赤ちゃんの虫よけにおすすめのアロマオイル・レシピは?

赤ちゃんは肌も弱く、虫に刺されると一晩中泣き続けることもしばしば。

それを未然に防ぐ虫よけ対策にアロマの忌避作用が効果を発揮します。

ここでは

  • 虫よけアロマを使うメリット、デメリット(注意点)
  • おすすめのレシピと使い方を記述します。
スポンサードリンク

虫よけにアロマを使うメリット

まずは、虫よけにアロマを使うメリットについて知っておきましょう。

デリケートな赤ちゃんには化学合成料で作られた市販品を使うのは気が引ける…そんな方も多いはずですからね!

 

天然成分であるが有効性が認められている

化学合成料で作られた虫よけスプレーには、毒性が強いものも含まれていますが、アロマであればそういった心配はいりません。

アロマの基本効果として忌避作用というものがあります。この忌避作用は、植物が自分を守るために虫が苦手とする匂いを発することで生まれる効果です。

天然成分ですが、効果の認められているものです。

 

使用が勧められないものは少ない

アロマは多少の注意が必要なものがありますが、使用すべきではないと言われる製品は今のところありません。

他の忌避剤の中には赤ちゃんに使えないものもあり、例えばディートはごくありふれた忌避剤ですが、乳児および幼児への影響が不確定であるため、使用は勧められていません。

 

他の目的と組み合わせて用いることができる

寝つきの悪い赤ちゃんに芳香浴が有効であったという事例があります。

アロマテラピーは手間もかからず、虫よけ効果+リラックス+寝つきの改善など、複数の効果を期待することができます。忙しい時に活用したい方法ですね。

 

虫よけにアロマを使うデメリット

赤ちゃんの虫よけにおすすめのアロマオイル・レシピは?

虫よけに有効なアロマがあることをご紹介しましたが、アロマによっては良くない結果を招くものもあります。

ここでは、アロマを使うことによるデメリットをご紹介します。

 

虫が好むアロマオイルがある

もともとアロマは植物から抽出された製品です。

特に花から抽出されたアロマは多く、蜜を吸うタイプの虫がアロマに誘引されてしまうことがあります(アロマの誘引作用)。

虫よけとしてアロマを選ぶ際には、忌避作用を持つアロマを用いるようにしましょう。

 

外に出る場合は光毒性に注意

虫よけアロマの代表であるレモングラスは、忌避力の高いアロマです。

しかしこのアロマが皮膚に付いた状態で紫外線を浴びると、皮膚毒性を持つと言う性質を持っています。

これが、アロマの注意点でしばしば見られる光毒性です。

肌を痛めてしまう危険性があるため、光毒性のないアロマを選びましょう。

 

赤ちゃんは未発達なので、塗布は避ける

赤ちゃんは血管までの距離が大人より短く、精油が体内に予想以上に吸収されることがあります。

そのためアロママッサージや忌避作用を持つアロマを直接塗るということはしてはいけません。

アロマのデメリットと言えばこれくらいでしょう。

スポンサードリンク

おすすめのレシピ

赤ちゃんの虫よけにおすすめのアロマオイル・レシピは?

忌避作用を求めてアロマを選択すると、草系の少しツンとした匂いが多いことに気が付くと思います。

特に、

  • レモングラス
  • シトロネラ
  • ゼラニウム
  • ハッカ

 

あたりの匂いは特に苦手とする方も多いです。

また、

  • ユーカリ
  • ティートゥリー

 

も忌避作用の強いアロマですが、やや重い匂いですから好みが分かれます。

これらの香りが苦手な方(赤ちゃん)は、バラ系の香りをお勧めします。

ローズマリーは優しく軽い香りでありながら、忌避作用を持つアロマとして広く用いられています。

ローズマリーを上記アロマに加えたり、単独で用いても良いでしょう。特にティートゥリーとの組み合わせでは、部屋中すみずみまで効果が行き渡るため、個人的に推奨します。

 

芳香浴にはディフューザーを

レシピではありませんが、赤ちゃんのためにアロマを使う場合には、精油の濃度が薄くなる芳香浴が良いと思います。

またキャンドルは危険なので、ディフューザーを使うようにして下さいね。

少し香るくらいでも虫は寄ってこなくなりますよ。

 

まとめ

赤ちゃんは大人と比べて体が弱いため、注意すべきことが多いのですが、芳香浴によるアロマテラピーは安全です

デメリットと言いますか、注意点もいくつか挙げてはいますが、殺虫剤や忌避剤の注意と比べたらなんてことはないですね。

忌避効果を高めるために同系アロマを組み合わせるのも良し、他の効果を期待して別系アロマを組み合わせるのも良しで、汎用性が高いのがアロマテラピーです。

手軽にできるので、早速試してみて下さいね。

スポンサードリンク