職場の嫌いな人と付き合い方!人間関係を改善するには?

職場に1人や2人は付き合い方に悩む嫌いな人っていますよね。

『どうしてこんなことするの?性格直せないの!?』

と思うのも仕方が有りませんが、こちらがイライラしているだけで相手に変化を求めるのはほぼ不可能です。

人間関係を改善するためには、自分の心を正しく知り、相手に気持ちを伝えることが大切です。

気持ちの整理にも役立つので、人間関係で心が不安定になったり悩んでいる方は、この記事を参考に試してみて下さいね。

スポンサードリンク

『嫌いな人』といると身体はどうなる?

職場の人間関係がストレスの元に…

なんてことを良く聞きますが、

嫌いな人』と一緒にいることで、私たちの身体はどのような状態になっているのでしょうか?

とにかく心地の良い状態ではないことは確かですが…?

 

交感神経が活発になり闘争状態になる

嫌いな人といると少なからず緊張したりイライラしますよね。

イライラは自律神経のうち交感神経の働きが強くなりすぎているために生じます。

交感神経は「闘争と逃避」を担当する自律神経であるため、これが強くなると

 

  • 戦わなければ
  • 逃げださなきゃ

という本能が働いてしまいます。

身体症状として現れることもあり、

 

  • 筋肉が強張る
  • 目の前が真っ白になる
  • 声が震える
  • 脂汗をかく
  • 頭痛がする

といった症状は典型的なものです。

 

対抗するには副交感神経の働きが大切になる

この交感神経と対になるのが副交感神経で、こちらは「安心と安静」を担当しています。副交感神経が働いていると呼吸が落ち着きリラックスします。

イライラや緊張をしないためには、交感神経の働きを抑えることと副交感神経の働きを活発にすることが大切です。

スポンサードリンク

それじゃあ『心』はどうなっているの?

職場の嫌いな人と付き合い方!人間関係を改善するには?

心については一般的なことは言えません。

それは同じ行動でも人それぞれ受け止め方が異なるためです。

ここではご自身の心を把握する方法と、気持ちの伝え方をご紹介します。

 

まずは「感情モニタリング」

まずは自分自身の気持ちに向き合ってみましょう。

嫌いな人』というくらいですから、

 

  • イライラ
  • 苛立ち怒り
  • 軽蔑心

などが出てくると思います。

またなかなか意識しづらいですが、これらの感情の背景には

 

  • 悲しい
  • 不安
  • 失望

といった感情が隠れていることがあります。

 

ポイント!一次感情と二次感情

自分にとって最初に現れた大きなダメージを一次感情、その感情に続いて現れた感情を二次感情と呼びます。

例えば、職場にちょっと出来の悪い後輩が居たとして

あの子、何度教えても分かってくれなくてイライラする

と貴方が思ったとしましょう。

この場合、イライラの前に不安や自分への失望感が隠れていることがあります。

(どうして分かってくれないんだろう、教え方が悪いのかな…というような)

この場合は不安や失望感が一次、イライラが二次感情です。

次の内省に活かすため、できるだけ生じた感情を素直に言葉にしてみてください。

 

次に、自分の心と向き合ってみよう

誤解があるといけないので先にお伝えしますが、心理領域では内省は「反省」ではなく、自分の心と向き合う手段の1つです。

簡単に言ってしまえば、イライラや嫌悪感の根本原因である相手の行動を突き止めるという作業になります。

なので、

あの人の何もかも嫌い!

で終わらせると対策できないので、ここは頑張りましょう。

まず相手の「どんな行動」が「どんな風に」自分に影響し、「どんな感情」を引き起こしているのかを具体的に書き出してみましょう。

イライラに限らず全ての感情は、あなた自身の中だけに存在しているので、この流れはあなたにしか考えることはできません。

もちろん誰かと話しながらでも構いませんが、できるだけ自分の気持ちに素直になることが大切です。

 

嫌いな人に「提案」する内容を考えてみよう

ここまで来たら、後は相手に求める行動を具体的に考えるだけです。

その内容が決まったら、どういう行動が自分の気持ちにどういう影響を与えているのか、その行動をどのように変えて欲しいのかを上手に伝える言葉を探しましょう。

ちなみに、ここでさらに「再提案」まで考えることができれば、相手が変化する確率が高まると言われています。

この提案を相手に伝えるのも良いでしょう。

ただ伝えなくてもあなたは既に解決策をいくつか手に入れているので、八方ふさがりではなくなりました。

それだけでも大進歩です。解決策を見つけ出した自分自身を褒めてあげて下さいね!

 

『う~ん…話をするのも辛い』時は?

職場の嫌いな人と付き合い方!人間関係を改善するには?

実際に行動を起こすための手続きを知ることで、視野が広がり、気持ちが楽になることもあります。

心を落ち着けるための手段として知っておくと良いでしょう。

 

クレームや嫌がらせ対策におすすめの書籍紹介

神岡真司さんの「~の話術55の鉄則」シリーズは、言葉で切り返すテクニックとしてはとても有効だと思います。

中には「それ絶対無理でしょ!」とツッコミたくなるものもありますが、現実離れしているようで職場で意外と使える話法もありました。

心理学で対抗しきれないクレーマータイプには、こういった遮断テクニックや、法的な手段もあることを知っておくと気持ちが楽になるかと思います。

 

自治体や人事院でも相談を受けている

職場の問題に限らず、メンタルヘルス全般について、各自治体に心の相談室というものがあります。

無料で電話相談できますし、職場の人間関係や付き合い方で煮詰まっている場合には労働基準監督署とも連携していますから、最終兵器としてご活用ください。

国家公務員などであれば人事院にも相談することができます。

 

まとめ

嫌いな人といると体にも良くない影響があります。

自律神経の乱れからホルモン異常などをきたしてしまってはたまりません。

自分の心と体を知ることから始めましょう。そして自分に理解できない人間こそ、分析する価値があると筆者は考えています。

それは自分の幅を広げるという高尚な目的のためではなくて、自分自身の心を守るためです。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

と言いますが、これは心理の領域でも同じです。

イライラをぶつけるよりも自分の不安や悲しい気持ちをストレートに伝えた方が、相手に響くこともあります。

感情モニタリングと内省により己を知り、嫌いな人と上手に付き合っていきましょう!

スポンサードリンク