ゴールデンウイークが終わって、さあやるぞー…。

あれ?なぜかやる気が出ない、なんかいろいろ調子が悪い!

それって五月病かも知れません。

この記事では五月病とうつ、適応障害との関係をお伝えします。

また長引かせないための思考法もご紹介します。

スポンサードリンク

五月病とは?

五月病はうつ?適応障害?対策や治し方は?

まず前提として、五月病はずっと同じ職場で働いてた人が、長いゴールデンウイークでやる気をなくすことではありません。

「4月に新しい環境に移った人」が発症するものです。

環境の変化に伴う症状なので、反応性うつの一種として扱われることもあります。

やる気が出ない以外にも、多くのパターンがありますので後述します。

うつとは違うの?

程度にもよりますが、五月病で病院に行った場合には、抑うつ症状が出ていると診断されることが多いでしょう。

そして、場合によってはうつ病適応障害という診断名が付けられることもあります。つまり五月病は正式な病名ではなくて、抑うつ症状や無気力感などの症状をまとめた呼び名です。

その症状も個人差があり、テンションダウンタイプの人もいれば、逆に焦って空回ってしまう人もいます。

その症状に応じて

  • うつ
  • 適応障害
  • 社交性不安障害

など病名が付けられます。

どうして5月に多いのか?

五月病はうつ?適応障害?対策や治し方は?

そもそも、なぜ5月なんでしょうか?

もしかして、5月に正体不明の粒子か何かが降ってきて、人間をうつにしてしまうのでしょうか?

そんなわけありませんよね(汗

どうして5月に症状が収入するのか、紹介していきます。

現実が見えてくる時期

日本の場合は、就職や転勤などが4月頃に集中しています。

最初はがむしゃらに頑張っていたけど、1か月たった時点で

  • 職場の人間関係が見えてきて怖くなった
  • 自分に向いていないと思い始めた

という話を聞きます。

新しい職場に入る前は漠然としていた不安を現実のものとして意識し始めるのが1か月頃なんですね。

ビジネスの風潮にも原因がある

またビジネスマインドとして

嫌な上司嫌な上司

新入社員は最初の1か月で勝負が決まる!

お前たちの将来が今掛かっているんだぞ!

という考え方が浸透していることも、五月病が5月に多い原因であると考えられます。

1か月で成果を出せなかったことが、自責や自己否定感につながってしまうんですね。

そしてこういう「思い込み」は、うつの10大要因の1つでもあり、悪化のリスクがあります。

スポンサードリンク

五月病かな?と思われる特徴は(精神・肉体面)

周りにこんな人はいませんか?

  • いつもテンションが低い
  • 表情が暗い、死んでいる
  • 的外れな言動が増える
  • 常に落ち着かない

などといった状態が続く場合には要注意です。

仕事のミスが増えてくる、仕事の効率が著しく落ちる、など見過ごせない症状が出ることもあります。

五月病や抑うつ症状は、本人より先にまわりが気付くことも少なくありません。自分で上のような症状に気が付かなくても、指摘された場合は真剣に振り返ってみましょう。

肉体面でも症状が現れる?

精神面だけでなく、仕草や態度に現れる症状もあります。

  • 貧乏ゆすりが増える
  • 髪をかきむしる
  • 怒鳴る
  • 八つ当たりをする
  • 手が震える

など、ふだんと違う状態になりやすいです。

イライラ・無気力・焦り・不安が原因と考えられる行動が見られたら、五月病の可能性があります。

これらは周囲に対してマイナスの感情を与えかねないので、指摘されたらすぐに心の整理に取り組みましょう。

深刻化・長引かないための対策は?

プラスに考える

まずは、ポジティブな思考、内省からスタート

まずは自分の変化に気がつくこと、自分の気持ちと正直に向き合うことが大切です。

五月病は「環境要因と内的要因の両方」が原因です。

  • 転職したばかりだから…
  • 周りの人が教えてくれないから…

これも立派な環境要因ですが、同時に自分の受け取り方にも目を向けてみましょう。

それらの環境要因が「自分にどう影響している」のか?それを考えることを内省と言います。まずは内省してみましょう。

【関連】職場の嫌いな人との付き合い方!人間関係を改善するには?

【関連】不安で眠れないときの対処法!入眠障害?仕事のプレッシャー?

環境の変化にも働きかけよう!ただし「他人」は後回し

内省が済んだら、必ずアクションプランを立てること。

自分にマイナスの感情を与えている環境を変えていく努力も必要です。

とは言え「他人を変える」のは一番ハードルが高いので、そこに挑むのは無謀です。

デスクを彩りストレスを感じにくくする、美味しいランチの店を発見するなど、物的環境を好転させると、五月病も早く改善されますよ。

さらに人間関係を改善する努力を始めること。

これも「他人より自分」を変える方がハードルが低いと言われています。

どんなストレスだったとしても、理解者がいるだけで吹き飛ぶことがありますから、一番の五月病対策になります。

スポンサードリンク