家計応援!炊き込みご飯の安くて簡単な具材はこれ!

食欲の秋ですね~

秋に恋しくなる食べ物と言えば『炊き込みご飯』ではないですか?

松茸タケノコ地鶏海老を入れて…

出汁も効いてふっくら仕上がった炊き込みご飯って本当に美味しいですよね。

しかし!

一人暮らしだったり、ちょっとお財布事情が苦しかったり

美味しいからといって高級食材ばかり使っていられません

何か安くて、簡単で、しかも秋らしい

炊き込みご飯の具材は無いものでしょうか?

ちょっとまとめてみたので、いくつか紹介していきます!

スポンサードリンク

ほんのり甘く!サツマイモ

さつまいもの栄養素!便秘に!美容に!おすすめの食べ方は?

夏場はともかく、秋から冬にかけ安いサツマイモがおススメです。

これを小さ目のさいの目切りにして、ご飯と一緒に炊くだけです。

軽い甘味がつきますし、ご飯のかさも増えます

炊くときにちょっとだけ、オリーブオイルを垂らすと尚美味しく出来上がります。

さつま芋は正直美味しいし、良い繊維質も含まれ、栄養価も高い野菜です。

さつまいもの栄養価!便秘に!美容に!おススメです

ただ蒸かすだけでは、ちょっと勿体無い野菜だなぁと思っていたところ、ご飯と一緒に炊いてみたら大当たりでした。

冬場なら安いお店で、3本100円くらいで買えます。

1人分なら、1合のご飯に半本加えれば食べきれない量になります。

残った分は、翌日のお昼ごはん用におにぎりにしても美味しいです、味は落ちません。

別に灰汁抜きも必要ないですし、皮もむかずにそのまま切ってご飯と一緒に炊くだけです。

正直な話、これのおかげで昨年の冬中、便秘知らずだったのも事実です。

お給料日前のちょっと経済的にも厳しい時など、お子さんにも喜ばれ、財布にも優しい炊き込みご飯になると思います。

 

油揚げとエリンギ

家計応援!炊き込みご飯の安くて簡単な具材はこれ!

油揚げ』はどこのお店にも売っていて、どのご家庭でもとても身近な食材です。

また、値段もとても安いところでは一袋50円~と、とても安い食材です。

調理も油抜きが少し面倒かもしれませんが、あとはカットするだけです。

そしてなによりも油揚げを炊き込みご飯に入れることによって、油揚げに含まれる油がご飯全体にまわってとてもコクがでるのです。

同じ炊き込みご飯でも、油揚げが入っているものと入っていないものでは、味がだいぶ違うと思います。

 

そして、一緒に入れると美味しいのが『エリンギ』です。

こちらも最近はどこのスーパーにも置いてあり、身近な食材になってきていると思います。

値段は1パック100円前後とこちらもお手頃価格です。

1パックで結構な量が入っているので、1つ買えばたっぷりと入れることができます。

そして、エリンギの一番のアピールポイントは食感です。

炊き込みご飯に入れると、ほとんどの食材は食感がなくなってしまいますが、

エリンギは加熱してもコリコリの食感が残ります

このコリコリ食感は他にはないものだと思います。

どちらの食材もお手頃価格でどこでも手に入る食材です。

炊き込みご飯にはとてもおススメな食材です。

 

塩昆布と白ごま

家計応援!炊き込みご飯の安くて簡単な具材はこれ!

簡単で安い炊き込みご飯の具材で私がおすすめするのは塩昆布と白ごまです。

用意するものは市販の塩昆布白ごまだけです。

100円ショップでどちらも手に入るし、

どちらも下手をすればスーパーで一つ100円を切る優秀食材なので、

予算200円以下で作れます。

実は私が一か月の食費に1万円しかかけられなかったときに、これで乗り切った思い出のレシピです。

作り方は簡単で、お米3~4合に対して塩昆布一袋と白ごまを手のひらいっぱい入れて炊くだけの手軽さです。

炊いた炊飯器を開けた瞬間、昆布のいい香りがキッチンに広がります。

一度覚えれば小学生のお子様でも楽しく作れる上に、後片付けも楽ちんなので、子供と一緒にお料理するときのレシピにもおすすめです。

塩昆布にすでに塩だけでなくうまみ調味料も入っているので、

炊き立てはもちろん、冷めた後でもおいしく食べられるのでお弁当にも最適です。

 

秋の味覚!さんまの蒲焼缶詰

体に悪い!?さんまの缶詰の栄養価は?食べるときに気を付けることは?

さんまの蒲焼缶詰』も安く、簡単に炊き込みご飯を作れます。

まずはその価格が魅力的。

さんまの蒲焼の缶詰は、いろいろなメーカーのものがありますが

どれもおおむね一缶100円前後の価格設定です。

3缶セットだとさらに安かったり

ディスカウントストアやスーパーの特売日だと

一缶70円台で販売されていることもあります。

さんまの蒲焼の缶詰はお醤油ベースなので

しょうゆみりんで味の調整をします。

砥いだお米を炊飯ジャーのお釜に入れてご合数ぶんの水を入れます。

しょうゆと酒とみりんを入れて味見をしてみます。

ちょっと薄いかな?

くらいがちょうどいいです。

また、さんまの缶詰は体に悪そうですが

実は栄養価が高いんですよ!

本当は栄養価が高い!さんまの缶詰

スポンサードリンク

匂い松茸、味しめじ

家計応援!炊き込みご飯の安くて簡単な具材はこれ!

安く簡単しめじの炊き込みご飯です。

キノコの世界では

匂い松茸、味しめじ』と言いますね。

シンプルですがしめじの炊き込みご飯は本当にこの言葉通りおいしいものです。

食感もプリプリ食感でおいしいです。

価格も良心的で、小さ目のものは一袋70円くらい、特売だと50円のときも!

大降りの袋に入っているものでも一袋200円しません。

本当に家計に優しいキノコです。

注意点は石づきの取り方。

 

食べられる部分まで無駄にカットしないようにしましょう。

なお、水で洗ってはいけません

 

コクが決め手のツナ缶

防災の日!最低限備えておきたい防災グッズはこれ!

炊き込みご飯に『ツナ缶』を入れるのもおススメです。

準備も簡単で、開けたツナ缶を投入するだけ。

油も入れちゃうの~??』と思うかもしれませんが、

その油成分が美味しさを一層引き立てます。

下ごしらえや味付けしたりする手間を省け、手軽さ美味しさ

両方を兼ね備えた良質の具材です。

安売りを利用すると、1缶80円前後で買うことができます。

その1缶で3人ないし4人分使用できます。

味付けはシンプルに醤油だけでも良いですし

みりん、酒で調整してももちろん美味しいです。

体調不良などで、調理を簡単に済ませたいときに是非おすすめです。

お弁当や惣菜を買うよりはずっと安上がりです。

 

一工夫でより美味しく仕上げるには?

どうでしたか?

安くて、簡単な炊き込みご飯の具材を紹介していきました。

それぞれ単体で炊き込んでも良いですし、

どれも安いので組み合わせても美味しいでしょう。

ちょっと余裕があれば銀杏を入れたり、

冷凍グリンピースコーン、ベーコン等を入れても安上がりです。

炊き上がったら三つ葉を添えると綺麗です。

また、炊き上がったらバターを混ぜ、ネギを添えるのも香りよく美味しく仕上がります。

是非試してみてください!

スポンサードリンク