上司受けする70-80年代カラオケ曲

歓送迎会や飲み会の後には必ずカラオケに行く!

という職場も多いのではないでしょうか?

普段の友達同士のカラオケと違い、職場の上司も居るのであれば上司受けの良い曲も歌いたいですね。

この記事では、1970~1980年代の男性歌手の中から

上司受けの良いカラオケソングを紹介していきます!

スポンサードリンク

【THE TIMERS】デイドリームビリーバー

MUSCAさん 30代

THE TIMERSのデイドリームビリーバーは、忌野清志郎がカバーして、コンビニのセブンイレブンのCMで使われている『あの曲』です。

今では認知度も高いほうだと思います。

70~80年代を駆け抜けた上司の年代であれば忌野清志郎に興味はなくても知ってはいるのが大半なので、『懐かしい』や『聞いたことあるな』と話のタネにもなるでしょう。

歌もとても覚えやすく、簡単に口ずさめ、歌詞は悲しい面はありますが楽しい気持ちにさせてくれるメロディが受けが良いところではないでしょうか。

デビルマンのうた

RYUさん 20代

デビルマンのうたは、アニメを見ていた世代であれば懐かしい、という想いが多いでしょう。

我々若い世代はアニメすら見たことがないですが、結構歌は面白いというか、現代にない感じの歌詞とメロディーで盛り上がります。

個人的に気に入って個人的に歌っていただけ…でも、意外に役に立つ、そんな曲です。

【堺正章】街の灯り

たつさん 30代

街の灯りは堺正章がソロになった初期のヒットソングで、多分昭和40年代の曲です。

個人的にこの曲がとても好きなので、たまたま会社の人といったカラオケで歌ったところ、かなり年配の上司が、「こりゃあ、懐かしい曲だなぁ。」と大変よろこんでくれました。

やっぱり古めの曲は、年上の上司には、自分がバリバリに活躍していた頃に流行っていたため、当時のことが思い出されて懐かいようです。

本当に、かなりウケました。

【ゴダイゴ】銀河鉄道999

まりこさん 30代

EXILEや三代目がライブで歌う銀河鉄道999はもともとはゴダイゴのカバーです。

なので老若男女を問わずウケる曲です!

上司にとっては子供の時に見た松本 零士のアニメ『銀河鉄道999』を思い出すことでしょう。

世代を超えて愛される歌って素晴らしいですよね!

スポンサードリンク

【THE ALFEE】メリーアン

KENJIさん 30代

職場の2次会でカラオケに行った際、年配の方でも同世代でも知っている曲を歌おうと思い、悩んだ挙句出てきたのがTHE ALFEEのメリーアンでした。

画面にタイトルとアーティスト名が出てきた瞬間、上司が大声をあげたので驚きました。

そのまま歌っていたところ、いつの間にか上司が私と一緒にサビ部分を歌いだしました。

歌い終えると上司がTHE ALFEEの大ファンで、ファンになったきっかけの曲がメリーアンだったことを聞きました。

【クリスタルキング】愛を取り戻せ

ケンシロウさん 20代

【愛を取り戻せ』は古い曲ですが、若い人から高齢者まで知っている人が多いので、受けること間違いなしです。

それは、パチンコやパチスロを遊戯する人が多いからだと思います。

その他の要因として、上司の世代は、アニメの北斗の拳がリヤルタイムでやていましたので馴染みがあるからだと考えられます。

カラオケでは、お酒もかなり入った状態ですので乗りの良いこの曲は、もりあがります。

歌いだしの「you are shock!」のところは、皆が一緒に掛け声をやるので楽しめるのだと思います。

スポンサードリンク