家庭や職場の机の上、製造業の現場に至るまで「整理整頓しましょう」というフレーズは誰もが一度は聞いたことがあると思います。シンプルライフ断捨離に必要不可欠なであり、現場改善の場では整理整頓のイニシャルをとって2Sと言われることもあります。

しかし、実際は整理整頓が苦手な方は多いのではないかと思います。整理整頓したつもりでも実際は部屋や机の隅に物をまとめて置いただけ(笑)という場合もちらほら見受けられます。

苦手意識を持ちがちな整理整頓ですが言葉の持つ正しい意味を理解すれば自然と上達します

この記事では本来の正しい整理整頓を紹介します。シンプルライフ断捨離職場の改善にもきっと役に立つと思います!

スポンサードリンク

整理とは?要らない物を厳しく区別しよう

整理の真髄とは?必要なものと不要なものを厳しく区別すること!

それでは、「整理」の正しい意味は何でしょうか?
(その前に整理整頓の違いも曖昧な人がほとんどなのではないかなと思いますが・・・)

整理 をコトバンク等のネットで意味を調べてみると

「乱れているものを揃えて、整えること・・・」
「不要なものを取り除くこと・・・」

と出てきます。

間違いではありません。国語の期末テストでこの答えが書かれていれば十分にマルが貰えます。
しかし、身の回りの整理整頓を元に戻らないように、失敗しないようにするには若干意味が不足しています

整理の真髄とは

必要なものと不必要なものを峻別し、不必要なものを撤去する。

これに全て集約されています

聞きなれない「峻別」という言葉が出てきましたが、峻別厳しく区別するという意味です。

この峻別が整理の一番肝心要な部分です。

身の回りに溢れている物を正しく整理するには必要な物なのか要らない物なのか厳しく区別する必要があります。

峻別が上手くできないと整理整頓は上手くいかず、片付けてもすぐ元に戻ってしまう原因になります。

「いつか使うかもしれない」ものは「要らないもの」

峻別する上で最も邪魔になるのが「いつか使うかも・・・」と思ってしまうことです。

確かに「いつか使えるかもしれない」と思う物の中には1つくらいは「いつか使う」ものがあるかもしれません。しかし、大半の物は結局二度と使うことがないデッドスペースを生む邪魔な不要物で終わります。

また、奇跡的にもう一度使う機会があった物だとしても、使用頻度が年に1~2回だったり、すぐに手配できるものでわざわざ置き場所を作る程の価値のないものだったりします。

なので本気で整理したいのであれば「いつか使えるかもしれない」ものは思い切って撤去、捨ててしまうのが一番です。

貴重なスペースを最も圧迫するものは「いつか使えるかもしれない」不要物です。

思い切って峻別しましょう!

スポンサードリンク

整頓とは?安全、品質、効率を意識しよう

整頓の正しい意味とは?整理と整頓のちがい

思い切って必要なものと不要なものを峻別し、不要なものを撤去した後はいよいよ整頓していきます。

正しい整頓とは?

 

「必要な物を、必要な時に、安全に、傷めずに、直ぐに、取り出せるようにすること」です。

 

安全に(安全第一) 

傷めずに(品質第二)

直ぐに(効率第三)

 

この優先順位を守ることが大切です。

少し製造業の現場改善の意味合いが強い言い回しですがオフィスや部屋の整頓に置き換えると

 

①取り出そうとすると崩れたりしないか?落下して怪我しないか?

②無理に詰め込んだり重ねたりして取り出す時に物が痛まないか?

取り出しやすく戻しやすい位置にあるか?

 

と言った感じです。

効率よく取り出す・戻すことも大切ですが、それよりもまず安全品質を優先すべきと言う考え方です。そうすることで結果的に元に戻り難い、効率的で根本的な整頓をすることができます。

 

どうでしたか?

便利グッズや局所的な整理整頓術はいくらでも巷に溢れていますが、その本質を理解しないまま美味しいとこだけ掻い摘んで実行してもきっと上手くいかないでしょう。どうか整理整頓正しいやり方を理解して取り組んでみてください!

スポンサードリンク