧はどうする?マナー違反?日焼け止めはアリ?

ちょっと曖昧な良い方ですが、競泳用のプールというのは

25mや50mプールでレーンが区切られているようなプールのことです。

区市町村などが運営するような官公庁運営のプールや、他にもフィットネスクラブやスイミングスクールにあるようなプールのことです。

 

水質が凄く悪くなるんです

このツイートからも分かりますが、化粧したままプールに入る人が居るとプールの水質が一気に悪くなるんですよ。

競泳用のプールやフィットネスクラブのプールは『泳ぐため』のプールです。

こんな視界では泳げませんよね?

プールの注意書きでしっかりと『化粧をしたままの遊泳はご遠慮ください』と掲げられているはずですから、老若男女が気持ちよく泳げるように、最低限のマナーは守りたいですね。

 

レジャー施設のプールは?

プールや海で化粧はどうする?マナー違反?日焼け止めはアリ?

『公共のプール』は化粧NG!というのは分かったけど、レジャー施設のプールだってある意味『公共のプール』じゃん!

そう思ったかもしれません。

ここで言うレジャー施設のプールというのは例えばで言うと

 

  • 流れるプールがある
  • 浮き輪を使っても良い
  • ウォータースライダーがある

 

といった感じの『泳ぐ』というよりは『遊ぶ』に重点をおいたプールのことです。

 

関東で言えば、東京サマーランドやとしまえん。

関西で言えば、長スパ、ラグーナテンボス。

 

のようなレジャープールですね。

友達や素敵な男子から誘われるのは、レジャー施設のプールであることが圧倒的に多いでしょう!思いっきりはっちゃけられるし、楽しいですからね!

実際、かなりグレイなゾーンで扱われることが多いですが、レジャー施設のプールでの化粧はNGでしょうか?

 

レジャープールのメイクはOK

プールや海で化粧はどうする?マナー違反?日焼け止めはアリ?

結論から言うと、レジャー施設のプールでのメイクはOKです。

 

だって、レジャープールは競泳用のプールと違い『泳ぐ』ことに重点を置いた施設ではありませんし、『遊ぶ』ための施設です。

いわば、同じプールでもジャンルが全く違うんです。

水着だってフィットネス用や競泳用のものを着てレジャープールに入る人は居ませんよね?ビキニやタンキニ、サロペット、パレオを巻く人、全身お洒落に気を使って遊びに行く人がほとんどです。

なのに、顔だけスッピンだとやっぱり浮いちゃいますからね。

 

引き合いに出しますが、長嶋スパーランドの『ジャンボ海水プール』ではメイクについて禁止する要項はありません。

 

でも、上手くメイクしないと失敗します

プールや海で化粧はどうする?マナー違反?日焼け止めはアリ?

泳ぎに行くならウォータープルーフ使っていけば安心だよね♪

と思っても、ウォータープルーフは雨や汗に対して強いのであって、プールではっちゃけたり水を掛け合ったりすれば簡単に落ちちゃいます。

『落ちちゃう』なら良いですが『ドロドロになっちゃう』方が多いです。

マスカラだってグロス(そこまでメイクする?)だって、ドロドロに伸びてなって大変なことになってしまいます。

 

なんか、お化けみたい…

 

と男子たちに思われてしまっても面白くありません。

私も男女の仲良しグループでとしまえんに遊びに行ったことがありますが、女の子の一人のバッチリメイクが崩れて大変なことになっていたことがあります…

すぐに鏡を見たり、メイク直しをする機会もありませんから、本人だけが気付かず気まずい雰囲気…でした。周りも気を使いますよね。

 

目指すはナチュラル系メイク

そもそも『プールに厚化粧』という時点でアンバランスです。

ただでさえ露出の多い恰好ですから、顔ばかり派手だと今度は顔が浮いてしまいます。なので目指すは薄い下地でナチュラル系の化粧がおすすめですよ。

すっごく可愛い海・プール向けの化粧動画があるので紹介します!

 

このナチュラルメイク、すっごく可愛いですね(^ ^)

でも、こんな可愛いメイクで来られると、男子としては水を掛けたくなっちゃいますね。

 

遊んでる時も顔はガード!!

あとは、絶対に顔はガードしましょう。

遊んでいる時も、顔は絶対に濡らさないように!水を掛け合っている時もしっかりガードしましょうね(笑

そして、水が掛かっても不用意にこすらないにしましょう(汗

 

日焼け止めはしっかり!

あと、室内なら心配ありませんが、屋外プールなら日焼け止めはしっかりしましょう

紫外線は年々強くなっていっていて肌に悪いですし、夏のレジャーで焼けたあとってなかなか取れませんからね…

 

スポンサードリンク

カラコンは…おすすめできません

カラコンに限らず、視力矯正用のコンタクトレンズもそうですが、水に濡れると位置がズレて目の裏に行ってしまったり、逆に目に張り付いて取れなくなってしまったり…

『可愛く見える』以前にプールでカラコンはとっても危険です。

プールや海向けのメイク紹介動画でカラコンをお勧めするものもありますが、私はあまりお勧めしません。

 

すっぴんでも可愛いと思うけど…?

ちょっと男性目線からアドバイスを。

本人がどんなにすっぴんに自信が無かったとしても、男子の観点からすると気になる女の子はすっぴんでも可愛いものです。

 

『あ、すっぴんで来てる…がっかり…』

 

なんて思うことは有り得えないですし、そう思うような男子であればこっちからお断りしましょう。

ただ、あまり化粧ばかりに気を使っていると、一緒に遊んでいる男子もガッカリかもしれません。

せっかくのレジャーシーズンです。まず第一に思いっきり楽しむことを考えましょう!

スポンサードリンク