東京から日帰りで行けるスキー場は?ファミリー・初心者なら?

ウィンタースポーツの時期ですね!

スキースノボが大好きな人には待ちに待ったシーズンの到来。

特に東京のような首都圏からでも日帰りで行けるスキー場は、週末には多くの人で賑わっているようです。

この記事では、ガッツリ滑る派はもちろん、ファミリー向け初心者向け

  • 東京から日帰りで行けるスキー場
  • 詳しいアクセス方法
  • おおよその予算

をまとめて紹介していきます!

スポンサードリンク

ガッツリ滑るぜ!GALA湯沢

GALA湯沢はなんといっても、スキー場が駅直結なところ、都心から近いところが魅力的です。

東京駅から最寄りのガーラ湯沢駅までは新幹線を利用すれば90分程で到着してしまいます。ホームの階段を上るとチケットセンターになっていて、リフト券を買ったりパックツアーの引換券との引き換えができたりする窓口があります。

新幹線ガーラ湯沢駅を降りると、もうそこはゲレンデです!

スキー場は広くて、平日なら混雑も少なく、スキー場ならではの不便さを感じない点がいいです。ハーフパイプキッカーレールなど上級者から初心者までまんべんなく楽しめる内容になっています。有名なゲレンデなので、プロなども多く滑っていて、見ているだけでも楽しくなります。

また湯沢地区の他のゲレンデよりも標高が高いので、雪質が良いです。

そして、スキー・スノーボードを楽しんだ後は、日帰り温泉施設があるので、温泉で疲れを癒やすことができます。

 

アクセス方法は?

東京駅から上越新幹線 Maxたにがわたにがわ号に乗って、ガーラ湯沢駅で降ります。

都心から90分程度と好アクセス。

ガーラ湯沢駅直結となっています。

 

予算は?

新幹線とリフト券のセットの商品が販売されています。

日程や時期等によりますが、1万2000円~2万円程度のパックが販売されています。

 

GALA湯沢のまとめ!

  • 何と言っても駅直通
  • 都心から90分程度でアクセスできる!
  • 上級者から初心者まで楽しめる!
  • 雪質が良い
  • 日帰り温泉施設もあり!

 

ファミリー向け!ハンターマウンテン塩原

ハンターマウンテン塩原は都内近郊の中ではゲレンデが比較的大きく、ファミリーに向いています

ゴンドラと最長3kmに及ぶコースのお蔭で、何度も辛いリフト待ちをする必要がありません。

ポールバーンこぶ斜面スノーパークも充実しているので、慣れたお子さんでも、上級者のパパでも楽しむことができます。

スキー場内にレンタルサービスが完備されていますし、最寄り駅のJR那須塩原駅から無料のシャトルバスが出ているので便利です。

キッズパークベビーシッター更衣室ロッカーのサービスもあります。

また、車で行く場合は、帰りに『塩原あかつきの湯』という温泉地で日帰りで寛ぐこともできます。

 

アクセス方法

JR東京駅からJR那須塩原駅まで新幹線で60分(片道約5千円)、普通列車で3時間(片道約2.5千円)。

JR那須塩原駅西口から、日帰りの無料シャトルバスも出ています。

シャトルバスはWEBで予約ができます。

車なら東北道で2時間半で行けます。

 

予算は?

どのアクセス方法でも1~3万円で行けます。

【ゲレンデ料金】

リフト1日券は4,700円

ナイター券は1,600円

*ファミリーや19歳を対象とした割引もあり。

【レンタル料金】

スキー、スノボーセットで4500円

(ウエアが4000円)

駐車場平日無料

 

ハンターマウンテン塩原のまとめ!

  • ゲレンデが大きくファミリー向け
  • レンタル完備!
  • 最寄り駅JR那須塩原駅シャトルバス有り!
  • 最寄りIC西那須塩原
  • 車で行けば温泉地にも寄れる!
スポンサードリンク

ちょっと練習したいなら?富士見パノラマリゾート

 

富士見パノラマリゾートは友達とスキー・スノボー旅行に行く前に、ちょこっと練習するためには持って来いのスキー場です。

スキー場が駅から近く無料送迎バスが出ているのが魅力的。東京から日帰りすることも可能で、中央自動車道諏訪南ICから7分と高速道路利用との相性もバツグンです。

無料送迎バスの時間が合わなかった場合でも、数人で行くのであれば、タクシーを利用し料金を割勘にする手段もあります。

ファミリーゲレンデが上級者のコースとは離れているため、初心者も子どもも安心して楽しめます。ナイターも営業しているので、ゆっくり行って、午後からナイターまでを楽しむことも可能です。

*ただし、送迎バスの最終便は15:00

地元の人が気軽に行くスキー場なので、練習目的なら十分です。

 

アクセス方法

電車利用の場合はJR中央本線富士見駅まで約2時間30分

駅からは無料送迎バス(10分)があります。

車で行く場合は中央自動車道諏訪南ICまで約2時間15分

諏訪南ICから富士見パノラマリゾートまで約7分

 

予算は?

