上司や同僚に年賀状は出す?出さない?

まだ上司や同僚の年賀状で消耗してるの?

今年も早くも年の瀬が近づいてきましたね。

12月も後半になると年賀状を書くので大忙しっ!という方も多いのではないでしょうか?

しかしこの年賀状、年々書く人が年々減ってきているようです。

面倒だったり、インク代が高付いたり、個人情報の関係とか…特に職場の上司や同僚に出すか出さないかで悩む人も多いようです。

この記事では年賀状の最新事情とホンネを紹介します。

スポンサードリンク

職場の年賀状の最新事情

Q1.上司に年賀状を出していますか?

上司に年賀状を出していますか?

まず、上司に年賀状を出しているか?

ということですが、年賀状を書く人が減ってきているとはいえ、『上司に年賀状を出している』は67%(直属の上司まだ60%、部署の上司まで7%)とまだまだ多数を占めています。

注目すべきは、上司に対しても『出さない・来ても出さない』と言う層。完全に年賀状は出さないと割り切っている人が1割を超えてきています。

昔は、年賀状を出さないと『なんだ!変わった奴だ?』と言われたものですが、現在は例えば50人の部署であれば5人は年賀状を出していない計算になります。

Q2.上司の年賀状にコメントは書きますか?

上司の年賀状にコメントを書いていますか?

上司への年賀状に手書きのコメントを書いている人は約8割。

上司と言うだけあって、近況報告というよりも、新年の抱負や目標を書き込む人も多いようです。

ただ、年末の忙しいのに丁寧なコメントを書くことに負担を感じている人もちらほら…

印刷済みの年賀状を買ったままのコメントで十分としている人も2割弱居るようです。

Q3.同僚に年賀状を出していますか?

同僚に年賀状を出していますか?

上司への年賀状は数枚で済むかもしれませんが、同僚に出すとなると膨大な枚数になってしまう人も多いようです。

部署の全員に出すより、『仲の良い同僚だけに出す人』が約半数となりました。

また、上司だけでなく同僚にも『年賀状を出さない・来ても返さない』が13%、『出さないが来たら返す』が13%と年賀状に否定的な層が全体の1/4を占めています。

Q4.同僚の年賀状にコメントは書きますか?

同僚の年賀状にコメントを書いていますか?

同僚の年賀状は上司の物と違い気が抜ける(?)ようです。

手書きのコメントを何枚も書いていては大変なのか、『買ったまま・印刷したままを出す』が40%を超えました。

年賀状ソフトもありますし、手書きでなくても印刷でコメントを入れてしまうこともできます。

書きたい人は書く、省力したいひとは省く、そんなスタンスで良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

職場の年賀状事情のホンネ

【年賀状】上司や同僚に出す?出さない?コメントは書く?理由は?

上司、同僚への年賀状アンケートを取った方々に

年賀状に対するホンネ・事情を聞いてみました!

日本人として年賀状が届くのは嬉しいです

ケイコさん 女性)

年賀状は最近はメールで済ませてしまう人も多いと思います。私も学生の頃は友達同士ではメールで済ませていました。

年賀状を書くことは、面倒だとも思うのですが、年賀状ソフトを見るとかわいいものが多く、選ぶのが楽しくなってしまいます。

また、私は両親の分まで印刷したりするのでついでに自分の分も作りますが、かわいい年賀状ができると、自分でも幸せになります。やはり日本人として元旦に年賀状が届くのは嬉しいです。

そして人にされて嬉しいことはしたいと思うので、ひとこと必ず書き添えます。オリジナルな文章で相手が嬉しいと思ってもらえる言葉を書こうと思っています。

それは会社の中でも人間関係を円滑にできると思います。

実際上司からも家族の写真が入った年賀状をいただき、たくさん話すきっかけにもなりました。

どうして私の住所を知ってるの??

【年賀状】上司や同僚に出す?出さない?コメントは書く?理由は?

うのさん 女性)

入社して初めての年賀状は同じ部署の人だけ住所を聞き、書きました。

年が明け、自分宛に届いた年賀状を確認したところ、自分の住所を教えていない人から年賀状が届きました。

その人は、社員名簿を見て住所を調べたそうなのですが、普通、一般社員は社員名簿を見ることができません。

総務課の特権というかなんと言うか・・・個人情報と言えないかもしれないけれど、勝手に調べられていたのが何とも・・・。

すぐにその人に年賀状を出し、毎年書くようにしていますが、10年経った今でもやっぱり納得いきません・・・。

日頃の御礼も兼ねて…妻は大変ですが汗

HOKOさん 男性)

あまり大きな会社でないのと、妻も元同僚なので知り合いばかりです。

私は入社した当初から全社員に年賀状を出すようにしていたので、今でも近況報告も込めてみんなに出しています(大体50人くらい)。

返事がある人もない人もいますが、日ごろのお礼がてら一人づつに一言入れています。

今どきの若い人は年賀状を出さないというのも良く聞きますが、やはり寂しいと思います。

たしかに面倒なようで、デザイン決めや印刷を担当している妻は毎年増える知らない名前(新入社員)に誤字をしないよう気を付けることを負担に感じているようです。

毎年のように文句を言っていますが、反応するとやらされては困るので知らない顔をしています。いつまで協力してくれるか分かりませんが、妻には本当に感謝しています。

退職後、面倒くさい年賀状から解放されました

SHINGOさん 男性)

