花粉症の鼻づまり・鼻水はアロマオイルで対策!レシピは?

花粉症の人には鼻づまり鼻水がつらい季節がやってきます。

根本的な治療には時間がかかるし、そもそも病院に行っている時間なんてない!

そんな方でも簡単にできるのがアロマテラピーです。

この記事では

  • 花粉症の鼻づまり・鼻水のメカニズム
  • 鼻づまり・鼻水に効くレシピ
  • マスクでは使用を控えたいアロマオイル
  • 自分で好きなブレンドを試そう!

についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

どうして花粉症で鼻が詰まるの?

花粉症の鼻づまり・鼻水はアロマオイルで対策!レシピは?

「花粉症」は花粉によって出現する様々な症状を一括りにした症候群の名前です。

その原因はアレルゲンに対する免疫の過剰反応であり、それによって鼻水などの症状が出現します。

国内では60種類ほどが花粉症の原因となるアレルゲンと言われていますが、やはり代表格のスギ花粉による被害が大きいです。

少しだけ鼻づまりのメカニズムを知っておきましょう!

 

花粉が粘膜に接すると、体内で抗体が作られる

花粉が鼻や口の粘膜にくっつくと、マクロファージと呼ばれる白血球が花粉を退治しにやってきます。

花粉を片付けた後、「こんな敵がきてたよ!」と周りに知らせるのですが、それによって仲間がたくさん作られます。その結果作られるのが抗体です。

花粉症ではこの抗体のうちIgEというタイプが作られます。

 

花粉の次の侵入に備える肥満細胞。しかしやり過ぎることも

花粉症の人では、IgEが肥満細胞という細胞にくっついて次の花粉の侵入に備えています。

そして花粉が侵入すると、一気に排除しようと全力でヒスタミンなどを放出し、IgEが結合した肥満細胞が少ない内は、ちょうどよく花粉退治をしてくれます。

しかしたくさんのIgEと肥満細胞の結合体ができると、やりすぎてしまうため鼻水や鼻づまりと言った過敏な症状が現れてしまいます。

このため一度花粉症を発症すると、自然には治らなくなるのです。

IgEも肥満細胞も「体を守ろう!」と頑張り続けるんですね…

 

鼻水と鼻づまりは、ヒスタミンとロイコトリエンによる

こうして結合体ができあがると、ヒスタミンという物質とロイコトリエンという物質が放出されるようになります。

ヒスタミン

分泌中枢を刺激して鼻水の量を増やし

ロイコトリエン

粘膜に水分を供給して腫れさせて鼻の通路をふさぎます

同じ花粉症でも人によって症状が異なるのは、この物質の量や通路の広さなどが人によって違うからです。

スポンサードリンク

鼻づまり・鼻水に効くおすすめのレシピ

前置きが長くなってしまいましたが、おすすめのアロマレシピをご紹介します。

まず大前提として、「自分が好きな香り」を選ぶことは忘れないようにしてくださいね。これは続けやすくするためでもあり、心地よい香りの方が相乗効果を期待できるためです。

 

ディフューザーを使う場合

アロマディフューザー

アロマディフューザーを使用する場合には特に注意点がないため、どんなアロマでも使うことができます。

鼻づまりに効果的なのは

 

  • ユーカリ
  • ペパーミント
  • ラベンダー

 

です。

特に前の2つはとてもサッパリするので、

鼻づまりだけでなくボーっとする時にもオススメですよ。

精油を受け皿に数滴たらしてタンクに水を入れ、スイッチON!とするだけで、気軽に芳香浴が楽しめます。

 

マスクにたらす場合

花粉症対策用マスク

花粉症対策でマスクをする方は多いと思いますが、マスクに精油を付けるのも有効です。近くで嗅ぎ続けることになるため、店頭でいろいろ試してみて好きな香りを探しましょう。

マスクで使う場合にお勧めなのは、

 

  • ティートゥリー
  • フランキンセンス

 

などのおとなしめのアロマです。

特にフランキンセンス粘膜の炎症を抑える作用があるため、気管支に症状が出ている場合には非常に効果的です。

 

マスクでは使用を控えたい精油

一方でディフューザーでおすすめした

 

  • ユーカリ
  • ペパーミント

 

肌刺激性があるため、マスクにはお勧めできません。

また、

 

  • レモングラス
  • レモン

 

なども光毒性があるため、皮膚に付く可能性が高いマスクでは使用しない方が良いでしょう。

筆者としては、レモンは頭がスッキリするので花粉症にもオススメしたいところなのですが、芳香浴だけで使うのが無難です。

【花粉症関連記事

 

自分好みにブレンドしよう!

アロマショップに行くと、「リラックス」などと書かれたアロマに出くわすことがあると思います。これは様々な精油をブレンドしたものです。

気に入ったものがあればそれを使っても構わないのですが、物(人?)によっては具合が悪くなることがあります。

自分で好きな香りや鼻水・鼻づまりに効果のある精油を選んで、調合した方が安全ですし精油に対する理解も深まると思います。

ブレンドと言っても簡単で、「ラベンダー1滴+ユーカリ2滴」などと組み合わせて使うだけです。

いろいろ試してみて下さいね!

スポンサードリンク