交通費は東京駅から富士見駅まで片道5200円程度

(富士見駅からは無料送迎バス)。

【ゲレンデ料金】

リフト1日券4,700円

ゴンドラ1日券1,350円

あとは食事代等を含めて電車利用で2万円ぐらいから。

クーポンあずさ回数券等を利用すると予算を下げることができます

 

富士パノラマリゾートのまとめ!

  • 最寄り駅、最寄りICから近い!
  • 最寄り駅JR中央本線富士見駅
  • 最寄りIC中央自動車道諏訪南IC
  • 練習にはピッタリ!
  • ファミリー、初心者にも優しい!
  • 地元の人も気軽に使うスキー場

新潟トップクラス!舞子スノーリゾート

舞子スノーリゾートコースの数が26あってゲレンデのレベルが初級と中級レベルが各々40%で残りが上級者コースになっています。

最長の滑走距離が約6000m新潟では最高クラスのスキー場です。

スキーやスノーボードを十分楽しんだ後には、日帰りスキーセンター 4Fのスパ舞子温泉で体の疲れを取りリラックスしゆっくり癒すことができますし、スキー/スノーボード +ブーツ+ストックが1日4,200円でレンタルできるので行きかえりの荷物が少なくなって電車での移動にはとても便利です。

 

アクセス方法

上越新幹線を利用して東京駅越後湯沢駅間が最短約70分

越後湯沢駅東口~舞子スノーリゾート日帰りスキーセンター間は無料シャトルバス約30分でアクセスできます。

 

予算は?

上越新幹線の東京駅~越後湯沢駅間の往復料金は12,980円

【ゲレンデ料金】

大人1日4,700円

【スキー・スノボレンタル】

セット1日4,200円

【スパ舞子温泉の入浴料金】

大人800円

 

舞子スノーリゾートのまとめ!

  • 26コースのうち40%が初級・中級コース
  • 新潟では最高クラスのスキー場
  • 日帰りでもスパが楽しめる
  • 電車移動が楽!

 

軽井沢プリンスホテルスキー場!

軽井沢プリンスホテルスキー場の魅力はとにかく軽井沢駅から徒歩10分、タクシーだとわずか1分で行けるアクセスの良さ

軽井沢はそれほど雪がたくさん降るエリアではないのですが、それでも初心者でスキーを楽しむには十分な環境です。

また、他のゲレンデに比べて有料のキッズパークが充実しており、スキーができない子供や大人でも、ソリ遊びやチューブに乗って楽しむことができます。

軽井沢駅前にはショッピングモールやアウトレットが立ち並んでいるので、スキー帰りにショッピングを楽しむこともできます。

 

アクセス方法

東京から軽井沢まで新幹線約80分

軽井沢駅から徒歩10分

 

予算は?

交通費は新幹線が往復で13,000円程度。

リフト1日券は大人4,500円、子供3,500円

 

軽井沢プリンススキー場のまとめ!

  • 軽井沢駅から近い
  • キッズパークが充実!
  • 初心者でも楽しめる!
  • スキー帰りにショッピングを楽しめる!

スキー専用!ナスパスキーガーデン

ナスパスキーガーデンはスキー専用のゲレンデでスノーボーダーがいないので、スキーヤー、特に初心者にとってはとても安心して滑れる環境です。

ゲレンデもそれほど混雑しておらず、リフトの乗降もスムーズ。スクールも初心者から上級者までコースが充実しており、丁寧に教えてくれます。

また有料ですが、キッズガーデンもあるのでスキーをできない子供も楽しめます。

スキーを楽しんだ後は日帰りでニューオータニの温泉を利用することができるので、朝から晩までじっくり遊べます。

 

アクセス方法

東京から越後湯沢駅まで新幹線約80分

越後湯沢駅から無料のシャトルバス約5分です。

 

予算は?

GALA湯沢と同じく新幹線とリフト代込みで12,000円程度のパックがお得です。

 

ナスパスキーガーデンのまとめ!

  • なんと言ってもスキー専用
  • それほど混雑していない
  • コースが充実
  • キッズガーデンでも遊べる!
  • ニューオータニの温泉に入れる!

いかがでしたか?

東京から日帰りで行けるスキー場をガッツリ派、ファミリー派、初心者向けに紹介してきました。

日帰りと言っても、それなりの時間と費用を掛けて遊びに行くのがウィンタースポーツだと思います。

しっかりと下調べをして、存分に楽しんでくださいね!

スポンサードリンク