寒くて辛い冬の朝に起きる方法

冬の朝って寒くて起きるのが辛いですよね。

身体が冷えて布団の中でも寒い、布団の外なんてもっと寒い、とても起きられるような状況ではないです。

どうしてこんなに起きれないんでしょうか?何か有効な対策はないものでしょうか?

この記事では寒い冬の朝でも快適に起きる方法について紹介していきます。

起きれない冬の朝に参考にしていただければ幸いです!

スポンサードリンク

起きる時に身体が冷え切っている

起きると身体が冷え切っている

冬の朝に起きられない第一の原因は、起きる時に身体が冷えて寒すぎることですよね?

布団の中ですら震えているのに、もっと寒い布団の外に出られるわけがありません。相当の覚悟を決めてからじゃないとベッドから出るのは無理です。

まずは、布団の中で身体が冷え切ってしまわない対策を実践してみましょう!

掛け布団よりもシーツに工夫を

寝る前に部屋を暖かくして、暖かい布団で寝ているのに朝になると身体の末端まで痛いくらいに冷えていることがあります。

人は寝ている間に大量の汗をかくことは有名な話ですが、冬の間も同じことです。その際に熱まで奪われていくので、その結果体温が下がってしまいます。

実は、睡眠時の保温効果に大きく影響するのは掛け布団ではなくシーツです。

ツルツル質感のシーツは冬に向かない

布団の中で体温で暖まった箇所から少しでも手足を動かすとヒンヤリ冷たく感じるということはありませんか?

特にツルツル質感のシーツでは寒暖の差が顕著です。

現在使用しているシーツを確認していただきたいのですが、掛け布団ばかりでなくシーツも冬用の物に変えておきましょう。

特に柔らかな起毛タイプのシーツにすれば暖かさかさもバツグンです。布団の中の暖かい空気を外に逃がしませんし、ヒンヤリ感もかなり緩和されますからね♪

掛け布団のかけすぎはNG

シーツで十分な保温ができたとはいえ、掛け布団の掛け過ぎには気を付けましょう。

あまり大量の掛け布団を掛けてしまうと荷重が身体への負担となり、睡眠によるリラックス効果が得られないばかりか、逆に過剰な発汗で冷やしてしまう原因にもなります。

なので、冬場は掛け布団で無理やり暖めるのではなく、敷布団で暖めて掛け布団で適度に保温・放熱した方が良いのです。

寒いな、と思ったらまずは敷布団を見直し、次に掛け布団を増やして調整するようにしましょう。

女性A

布団が寒いのかな?と思ったら

  • まずは敷布団を見直そう
  • シーツを冬用に!
  • 起毛素材のシーツを!
  • 掛け布団の掛け過ぎは過剰な発汗を招く!

寝る前の対策も重要!

寝る前に冷え対策を

特に冷え性の方は血液の循環が悪く、身体の末端の冷えが酷いことも原因のひとつです。そんな場合は、寝る前にしっかりと身体を温めておくことがポイントです。

布団に入った時から寒くて震えていては寝つきも悪いですし、安眠できなければ目覚めも悪くなってしまいます。

身体の中から温める、体の外から温める、自分に合ったいろいろな方法を試してみましょう。

ゆっくりとお風呂で

手っ取り早いのがお風呂で身体を温めることです。

ただし、ササッと手短に入浴をしてしまうと身体を温めるどころか、湯冷めによって逆効果になってしまうことも。

正しい入浴法を実践すれば、身体を温めるだけでなく美肌やダイエット効果も期待できるので是非実践したいです!

ポイントは、ぬるま湯(39~40℃)に最低10分だそうですよ!

身体が冷える前に布団の中へ!

せっかくお風呂で身体を温めたのに、布団に入る前に身体が冷めきってしまっては本末転倒です。

体感でも分かることかもしれませんが、お風呂に入った後に外出してしまったり、何時間も起きていてはダメです。

お肌のお手入れや歯磨きはテキパキと済ませて入浴後の身体を冷やさないようにしましょう。どうしても時間が掛かる場合は、ガウンなど暖かい上着を羽織るようにしましょう。

身体が暖まる食材を摂る!

定番ですが、生姜トウガラシ、ワサビに含まれる辛さ成分のカプサイシンを摂ると効果的です。

とはいえ、毎日鍋や煮込み料理を食べるわけではありませんから、手軽に食べることができるスープで摂るのがおすすめです。

また、最近話題の黒しょうがも冷え性に効果絶大ですよ。

【関連】黒しょうがダイエットの効果は?冷え性改善・滋養強壮効果がスゴイ!

部屋が寒すぎる!

当然ですが、起きた時に部屋が寒すぎると布団の外に出たくなくなるのは当然です。

布団を工夫して、入浴法も実践して、布団の中も身体もポカポカなのに外が寒いと出れらませんよね。

そうなると、あとは住環境で対策するしかありません!

