花粉症対策には注射療法!効果と副作用は?費用はどれくらいかかる?

春が近づくと花粉症が気になりますよね。

花粉症対策としては抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が有名ですが、その他に注射療法があることはご存知ですか?

花粉症に毎年苦しむ人にとっては死活問題。

その効果副作用費用ついて気になりますよね。

この記事では

  • 注射療法って?効果は?
  • どこで受診すれば良い?
  • 注射はいつ打てば良い?
  • 心配な副作用は?
  • 受診する上での注意点は?

についてまとめました。

スポンサードリンク

注射の概要、診療科はどこ?

辛い花粉症、マスクやメガネで対策するのが古くからの方法ですが、現在では注射をすることで花粉症対策をとることができます。

花粉症対策で用いられる注射には、ヒスタミン、ステロイド、アレルゲンの3種類があります。

どの注射でも耳鼻咽喉科で摂取することができますし、アレルギー科が近くにあるのであればそちらでも構いません。

 

ステロイド注射

アレルギー反応に対する対症療法になります。

非常に効果が高く即効性もありますが、副作用などに注意が必要です。

また効果は一時的なものです。

 

アレルゲン注射

減感作療法と呼ばれる根本治療を目指す注射療法です。

上記とは異なり、計画を立てて治療にあたる必要があります。

アレルゲンに対する耐性を作っていくため、効果が出始めるまでは時間がかかりますが

耐性ができればもう治療に通う必要はなくなります

 

ヒスタミン注射

アレルゲン注射はアレルゲンが特定できている場合に有効ですが

複数のアレルゲンを持つ患者さんの場合はこちらがオススメです。

免疫系全体に対して作用するため、花粉症以外の過敏反応に対しても効果的です。

 

いつ打てば良い?症状が出てからでも良い?

ステロイド注射はアレルギーに対する対症療法ですから、症状が出始めてからの方が効果は実感できるでしょう。

その他の2つは免疫系を強化していく療法ですから時間もかかりますし、始めるのであれば早い方が良いです。

 

ステロイド注射は症状が出始めてからもOK!

アレルゲン注射、ヒスタミン注射は早い方が良い!

 

一回打つとどれくらい効く?

ステロイド注射は大体1か月くらいは効果があり

シーズン中に1度注射するだけで良いこともあります。

注射するのはステロイド剤なので効き目はとても早く効果もあります。ただし対症療法なので次のシーズンには効果が切れてしまいますし、ステロイドによる全身性の副作用には注意が必要です。

あとのアレルゲン注射ヒスタミン注射は耐性ができるかどうかで分かれます。

うまくいけば生涯にわたって持続するようになります。

 

費用はどれくらい?

ステロイド注射800円~1000円程度です。

ヒスタミンアレルゲン注射による減感作療法は保険適用なので、数百円程度です。

ただし通院期間が長くなるほど費用はかかります。

スポンサードリンク

副作用はある?

注射療法の概要を説明してきましたが、心配なのが副作用ではないでしょうか?

受診する際には、以下の注意点を理解しておきましょう。

 

副作用の種類

注射療法による副作用としてはむくみなどの軽いものが見られることがありますが、中には薬剤アレルギーによる重篤な副作用もあるので注意が必要です。

薬剤によるアレルギーは危険なので、何らかの症状が見られたときには、すぐに病院に行くべきです。

副作用には個人差がありますが、症状としては以下のようなものが見られます。

 

  • 手足のむくみ
  • 肝機能障害
  • 免疫力の低下
  • ホルモンの異常

 

減感作療法では主治医とのコミュニケーションが大事

アレルゲン注射やヒスタミン注射による治療はアレルゲンの量を調整することができるため、副作用を起こしにくいと考えられます。

多くしていった時に具合が悪くなることもありますので、そこで我慢したり隠したりせずに相談できる関係づくりが大切です。

 

受診する上での注意点

花粉症対策には注射療法!効果と副作用は?費用はどれくらいかかる?

 

副作用に注意!

やはり副作用に対する理解が最も必要だと思います。

特にステロイド注射は全身に作用するため(もちろん効果もですが)、慎重であるに越したことはありません。

また根本治療を目指すアレルゲン注射でも、ある程度の濃度で症状が出ることがありますので、やはり注意が必要です。

 

他の方への配慮もしっかりしましょう

もちろん治療のために受診するのですが、その途中で花粉まみれになってしまっては効果が減少してしまいます。

また同じ悩みを持った患者さんが待合室にはいるはずなので、受診の際には必ずマスクをするようにし、クリニックに入る前には花粉を落とすなどの配慮は忘れないようにしましょう。

 

まとめ

対症療法と根本治療の両側面を持っているのが、注射による花粉症対策です。

あまりにも症状がひどい場合はステロイド注射、今後も花粉症に悩まされたくないのであれば抗アレルゲン療法や抗ヒスタミン療法を選択しましょう。

減感作療法では個人差が大きく、なかなか免疫がつかない方もいます。

中には3年目でやっと実感できたという人もいますので、マスクなどの対策はその間もしっかり続けましょうね。

スポンサードリンク