『親が大変』だと思う小学生の習い事は?

子供が小学生になったら何か習い事をさせようとする親御さんも多いでしょう。

子供には好きな習い事をさせたい一方で、親の都合もあるというのが本音ではないでしょうか?

休日の付き添いや、金銭的な負担が多かったりと、ちょっと気になる習い事もあるようです。

この記事では、『親が大変な小学生の習い事』事情を紹介します。

スポンサードリンク

ピアノ

親が大変だと思う小学生の習い事は?

ピアノはなにも教室だけで習うものではありません。

レッスンの後には宿題が出て、家で練習する必要がるわけですが、親も知らんぷりはできません。

少しでも教えてあげようと、上達させようと思うのであれば、親も子ども以上に練習する必要があります。

子どもの吸収は早く教室で教えてもらう度にどんどん上達しますが、大人は譜面を見て練習するだけなのでだんだん分からない記号やうまく弾けない部分が出てきて子どもに教えられなくなってきます。

今までは教えられていたのにそれが出来なくなると、親は寂しい気持ちになりより一層努力します。

この繰り返しで凄く大変です。

また、金銭面もなかなか負担になります。

ピアノの発表会などでは、その日のためだけに、洋服を新調するなど金銭的にも大変です。

 

サッカー

親が大変だと思う小学生の習い事は?

周りにも子供にサッカーを習わせている親が多いのではないでしょうか?

ですが、サッカーを子供に習わせる親は大変です。

なぜなら毎週練習日には送っていって、1日グランドで練習の様子を見たりお茶の用意をしたりする必要があります。

『子供の練習だし親は行かなくてもいいんじゃないの?』

と聞いたら、行かないと不熱心だと見られ、悪口を言われたり試合に出してもらえなかったりするとか。

遠征試合も少ないわけでなく、休日返上でチームのお世話をしなければいけない大変な世界です。

 

クラシックバレエ

親が大変だと思う小学生の習い事は?

バレエを子供に習わせる親は大変です。

毎回の送迎の際にも、親も服装や持ち物、身だしなみに気を遣いますし、保護者同士のお付き合いも気苦労が多いようです。

授業費用よりもお稽古着、発表会の服、靴、タイツなどバレエに必要なものは高価ですし、購入できる場所も限られるのでお店にいくのも住んでいる場所によっては大変になります。

精神面が非常に鍛えられる素敵な習い事ですが、子供に対する親のメンタルケアも大切になります。

発表会には多額の謝礼金がかかりますし、どのポジションを取るかで親同士水面下の火花が散ることも珍しくありません。

道具の用意やお化粧の準備などは親がやって当たり前でした。

スポンサードリンク

フィギアスケート

親が大変だと思う小学生の習い事は?

大変だと思う理由は2つあります。

1つは金銭面です。

レッスン代もかなり高いと思いますし、大会に出場する際の衣装代もかなりかかりそうです。

2つ目は練習への送迎です。

練習場のほとんどは一般客にも開放されているスケートリンクだと思うので、その開放時間以外で練習をするとなると早朝や夜遅くなると思います。

そうなると必然的に子供だけでは行けません。

練習場の送迎で、親御さんも時間の確保が大変だと思います。

時間とお金に余裕がないとフィギアスケートは習わせられないんじゃないかなと思いました。

 

野球

親が大変だと思う小学生の習い事は?

公式試合、練習試合とあり、そのたびに親が付き添っていかないとけません。

当然グランドまで車で送り迎えが必要です。

月に1、2度ならいいですが、毎週末のことなので、週末の休みが子供の野球で潰れます。

リーグ戦を勝ち進んでいくと遠方に泊まりがけでついて行かないといけませんし、チームの世話を親同士で分担し合って役目を果たさないといけません。

熱心な親ならともかく、野球にあまり興味のない親の場合は非常に苦痛で大変なことでしょう。

練習後毎回ユニホーム一式をを洗濯しないといけませんし、お金も結構かかります。

 

いかがでしたか?

本当ならば子供がやりたい習い事やスポーツをさせてあげたいですが、継続できなければ意味が有りませんよね?

子供が頑張るだけでなく、両親もサポートしてあげなければいけないわけなんですね。

始める前に、しっかりと話し合い、情報を集めて、お互いに継続できる習い事をさせてあげるのも大切ですよ。

スポンサードリンク