簡単なくじの作り方

みなさんは『くじ』を引いたことはありますか?

例えば王様ゲームの罰ゲームや、何かの担当を決める時に、素早く、公平に、運任せに(?)誰かを指名できる『くじ』はとっても便利です。

でも、『くじ』の作り方が分からなかったり、作るのに時間が掛かってしまうとせっかく盛り上がった場が白けてしまうことも。

この記事では、手作りで簡単、楽しく盛り上がる『くじ』の作り方を紹介します。

スポンサードリンク

割り箸くじ

簡単な『くじ』の作り方!

即席で作ることができる『くじ』と言えば割り箸くじです。

なんと言っても割り箸マジックさえあれば、すぐに簡単に作ることが出来るのが強みです。

そして割り箸くじ罰ゲームと言うイメージを抱く人も多いように、合コンパーティを盛り上げるゲームには必要不可欠な物と言っても過言ではありません。

王様ゲームなど素早く決める必要があるゲームに向いていますし、割り箸なら大抵の飲食店に置いてあるものなので咄嗟に作るとこもできます。

微妙な男性

欠点・イマイチなところは?

割り箸くじのイマイチなところは

何度も繰り返すとの特徴や形を覚えてしまう

ところでしょう。

見破られないコツとしては、割り箸二本に割らずにそのまま使うことです。割り箸って、綺麗に割れてくれませんよね?

綺麗に割れたとしても、ちょっとした傷などの特徴から当たりを覚えられてしまうからです。

割り箸くじの作り方

作り方は超簡単

  1. 人数を確認し、人数分の割り箸を用意する。
  2. 割り箸の太い側にマジックで『当たり(王様)』を書き込む
  3. 王様ゲームであれば『番号(連番)』を書き込む

以上です。

ちょっと手の込んだものにする時は、当たりマークを王冠にするとか多色のサインペンを用意するとか。

くじを隠す(入れる)用のを用意すると良いでしょう。

あみだくじ

簡単な『くじ』の作り方!

学生のとき、委員会や部活動の役職や担当を決める時にあみだくじを作ったことはありませんか?

縦線に対して自ら引いた横線が思いも寄らぬ運命のイタズラを引き起こすのでスリル満点のくじです。

特に子供たち相手であれば大盛り上がりになること間違いなしです。

あみだくじは、プレイヤー全員が線を引くので、イカサマになりにくいのがメリット。

微妙な男性

欠点・イマイチなところは?

1度のあみだくじで紙を1枚使ってしまうので、王様ゲームのように何度も担当を決めるような場合には向いていません。

また、大人数でやるものではなく、10人程度が限度でしょう。

1度担当を決めたら暫くはその担当のまま遊ぶようなケースに向いています。

あみだくじの作り方

①紙に人数分の名前を書く

あみだくじの作り方①

②役職や当たりを書く

あみだくじの作り方②

*これはあみだくじに関係の無い第三者がおこなってください。

当事者がやるとバレちゃいます(笑)

 

③役職を隠す(折り曲げて隠すとか)

あみだくじの作り方④

 

④名前と役職を線で結ぶ

あみだくじの作り方 ③

 

⑤1人1本ずつ横線を引く

あみだくじの作り方⑤

 

1本ずつでも良いですが

2本ずつでもOKですし、ワープを作っても楽しいです。

あみだくじの作り方⑦

 

⑥運命の結果発表!!

あみだくじの作り方⑧

線やワープを書き終わったら、いよいよ結果発表です。

あみだくじは、曲がり角では必ず曲がらなくてはいけません。

今回のあみだくじでは姫役で女装するのはゆうた君になりましたね笑

スポンサードリンク

ノートで作るスピードくじ(簡易三角くじ)

簡単な『くじ』の作り方!手作りで楽しい・盛り上がるのは?アプリも便利?

コンビニエンスストアで一定金額以上を買うとスピードくじ三角くじ)を引く機会ってありませんか?

三角くじを自作することもできますが、エクセルを使ったり、のりで張り付けたりと何かと面倒です。

しかし、ちょっと工夫をすれば(と言うか、単純化すれば)ノート1枚でもスピードくじを作ることができます。

スピードくじの肝心なところは外から番号や当たりが見えないことただそれだけです。

スピードくじ(簡易三角くじ)の作り方

①ノートを用意する

スピードくじ(簡易三角くじ)の作り方①

真っ白な紙やノートならOKです。

別に、チラシの裏でも構いません。

②何等分するか決める

スピードくじ(簡易三角くじ)の作り方②

正確に大きさを測るのは面倒なので

単純に蛇腹折するだけでOKです。

数が足りないようなら、2枚、3枚と使えば良いだけです。

③切り分ける

スピードくじ(簡易三角くじ)の作り方③

この時に注意することは次の2点

  • 全部同じ折り方をすること
  • 中身が見えない様に折ること

④適当な器に入れればできあがり

スピードくじ(簡易三角くじ)の作り方④

出来上がったくじが全て入るような器に居れれば完成です。

くじの中身が見えなければ、くじそのものが見えても問題ありません

ここまでの制作に掛かった時間はたった5分

これなら誰にでも作れますよね。

紐くじ

くじの作り方

プレゼント括り付けられているだろう紐数本の中から選び、参加者全員で引っ張り、当たった人が景品などを貰えるというくじ。

割り箸くじの紐版とも言えます。

結婚式の演出で使われるブーケプルズがイメージしやすいです。

少数人で何かを争奪する、または分け与える場合などに便利です。

同じ長さの紐が有ればすぐにでも作れるくじですが、当たり紐の先端にプレゼントや景品を括りつけておくなど、ちょっと手を加えれば結婚式や披露宴、祝賀会、二次会など、特別なパーティの場にぴったりの演出にも流用可能です。

微妙な男性

欠点やイマイチの点

学校であれば紙テープなどで代用することも可能ですがなかなか同じ長さの紐が何本もあるってことは稀でしょう。

何かゲームをすることが分かっているのなら前以て用意しておく必要があります。

紐くじ(景品を争奪する場合)の作り方

簡単な『くじ』の作り方!

紐くじで重要なのは次の2点

  • 紐が絡まないようにしておくこと
  • ハズレの紐は簡単に外れる(取れる)ようにしておくこと

です。

ハズレの紐はハズレ同士で束ねておくと、絡みにくいし、幹事や主催者も混乱せずに済みます。

ハズレ紐が簡単に外れるようにするには、セロハンテープで固定したり、紙テープで括りつけたり、人の自然な力で引っ張ると剥がれる、千切れるものをチョイスすると良いでしょう。

一方の当たりの紐は千切れないようにしっかりと括りつけるのがポイントです。

ドキドキのくじで盛り上がりましょう

どうでしたか?

クリスマスハロウィン合コンなどのパーティでいきなり『ゲームをしよう!』というケースも多いはず。

そんな時に簡単に、早くくじを作ることができれば場も白けずにスムースに盛り上がることができますよね!

今回の記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク