夏の水着に間に合う?背中のニキビの原因と治し方は?

そろそろ夏!ちょっと露出の多い服を着ちゃったりして思いっきり楽しみたいですよね!

 

でも、そんな矢先に背中ニキビが出てきたんだけど…

 

夏に向けて、『背中にできるニキビ』って気になりますよね?

せっかくのお気に入りの水着や洋服も、背中のニキビが気になって着れなくなっちゃいますよね…何とか夏までに背中ニキビを治したいわけだけど、ニキビ跡が残らないか心配…

この記事では、絶対に夏まで治したい、女性の背中ニキビについてまとめました!

スポンサードリンク

なんとしても治したい背中ニキビ…

ニキビってほんと昔から女の子を悩ませてくれますよね…顔に出来たときも、背中に出来たときも…

でも、この夏までには絶対に治して、目いっぱい楽しみたいですよね。

背中ニキビと闘う前に、治すこととどんな素敵な恋が素晴らしいことが待ってるかイメージを抱いておきましょう!

(美容には大切なことですよ)

 

  • 背中の開いた服を着れる!
  • お気に入りの水着で海に行ける!
  • 自分に自信が付く!
  • 綺麗に見られる!
  • 素敵な人に声を掛けられる!
  • 素敵な恋が始まる!

 

ちょっと後半は妄想も混じってしまいましたが…

跡が残らないように背中ニキビと闘うときは、これくらいの素敵なことを思い浮かべながら頑張ると根気よく治せますよ♪

 

なぜ『背中ニキビ』ができるのか?

背中ニキビが出来てしまう理由っていろいろありますが、一番の原因としてよく挙げられるのは

 

シャンプーやリンスの流し残し

 

だと言われます。

でも、

 

う~ん…ちゃんと洗い流してるんだけどなぁ

 

と不思議で仕方ない方も多いはず。

女の子ならもともと髪の毛のケアには敏感ですから、今さら『流し残しが原因』て言われてもピンときませんよね。

何か他に理由があるんでしょうか?

まずは、背中ニキビの原因を洗い出して行きましょう。

治し方については、その後に紹介しますね♪

 

見落としがちなのが就寝環境

意外に就寝環境かも?

意外かもしれませんが、就寝環境が背中ニキビの原因になっていることもあります。

就寝環境と言えばなんだか難しそうですが、つまり

 

布団の雑菌

 

です(;^_^A

背中ニキビは、冬が明けてくる季節から徐々に増えてきますが、地域によってはちょうど室内の湿気が多く、布団に雑菌が繁殖しやすいシーズンです。

布団は定期的に干すことが大事ですが、雪の降る地域や梅雨時にはなかなか布団を干せませんよね?

しかし、このままでは布団は雑菌繁殖の温床に…

これでは、汚い雑巾に包まれて寝ているのと同じです。

そんな布団で寝ていれば、背中ニキビに悩まされるのも仕方が無いかも…?

また、布団と同じく肌着も清潔でなければ当然背中ニキビの原因になります。

 

ビタミン不足

フードプロセッサーとミキサーの違いは?代用はできる?お手入れはどうする?

実は背中のニキビも顔と同じで

ビタミン不足

によって引き起こされることがあります。

ビタミン不足になると皮脂分泌が過剰になって新陳代謝に支障を来すことが分かっています。

最近忙しくて外食中心になってしまっていたり、食生活が乱れていませんか?

スポンサードリンク

背中ニキビを治すにはどうしたら良いのか?

女性の背中ニキビの治し方!原因は?夏に間に合う?

背中の開いたウェディングドレスも素敵ですよね

最初に紹介した『シャンプーの流し残し』も含めれば

 

  • シャンプー、トリートメントが流せていない
  • 布団や衣服が清潔ではない
  • 食生活が乱れからくるビタミン不足

 

について対策してあげれば背中ニキビを治すことができます♪

ここからは具体的な治し方や注意点を紹介していきますね!

 

まずは洗髪剤をよく洗い流しましょう♪

シャンプーの順番を変えてみよう

『え~!だから、ちゃんと洗い流してるんだってば!!』

 

と思う方も、もう一度、もう一度注意して見直してみましょう。

背中ニキビが治らない場合、まずは

 

シャンプー・トリートメントをよく洗い流す

 

こと。

兎にも角にもこれです。

『せっかくのトリートメントが流れてしまわないの?』

と思ってしまうかもしれませんが

背中ニキビに影響がなくなるくらいしっかり洗い流しても

トリートメントの効果はなくなりません。

しっかりと、十分に洗い流しましょう。

 

そんなこと言われたって、『しっかりと』…ってどれくらい?

『しっかりと』…ってどれくらい?

