風邪をひいてもすぐに病院に行けないことってありますよね。

仕事が忙しい、病院が開いている時間に行けない、または仕事を休んでも病院にいく気力がない…などなど

そんな時、市販の風邪薬や、バファリンを飲んで、とりあえず凌ぐ方も多いのではないかと思います。

でも、これらの市販薬ってバファリン併用しても良いのでしょうか?

効能や併用による副作用が気になると思います。

この記事では

  • 風邪薬の役目って?
  • 市販薬と処方薬の違いは?
  • バファリンの効能は?
  • 風邪薬バファリン併用しても良いの?

についてまとめました!

スポンサードリンク

私は風邪にはバファリンを飲みます

風邪をひいても医者に行けない…そんなときは私も市販のお薬でなんとかしのぎます。

実は筆者は風邪を引いたらすぐにバファリンを飲むんです。

風邪薬ではなく、バファリンです。

風邪で辛いのは熱ですが、バファリンの説明書の「効能」を見ると「解熱」と書いてありますよね。

ですから熱が出たら雑炊食べてバファリンを飲んで一晩寝たら汗をかいて熱が下がっちゃうんです。

後は安静にして栄養をしっかりとってたら一日で治ってました。

ベストなのは医者さんに行くことですよ!

正直なこというと、私にとっては風邪薬よりバファリンのほうが効く?と思うことがあります。

でもこれは、私の体に合った方法なだけかもしれませんし、私は医者ではありません。

 

当然、一番ベストなのは

お医者さんに診ていただき薬を処方してもらうことなのは言うまでもありません。

 

あくまでも、

 

  • お医者さんに行くタイミングが無い
  • 行きたいけれどお医者さんが開いていない

 

こんな時の応急処置として読んでくださいね。

 

風邪薬の役目とは?

市販の風邪薬とバファリンは併用できる?違いや副作用はある?

さて、バファリン風邪薬併用していいのか?

その答えを知る前に、風邪薬についても良く知っておく必要があります。

風邪薬は風邪の菌そのものを退治するわけではないというのはご存じの方も多いのではないでしょうか。

風邪薬は市販のものも医師が処方するものも症状を緩和させる効能しかないのです。

つまり

 

  • 熱を下げる
  • 咳をやわらげる
  • のどの痛みを抑える

 

などなど、いわゆる「対処療法」です。

こうやって症状を抑えているうちに自然と治ってしまうのが風邪

事実、風邪は薬を飲まなくても休養と栄養をしっかりとっていれば一週間で自然と治ってしまうのです。

 

お子さんには風邪薬の方が良いかも・・・

大人なら風邪薬の代わりにバファリンを飲んで寝れば治るかもしれません。

しかし、

小さいお子さんにとっては風邪の症状はヘビーなもの。

頭痛食欲不振になって栄養がとれなかったり、熱がでて辛さのあまり眠れなかったりすると治りにくくなります。

親御さんもそんな姿を見るのは辛いでしょう。

ですからその意味では小さなお子さんには風邪薬を服用させたほうがいいのです。

 

市販薬と処方薬の違いは?

ちなみに、市販の薬と処方薬の違いを簡単に説明しますと

 

市販薬は?

市販薬は基本的にオールマイティ

風邪の諸症状を緩和する、いわゆる「総合感冒薬」です。

でも、患者によっては鼻水だけ、とか咳だけとか特定の症状しか出ないことがあります。そんなときは総合感冒薬だと不要な成分まで服用することになります。

最近は市販薬でも「あなた~の風邪に狙いを決めて♪」というCMもあるように、ピンポイントに対応する風邪薬も販売されています。

 

 

処方薬は?

処方薬と市販薬の違いは?

処方薬は医師が診察をもとに症状にあわせた薬を出してくれます。

「治りが早い」と言われるのはそのためです。

また、抗生物質は処方箋でしか出せませんが、風邪の場合にはあまり出されません。

市販薬も処方薬も正しい量を決められた時間に服用しましょう。

スポンサードリンク

バファリンの効能とは?

バファリンはパッケージで一目瞭然、「解熱鎮痛剤」です。

効能は

 

  • 鎮痛作用

頭痛・月経痛(生理痛)・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・咽喉痛・歯痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・ねんざ痛・骨折痛・外傷痛・耳痛の鎮痛

  • 解熱作用

悪寒・発熱時の解熱

 

と書いてあります。

バファリンの主成分はアスピリン(消炎鎮痛剤)です。

このアスピリンは胃を傷めるため、緩衝制酸剤としてダイアルミネートも配合されています。

基本的に頭痛、関節痛、腰痛など外科的な痛みに効くようです。

『頭痛にバファリ~ン♪』とCMでも歌われていますからね。

 

風邪にも効きます

でも、よ~く見ると、「咽喉痛」「頭痛」そして「発熱時の解熱」…とあります。これは風邪に伴う症状ですよね。

もしかして、風邪薬として使ってもいいのでは?

実は、バファリンの製造販売元、ライオンのウェブサイトにも「かぜ・発熱に」と明記してあるんです!

ということは風邪のときに使ってもいいということですよね。

でも、風邪の症状は発熱・のどの痛みだけではないので、それ以外の症状はバファリンでは対処できません。

他のお薬と併用できるのでしょうか?

 

併用しても良い?注意することはある?

結論からいうと、バファリンと他の薬の併用はオススメできません

市販薬・処方薬にはバファリンと同じ、あるいは似た成分が含まれています。

薬は、一日・一回に服用する量が定められているので、

バファリンと風邪薬を併用すると成分が重複し、必要以上の成分を体内に入れることになり、強い副作用がでる恐れがあります

 

葛根湯とは効果が真逆!

また、風邪といえば葛根湯を服用することもありますが、葛根湯は体を温めるお薬です。

なので、解熱剤であるバファリン併用しても効果は期待できませんし、副作用の心配があります。

 

止血剤との相性は最悪です

直接風邪には関係有りませんが、バファリンの主成分のアスピリンは血液をサラサラにする働きがあります。

なので、内服薬として止血剤を処方されている場合はバファリン併用してはいけません。

 

眠くなる成分は入っていないけど…?

バファリンには眠くなる成分は入っていない、ということで飲む方も多いですが、併用した他の薬に眠くなる成分が入っていては元も子もありません。

「バファリン飲んだから眠くならないし大丈夫♪」と成分の確認もせずに他の薬と併用すると眠気がきて、車の運転、機械の操作に支障をきたすことがあります。

最悪の場合事故にもなりかねません。

 

どうしても高熱が辛い場合は?

高熱が気になるなど、どうしてもバファリンを飲みたいときは、他の薬と同時ではなく、短くても6時間は空けて飲んでみてください

事実上、6時間を空けるとなると、食後に1日3回の飲み薬の場合、どれか一つを飲まないことになってしまいますね。

やはり、他の薬との併用は避けた方が良いということでしょう。

 

辛い風邪は早く治したい!

バファリン風邪薬併用していいのか?について紹介してきました。

バファリンは外科的な痛みだけでなく、風邪の症状にも効果があることがわかりました。

でも、独断での判断は危険です。

他の薬と併用したいときは成分をよく調べて重複しないか、相反する成分か、確認してさらに医師や薬剤師にも相談したほうがいいでしょう。

なるべくなら薬に頼らず、安静にして栄養をしっかりとって自然に治したいものですよね。
この冬、風邪に負けずにすごしてください!

【関連記事】

スポンサードリンク