暖房器具をセットしておく

起きる時間に合わせて暖房器具をタイマーしておくのは基本中の基本です。

布団の中がポカポカしていると、部屋の気温とのギャップがスゴいので布団の外に出られるわけがありません。少しでも寒暖差を和らげてあげればスムースに布団の外に出られるはずです。

ただし、ファンヒーターを使う場合は火事には注意しましょう。暖房器具の近くに可燃物は置かず、また例え布団を振り払っていても暖房器具に掛からないようにしましょう。

エアコンを使う場合はインフルエンザに注意!

エアコンを使用する場合は乾燥に気を付けたいです。

石油ファンヒーターであれば燃焼と同時に水蒸気を発しますが、エアコンはどんどん湿度を下げてしまいます。

冬の時期は湿度が下がり過ぎるとインフルエンザに感染するリスクが高まってしまうので、湿度は50%以上を保つようにしましょう。

対策としては保湿用のマスクをして寝るか、エアコンと同時にタイマー付きの加湿器をセットしておくと効果的です。

何分前にセットしておけばいい?

では暖房器具は起きる何分前にタイマーしておけば良いでしょうか?

これは、○○分前!

という決まった時間があるわけではなく、要するに部屋が暖まるための十分な時間をみてやればOKです。

暖房器具の大きさにもよりますが、だいたい30分前に起動させておけば起床時間までに部屋が暖まるでしょう。

早すぎる点火はNG!

人は目覚めの約1時間前には深い睡眠状態にあります。

それからゆったりと睡眠が浅くなり目覚めるわけですが、当然のことながら自然に目覚めるのがイチバンです。

ですので、暖房が暑すぎて起きるのは目覚めの良い物ではありません。早すぎる暖房器具の点火はやめておきましょう。

気になる光熱費は?

暖房器具に限らず、電化製品を使用するにあたって心配なのは光熱費ですよね。

結論から言えば、気にするほどではありません。

そもそも冬ですから起きたら暖房器具を付けるわけですし、30分時間が延びたところでたかが知れています。

暖房器具・加湿器のランニングコスト

  • 蒸気式加湿器 :7.2円/時間
  • 気化式加湿器 :0.7円/時間
  • エアコン    :10円/時間
  • 石油ファンヒータ:40円/時間

石油ファンヒーターのランニングコストだけちょっと目立ちますが、エアコンと加湿器を同時に運転しても20円/時間も行かないので導入の予知は十分にありそうですね!

カーテンや障子は入ってますか?

カーテンや障子戸はちゃんと入ってますか?

新しい住宅であれば断熱性もバッチリかもしれませんが、そうでない場合は断熱処置を万全にしましょう。

カーテンを2重にしたり、窓ガラスに断熱フィルムを貼るなどして外気温で部屋が冷え切ってしまうのを防ぎましょう。

結露対策にもなりますよ!

【関連】結露する原因と対策!窓ガラス・床・壁はどう防止すれば良い?

スポンサードリンク

う~ん、起きた後が辛いんだけど…

女性

やっとの思いで布団から出たのに、起きた後が辛くて…

なんだか身体が起きていないというか、脳が起きていないというか、とにかくだるい!

そんな起きた後の身体の辛さも冬に起きられない理由のひとつでもあります。

ところで、

皆さんは『日光を浴びると目が覚める』と聞いたことがありませんか?

これは、日光を浴びることによって体内時計がリセットされるからです。日光によって身体が夜モードから朝モード切り替わります。

例えば春から夏(5月~8月)の日の出時間は4時30分~5時と早いのに対し、冬(11月~2月)の日の出時間は6時~7時と1時間以上も遅いことがわかります。

春から夏は朝起きてカーテンを開ければ燦々と照る太陽を浴びることができますが、冬の間は起床時間には太陽がまだ高く昇っていないのでそうはいきません。

なので冬は起きてもなかなか頭が目覚めないんですね。

日光は『強い光』で代用できます。

【冬の朝】起きれない理由と対策!

実は、体内時計をリセットさえる効果は太陽光に限ったことではないのです。

ようするに【強い光】を目で認識してあげれば身体は目覚めるようになっているので、模擬的な太陽光を作り出す電化製品も実際にあります。(知っていましたか?)

【光目覚まし時計】とか【ウェイクラップライト】というジャンルで特に日当たりの悪い部屋では効果バツグンです。

アラーム型の目覚ましに比べてかなり値が張るのが難点ですが興味があれば覗いてみてはどうでしょう?

  • アラームだけれは起きれない人
  • 体内時計が狂っている人
  • 起きるのが辛い人
  • 変則・交代勤務が多い人
  • 音で家族を起こしたくない人
  • ストレス、うつ状態を感じる人

などなど、辛くて朝起きれない人にとっては光目覚ましはかなりおススメです。

【関連】光目覚まし時計intiを使ってみた!効果・評価レビュー

【関連】目覚しが聞こえないのは病気?

冬でもファイトです!

いかがでしたか?

寒い冬の朝、とても起きるのが辛いですが始業時間が遅くなるわけでもなく、早起きが必要な人にはとてもハードな時期です。

ただ、様々な対策をとれば多少は起きやすくなることは確かので、自力で起きることが困難な方は文明の利器に頼ってみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク