ミキサーとジューサーの違いは?代用はできる?話題のコールドプレスジューサーって?

みなさん『ご家庭でフレッシュジュースを作る』

というフレーズを聞いたときすぐに思い浮かぶのはミキサーの方ではないですか?

しかし、よく考えたらジュースを作るのだからジューサーを使うべきではありませんか?知っていそうで知らない、ジューサーとミキサー違いを考えたことありますか?

これからどちらかを買おうかなぁと思っている方は是非参考になればと思います。

また、今話題のコールドプレスジューサーについても紹介します。

この記事では

  • ジューサーとミキサーの歴史
  • ジューサーとミキサーの違い
  • どちらかで代用できる?
  • コールドプレスジューサーって何?

についてまとめてみました!

スポンサードリンク

ジューサーとミキサーの歴史

ミキサーとジューサーの違いは?買うならどっち?代用はできる?コールドプレスジューサーって?

もともと、ジューサー・ミキサーは1930年代にアメリカで開発されていたもので、日本では1940年代後半~1950年代前半に発売されました。

最初に発売されたのはミキサーで、価格が15,000円。

当時の国家公務員の初任給が8,700円ですから、かなり高価ですよね。

昭和30年にはジューサーが発売されています。

 

ジューサーとミキサーの違いは?

筆者も、幼い頃は自宅に『ジューサーミキサー』がありました。

昭和40年代はジューサーミキサーとしてセットで販売されていたんです。

ですが、どの家庭もあまりジューサーは使っていなかったようです。

 

ジューサーが敬遠された理由

ジューサーがあまり使われなかった理由は、「ジューサーはお手入れが大変」というユーザーが多いです。

ジューサー素材をおろして果汁を取り出すものです。

そのおろしかすが本体内ののおろし金の部分にこびりつき、これを取り除く作業が非常に面倒でした。

なのでジューサーミキサーを買ってもジューサーだけはしまいこんでいる家庭が多かったのです。

 

ミキサーが重宝された理由

上に述べたように、ミキサーはジューサーよりもお手入れが楽

そもそもジュースを作るときに材料を入れてスイッチをいれるだけですから、ジューサーよりも使い勝手がいい。

ジューサーは仕舞いこんでいてもミキサーはキッチンにいつも置いていたものです。

【関連記事】

フードプロセッサーとミキサーの違いは?

 

「ジュースを作る」という本来の目的には?

ジュースを作るならジューサー

でも、「ジュース」を作りたいならやはりジューサーがふさわしいです。

ミキサーでは「果汁100%ジュース」は作れません。

ミキサーには果肉が混じりますし、果物などの固形物を粉砕させるだけではジュースは作りにくいですから、水や牛乳を入れることが多いですよね。

ですから、ミキサーでは「ミックスジュース」は作れますが「100%果汁ジュース」は作れないのです。

 

作ることができるジュースの違い!

  • 100%果汁ジュースを作るならジューサー
  • ミックスジュースで良いならミキサー
スポンサードリンク

ジューサーとミキサーどちらかで代用するとしたら?

ミキサーはポタージュも作れる

ジューサーはジュースを作るための家電です。他に汎用性はほとんどありません。

対するミキサーバーミックスミルサーフードプロセッサと進化してきましたがジューサーはこれといって目新しい新製品は出てこないですよね。

フードプロセッサが一般的になるまではミキサーで下ごしらえをしていた頃もありました。

ホットケーキのタネもできますし、はんぺん、卵、砂糖など材料を入れてスイッチを入れて攪拌すれば簡単においしい伊達巻だって作れるできるんです。

また、ポタージュもミキサーで作れます。

炒めた野菜とスープを入れて攪拌するだけでとろとろのスープになるんですよ。

ですから、もしどちらかで代用するとすればミキサーをオススメします!

 

ジューサーの汎用性は低い

どちらかで迷っているならミキサー

 

コールドプレスジューサーに注目!

 

単体ではなかなか人気のないジューサーですが、最近はコールドプレスジューサーが注目されています。

従来のジューサーの基本は「おろす」ですが、コールドプレスジューサーは「しぼる」です。

おろすときに摩擦熱が発生しないので、生の果物や野菜のもつ酵素がそのままの形で摂ることができます

最近は専門店が出店するなどの流行りコールドプレスジュースが自宅で作れると人気が出ている機種です。

酵素を破壊せずに採れるコールドプレスジューサー

 

上手に使い分けましょう

いかがてしたか?

ジューサー、ミキサーそれぞれ特長が異なりますがご自分で飲みたいジュースに合わせて使い分けてみてくださいね♪

スポンサードリンク