花粉症の舌下治療!費用は?本当に効き目があるの?

花粉症はつらい…でも治療のために注射を打ちに行くのは絶対にいやだ!

そんな方におすすめなのが花粉症の舌下治療です。

注射が嫌いな子どもはもちろん、忙しくて通院ができない方にも注目の治療法です。

この記事では

  • 舌下治療ってどんな治療法?
  • 費用、治療にかかる期間はどれくらい?
  • 受信する前に知っておきたい事

についてまとめました!

スポンサードリンク

舌下治療ってどんな治療法?

花粉症の舌下治療は舌下免疫療法とも呼ばれています。

舌を持ち上げて、その下にアレルゲンを含む薬を滴下するだけの簡単な治療法です。

自宅で、自分で続けることができるのが最大の魅力です。

 

舌下治療を受けられる診療科は?

花粉症の舌下治療を受けるのであれば、アレルギー科が最適です。

もし、アレルギー科が無いのであれば耳鼻咽喉科、あるいは耳鼻科などでも免疫療法を取り扱っている所はあります。

お近くのお医者さんに電話をするか、インターネットで調べたり事前に選べる方法を電話で確認しておくと良いでしょう。

 

舌下治療はアレルギー科、耳鼻咽喉科、耳鼻科で!

 

効き目はどれくらい?一度でいい?

花粉症の舌下治療!費用は?期間は?本当に効き目があるの?

花粉症ってシーズンを通して辛いですから、舌下治療がどれくらいの期間に渡って効果があるのか気になりますよね?

忙しいですし、受診する頻度も気になります。

順番に見ていきましょう!

 

花粉飛散の3か月以上前には受診しましょう

2~3月になると花粉症の原因となる花粉が始まってしまいます。

舌下治療を受ける場合にはこれでは遅いので、少なくとも11~12月中には開始するのが望ましいです。

その時期を過ぎてしまった場合には、注射療法なども考慮した方が良いでしょう。

 

一度治ってしまえばずっと効果が続く

減感作療法の一種なので、効果が出始めればその後はアレルギーに悩まされることは減ると考えられます。

ただし3割程度の人にしか治療効果が現れないと言われていますので、過度な期待は禁物です。

 

免疫療法は治療に時間がかかる

一度だけでは効果が見込めず、ある程度の期間にわたって治療を継続する必要があります。

注射による減感作療法よりは楽に行えるので、それほど苦痛ではないでしょう。

 

舌下治療は花粉シーズンの3か月前から!

一度治ってしまえば効果が続く!

 

費用、治療にかかる期間はどれくらい?

花粉症の舌下治療!費用は?期間は?本当に効き目があるの?

舌下治療は2005年からは保険の適用ができるようになりました。

ただ、比較的新しい治療法なので、少々割高のようです。

 

便利だが注射療法よりは割高

費用は最初に5000円程度、その後は月あたり3000円程度で、注射療法と比べると高額となります。

最初の検査でアレルゲンを特定する必要があること、処方される薬がやや高額であることがその原因となっています。

 

治療期間はかなり長い

治療期間は2年ほどと言われています。

治療にかかる期間は人それぞれなので、治療費もそれに合わせて変動します。

 

副作用は無いの?

アレルゲンを直接体内に摂取するため、アレルギー症状が出ることがあります。

一度投与するアレルゲンの量が安定してしまえば副作用の出現頻度は少なくなりますが、最初の増量期には慎重な観察が必要となります。

よく見られるものとしては、口の中がかゆくなる軽い喘息様症状が挙げられます。

重篤なアレルギー症状がでることもありますので、心配な症状が出た場合には主治医に相談しましょう。

最初に5000円、月あたり3000円程度の費用

治療期間は2年間ほど

アレルギー症状の副作用があることも

スポンサードリンク

受診する前に知っておきたい事

花粉症が辛い人にとっては夢のような治療法に思える舌下治療ですが、受診前に知っておきたいこともあります。

比較的新しい治療法であること、また副作用も考えられるのでお医者さんに相談しましょう。

 

効果が出るとは限らない!投薬時の注意も

まず治療効果があるのが全体の3割程度しかないということは念頭に置くべきです。

症状が楽になった人を含めればもっといますが、注射と比べるとまだまだこれからの分野と言えるでしょう。

また舌下に仕込んだ薬品が流れ出てしまっては意味がありません。

投与後最低2分間、できれば5分間はうがい、食事、くしゃみなどは避けるようにしましょう。

 

舌下治療は必ず効果があるわけではない!

 

免疫療法ができない方

妊娠中、気管支喘息の症状が強い方、同じ薬剤でアレルギー反応を起こしたことがある方、口腔内に強い傷などがある方、ステロイドなどを服用中の方は、免疫療法を行うことができません

症状が強く出てしまう危険性があることと、他の治療を妨げてしまう可能性があることなどが原因です。

 

まとめ

花粉症の免疫療法として、舌下治療が多くの病院で行われるようになってきました。

注射が苦手な方や時間が取れない方でも気軽に始めることができるので、アレルギー治療の第一歩としておすすめできる方法です。

やや高額な治療ではありますが、治ってしまえばもう花粉症に悩まされることもなく、治療に通う必要もないのでとても過ごしやすくなると思いますよ。

スポンサードリンク