具体的には

シャンプー時間の3倍

すすがないと流しきれないと言われています。

 

特にうなじ耳の上

 

流せているようで、指をやると泡が付いていることがあります。

綺麗に洗い流した後は

 

髪をまとめてアップしてタオルで包んでしまう

 

のも効果的です。

特に、髪の毛の長さが肩以上あるなら、シャワーのあとは絶対にタオルで髪をまとめてください。

髪をまとめた状態でパジャマを着て、ドライヤーをする。

 

絶対に濡れた髪を背中につけてはいけません!

 

洗い流さないトリートメントなどをつけている場合や、シャンプーが流しきれていない場合、髪の毛の雑菌でニキビができてしまいます。

顔のニキビも「髪の毛が顔にかからないように」と言いますよね?あれと同じです。

寝るときも、できれば髪をゆるく二つに結ぶなどして髪が肌に触れる機会を減らすとよいでしょう。

まずは、もう一度『流し残し』を疑ってみて!

髪の毛が長ければタオルで纏めてしまおう!

ドライヤする時は髪が直接背中に触れないように!

シャンプーの順番を変えてみよう

シャンプーの順番を変えてみよう

続いて見直してみてほしいのは、シャンプーの順番です。

シャンプーはどの順番でしていますか?

 

洗顔身体シャンプー

 

こんな順番でしていませんか?

これでは仮にシャンプーの流し残しがあった場合、ダイレクトに背中に悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで

 

洗顔⇒シャンプー⇒身体

 

の順番でお風呂に入れば、

万が一シャンプーやトリートメントの洗い残しが背中に付着していても安心ですよ。

 

痒くても掻いちゃダメ!保湿はしてる?

これは背中ニキビに限ったことではありませんが

 

痒くても掻いてはダメです。

 

痒みの原因は肌の乾燥にあるかもしれません。

『よく洗い流す』とは言いますが、体を洗う際にはゴシゴシとタオルでこすって肌を傷つけたりすれば本末転倒です。

シャンプーやボディーソープのすすぎ残しに気を付けて、入浴後すぐにスキンケアクリームの特に保湿の効果の高いものを使用しましょう。

 

背中専用のケアジェルなら一石二鳥!

ニキビ用・医薬品のローションを塗ろう♪

お風呂上りに清潔なタオルで背中の水分をよく拭きとり、

その後に

 

  • ニキビ専用ローション
  • 医薬品ローション
  • ローズウォーターやハーブ系などローション

 

を塗るのも効果的です。

いろいろありますが、特におススメなのは背中ニキビ専用のケアジェルです。

背中ニキビは治すことはもちろん、先ほど紹介した

お肌の保湿にも効果がある

ので、絶対に残したくない

ニキビ跡もしっかりとケア

してくれます。使用する際は

 

  1. 毎日背中をきれいにする
  2. 清潔な手で塗ること
  3. 塗った後は清潔な衣類を身につける

 

など、基本的なことはしっかりと守りましょう。


永久返金保証で安心です。

布団を清潔に!

洗い残しや保湿の原因を潰せたら最後は

 

お布団の雑菌

 

を疑ってみましょう。

できれば週に1度は最低でも布団を干したいものです。

干せない時は除菌効果の高い消臭スプレーなどをしっかり使用してください。

その上に更に敷パットを敷けば湿気対策は万全です。

 

ビタミン不足にはやっぱり野菜!

食生は一度乱れるとなかなか改善できません。

でも、こればっかりは自分に厳しく改善していくしかありません。

次のような症状が有る場合はビタミン不足を疑いましょう

  • 目の疲れ
  • 倦怠感(だるい)
  • 背中以外も肌が荒れている
  • 寝つきが悪い
  • よく不安になる
  • 口内炎がひどい

 

サプリメントでビタミンを補給するのも良いですが、やはり野菜から自然に摂りたいですよね。

当ブログでは野菜の栄養素についての記事も多くあるので参考にどうぞ♪

【野菜関連の記事】
ブロッコリーの栄養を損なわず美味しく食べる方法!茹でるとビタミンCが減るって本当?
万能!『ズッキーニ』の栄養素!『きゅうり』の違いはなに?
小松菜とほうれん草の違いは?気になる栄養素は?

 

復習!背中ニキビケアはこれできまり!

  • まずは洗髪剤をよく洗い流す!
  • すすぎはシャンプー時間の3倍!
  • シャンプーしてから身体を洗う!
  • 痒くても掻いてはダメ!
  • 背中ニキビ用のケアジェルがおススメ!
  • 布団や衣類は清潔に!
  • ビタミン不足はサプリや野菜から!
それでもダメなら…お医者さんに診てもらいましょう

どんな風に百日咳を鑑別するの?

それでも原因が良く分からない場合は、皮膚科などの専門医に診てもらいましょう。

ビタミンの注射、薬を飲む、という具体的な処方をしてもらえます。

当たり前なことになってしまいますが、やっぱりお医者さんは人間の身体のしくみをよくご存知です。

何回も通わなければならず、あまり手軽ではないですが、無難な方法ですね。

費用もかかりますので、通うようになってからは、自然と食べ物にも気をつけるようになると思いますよ。

スポンサードリンク