5年前に会社を定年退職しました。

最初の正月を迎えようとしていた11月に、私は兼ねてから止めようと思っていた年賀状の廃止の作業に取り掛かりました。

全く出さないで、知らんふりは誠に失礼になるので、事前に

私、兼ねてより儀礼を廃止しようと考えておったのですが、最初に今年の年賀状からそれを実行いたします。私からは年賀状が届きません。どうぞ、皆様におかれましても私には出さないようにお願いいたします

としたためてハガキを出しました。

年が明けた正月2日、郵便受けを見てみるといつもの年と違って、私宛の年賀状はほとんど来ていなかったのですが、それでも何通かは来たので、その方にはハガキにやはり事情を書いて返信しました。

この状態を何年か繰り返した現在は、業者さんからのものを除いて全く来なくなりました。郵便関係の方には申し訳けありませんが、年賀状を書かなくていいのは実に楽ですよ。

SNSで十分では…?

【年賀状】上司や同僚に出す?出さない?コメントは書く?理由は?

年賀状は一年の区切りとして、以前は職場の上司、同僚、学生時代の先輩や後輩、先生等色々な方面に送っていました。

しかしながら、携帯電話の普及やSNSでの交流を行っていくうちに、年賀状はお金もかかり、書いたり刷ったり手間暇のかかるものだけとなったと思います。

職場もお正月期間も仕事を行う部署の為、仕事先の間で年賀状のやり取りはなしにしようということになっています。

喪中の関係や、その年に応じて年賀状が来たり来なかったり関係が余計にややこしくなったりすると思います。

それに手書きでなく、印刷で済ますようなわざわざうわべだけの付き合いの人間に送ることに意義はないと思います。

年賀状がなくても、本当の友人や仕事先の人間はSNSで十分間に合っていると思います。

正直、惰性です…

年賀状は、正直面倒くさいです。

最近ではメールやLINEで年始の挨拶をすれば充分かな、と思うところがあるので、基本的に年賀状は出しません。

ただ、毎年年賀状を送っていただいている上司や、数年前からやりとりが続いているような同僚、思いがけず送ってくれた人への返信は出すようにしています。

毎年やりとりが続いてる状態だと、、突然私からやめるのは失礼になると思うし、やりとりを終えるとしたら、相手の都合に合わせる方が気持ちが楽なので、私からやめることは無いと思います。

しかし、毎年どんな絵柄にしようか考えたり、印刷されたものだと素っ気が無いから、一言を添えるべきだろうけど、どんな一言がいいのか、と考えるのが少ししんどくなる時があります。

印刷費がなかなか…

【年賀状】上司や同僚に出す?出さない?コメントは書く?理由は?

上司については特に年賀状を出す必要性を感じないので出していません。

お互い手間がかかって面倒なだけですし、自分で印刷するとなると家庭用プリンタのインク代が無駄に高いですし、外注すると手間はかからない分けっこうな料金を取られます。

職場では年賀状を送ってきた方と仲のいい友人のみに出しています。

学生時代の友人や昔の職場の友人とも年賀状を毎年送っている人も何人かいますが、そういった相手とは年に一回ですが「結婚しました」、「子供が産まれました」などお互いの近況報告ができる点はいいところでもあると思います。

住所を聞き出すのが大変!

年賀状で一番、頭を悩ませるのが住所を聞き出すことです。

直近まで勤めていた会社では業務外メールを気軽に出せる風土だったため、表題に【業務外】という文言をつけて、「年賀状をお出ししたいのですが」と申し出るようにしていました。

一方的に個人情報を取得するわけにはいかないので、住所を教えてもらうからには自宅の住所もお伝えすることになります。

結果的に相手に対して年賀状を催促する形になるのが心苦しいところでした。

一応メールには、「私の趣味ですることなので、無理に出そうとしないでください」とは書き添えますが、やはり相手としては出さなければという気持ちになるようです。

明らかに私にしか出していないだろうと思われる手間のかかったハガキを受け取ると、年末の忙しい時期に用事を増やしてしまったようで何だか申し訳ない気分になります。

【関連PR】面倒くさい年賀状よりお節でしょ!

年賀状…そんなことより!お節ですよ!


お正月は年賀状の心配もせずに、美味しいお節を食べて寝正月が最高です。

ネットのお節は早く予約するほど安くお得に取り寄せられますよ。

そう言う筆者は…?

いかがでしたか?

職場の年賀状出す?出さない?と題して様々なケースを紹介してきました。

そういう私は…職場関係には一切出さない派です!

理由としては

  • 手間が掛かる
  • 印刷代が掛かる
  • SNS、メールの方が手っ取り早い
  • 毎日顔を合わせている

の4つ。

まぁ、年末年始はグータラしていたいだけと言うのは内緒です。

スポンサードリンク