やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

やる気が出ない時ってありますよね?

やらなきゃいけないことが山積みなのに頭と身体が動かない…

そんな時はやっぱり身体や精神が疲れているのだと思いますが、そんな状態でがんばろうとしてもガス欠で走ろうとするようなものです。

この記事ではやる気が出ない時にやる気を出す方法を紹介します。

スポンサードリンク

まずは寝ちゃいましょう

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

やる気を出すためには、まずは全てを忘れて寝ることです。

『寝る間を惜しんでも頑張らなきゃ』という考え方もあるでしょうが、それでは結局一時的なパフォーマンスしか発揮できません。

やる気を出すためには、体と心のコンディションが整っている必要がありますからね。

それには、なにはともあれ、良質な睡眠が必要です。

『寝る間を惜しんで』たかが数時間起きていて頑張っても工程に大した影響はありません。

だから、徹夜なんて持っての他です。

良く寝て、すっきりした頭で物事に取り掛かると、『何をすべきか』、『どうすべきなのか』がはっきりと把握できます。

それがやる気を出すことにつながっていきますよ。

 

太陽の光を浴びよう

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

やる気を出すためには「太陽の光を浴びること」もおススメです。

一番効果があるのは朝日を頭の先からつま先まで浴びることです。

外に出て浴びるのも良いのですが、夏は暑く、冬は寒いので外に出たくないという方もいるかと思います。

必ずしも外に出なくても構いません。

部屋の中から太陽に向かい腕を軽く広げて伸ばし、深呼吸をする感じで目を閉じて、頭の先からつま先まで太陽の光が体に入って浸透していくイメージを持ちます。

すると、体の中から力がわいてきてやる気がみなぎってきます。

テストや受験、入社試験など試練に立ち向かう時、太陽からパワーをチャージすればやる気が湧いてきますよ。

 

ボディケアでリフレッシュ

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

自宅で勉強や仕事をしていると、やる気スイッチを押すのがなかなか難しかったりします。

やる気がないときは体も気持ちも窮屈になっていることが多いので、まずは体をリフレッシュしましょう。

まず、お風呂に入って全身を綺麗にして、女性であれば脱毛してピカピカな体にしましょう。

その後好きな香りのするボディクリームを塗って、柔らかい素材の寝間着を着て、部屋に癒される香りのエッセンスオイルを充満させ芳香浴をしましょう。

暖かいお茶を飲みながら気持ちも体もリラックスした状況に自分をおくと、一見ダラけてしまいそうに思われるかも知れませんがこれが意外と心に余裕を持たせる効果が働き、物事を進めることができます。

スポンサードリンク

ライバルを意識してみる

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

やる気がないときは、『やらなければいけないけれども、やりたいない』という自分の気持ちに負けてしまっていることが多いです。

どうしても自分では自分のことを甘やかしてしまちがちですので、自分ではない誰かへの負けず嫌いな気持ちを呼び起こすことが必要です。

この人には負けなくない、と思っている人を思い浮かべ、ここでやる気を出さなければあいつに負けてしまう、と思うことで力がわいてくるはずです。

自分が目指す分野に、実際にライバルがいるのなら、その人を意識すれば良いですし、もしいないのならば、ドラマやアニメなどでも良いので、架空のライバルを意識してみましょう。

 

単純なことから始めてみる

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

やる気を出す方法としておすすめなのが、簡単なことから始めるということです。

たとえばテスト勉強だったら、いきなり難しい数学の応用問題から始めるのではなく、漢字の書き取り練習のような単純で繰り返すような作業からはじめます。

はじめるにあたってのハードルも低いですし、「これくらいならいいかな……」と気持ち的にも楽に取り掛かれると思います。

そうして簡単で単純なことを繰り返しているうちにエンジンがかかってくるはずです。

その後にちょっと手のかかることに取り掛かれば、無理せずにやる気が出た状態ではじめることができます。

 

本当に自分にとって必要なことなのか?

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

『奥の手』のような方法をひとつ。

やる気を出すためには、それが本当に自分にとって必要な事なのか、どのくらい重要な事なのかをまずじっくり考えましょう。

自分にとって大切な事であることがきちんと理解できれば、やる気は自然に出てくるはずだと思います。

頭のどこかで、別にやらなくても大したことはないとか、自分にとってはさほど重要な事ではない、と思っているうちは無意識に手を抜いていることが多いと思います。

これをすることがどれほど自分にとって大事なのかが分かれば、どうやってそれをクリアしていくか、考えも具体的になってくると思います。

考えが具体化していけば、やる気はそれに伴って出てくると思います。

 

たまには自分を甘やかしましょう

やる気が出ない時にやる気を出す7つの方法

最後に紹介するやる気を出す方法は『自分を甘やかすこと』です。

自分を甘やかす方法は人それぞれですが、例を出すなら

 

  • やるべきことをサボってダラダラする。
  • 好きなものをお腹いっぱい食べる。
  • スタバで好きなトッピングをめいっぱい乗っける。
  • 欲しかったものを買う。
  • 無理して人に会わない。

 

色々あると思います。

要は「こんなことしてていいのかなぁ?こんなことしてる場合じゃないんだけど…」と感じることならOKです。

さて気がすむまで自分を甘やかすと、多少の罪悪感とともに欲求が満たされた満足感がわいてきます。

すると不思議なことに「さぁやるか!」とやる気スイッチが入るのです。

がんばるのは自分を甘やかして満たしてからにしてくださいね。

スポンサードリンク