育てるのが簡単な観葉植物コンシンネ

観葉植物はただの部屋のアクセントではありません。

視覚的な効果以外にも

  • 人間の気分をリラックスさせる
  • 部屋の湿度を上げる

などと言った『一緒に住んで』いて嬉しい効果がいくつもあります。

でも育てるのって難しいんじゃないか?枯らしてしまいそうで怖い・・・・と思って観葉植物を敬遠している人も多いのではないでしょうか?

この記事では初心者でも比較的簡単に栽培することができる観葉植物

コンシンネ

を紹介します。

スポンサードリンク

シャープでスタイリッシュなコンシンネ

栽培が簡単な観葉植物コンシンネ

紹介するコンシンネは細長くシャープな葉と、その淵を彩る褐色なラインがスタイリッシュな常緑植物です。

売られている状態ではとても小さく数センチと可愛いですが、長年育てていると1mは優に越える大物にまで成長します。

コンシンネの魅力

  • 対陰性が強い(部屋の栽培に向いている)
  • 暑さに強い(もともと熱帯の植物)
  • 水やりは控えめで良い
  • ハイドロカルチャーで栽培できる

特に留守がちで、いつも部屋が暗い。夏場高温になる。水やりを忘れてしまいがちな人でもビクともせずに育ってくれるのがコンシンネですが・・・・

4つ目のハイドロカルチャーってなんでしょうか?

ハイドロカルチャーで栽培できることこそが、育てるのが簡単な観葉植物と言われる簡最大の理由ではないかと思います。

 

ハイドロカルチャーとは?

3994442238_eb5d73afd4

コンシンネハイドロカルチャーと呼ばれる栽培方法に適した植物と言われているため、育てるのが比較的簡単と言われています。

ハイドロカルチャーは土の代わりに粘土を焼き固めたハイドロボールを使用する方法で、で以下のような利点があるのです。

  • 土を使わないから衛生的
  • 水を毎日しなくてもいい(一週間に一度程度)
  • ハイドロボールが有害物質を吸着する

土を使わないことで虫が寄り付きにくくなり非常に衛生的です。また、飛散したり汚れたりと部屋の中に持ち込みたくない人も多いと思いますが、ハイドロカルチャーで育てることによってその問題は克服できます。

また、ハイドロボールは洗って再利用することも可能です。植え替えを行う際にも新たに買い替える必要が無いのでとても経済的です。

スポンサードリンク

どこで手に入れる?

ホームセンターでもコンシンネを購入することができます

コンシンネは比較的人気のある品種なので、専門店でなくともホームセンターで簡単に手に入れることができます。

もしも入れ物や見た目にこだわりたい!と言う場合は雑貨屋さんにも売っていることが多いので、そちらで手に入れると良いかもしれません。

最初からお洒落な入れ物に入っている場合もありますし、デコレーションできそうな小物を一緒にそろえるのも良い方法です。

育て始めるのに最適な季節はいつ?

植物によっては苦手な季節があったり、葉が緑でなかったりと季節を選ぶ植物もありますが、コンシンネは季節を通して葉が緑の常緑植物です。

特に季節を選ばずに育て始めることができます。

ただし、

冬場の水のやりすぎには弱いので(というか冬場はほとんど水やり不要)、その点だけには注意してください。


 

いかがでしたか?

今まで観葉植物を敬遠してきたあなたも、これを機会にコンシンネのからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ちなみに、ずぼらな私でも1つのコンシンネを10年間以上楽しんでますよ笑

スポンサードリンク