冷蔵庫で人参が腐る?正しい保存方法は?

人参』っていろいろな料理に使えて便利ですよね!

カレーに、シチューに、肉じゃがに、

日本人のソウルフードの傍には常に人参が有ったと言っても過言ではないでしょう。

人参は『根菜類』と呼ばれて、

主として根茎・球根などを食用にする野菜。ダイコン・ニンジン・ハスなど。根野菜。

一般的には保存に優れている部類です。

しかし、『一週間以内に買ってきた人参が冷蔵庫ですぐに腐ってしまった

という経験はありませんか?

長持ちするはずの新鮮な人参なのに…

この記事では、冷蔵庫で人参を腐らせない正しい保存方法を紹介します。

スポンサードリンク

どうして冷蔵庫で人参が腐る?

冷蔵庫で人参が腐る?正しい保存方法は?

人参を冷蔵庫で腐らせてしまう原因として、

次のいくつかの原因が考えられます。

 

葉が付いたまま保存してませんか?

スーパーで買ってきた人参に葉が付いていることは稀ですが

例えば自家栽培や近所で育てている方に貰った場合は

葉が付いていることも有り得ます。

人参の葉天ぷらサラダおひたしにして食べることができるので有り難いのですが

保存するとなれば話は別です。

そもそも、人参は葉が成長するために栄養を蓄えている部位です。

なので、葉が付いているまま保存してしまっては

人参の養分や水分がどんどん吸い出されてしまいます

 

  • 人参側でなく、葉側の根元で切り落とす

 

人参から切り離された葉の痛みは早いです。

保存するより、なるべく早く食べるようにしましょう。

また、基本的なことですが人参に付着した泥や汚れは落としてから保存しましょう。

 

買ったままのビニル袋に入れてませんか?

何度も言いますが、人参は湿度に敏感な野菜です。

湿気や水滴が人参に付着すると、すぐに傷んでしまいます。

例えばスーパーで人参を買って、小さなビニル袋に入れたまま冷蔵庫に入れていませんか?

これではビニル袋の内側が結露し、人参に水滴が付着してしまいます。

 

人参を長持ちするように保存させる場合は

 

  • 一度ビニル袋から取り出し、湿気を拭き取ってあげる
  • 複数本まとめてではなく、一本ずつ包みましょう

 

こうすることで人参を長持ちさせることができます。

湿気を取ってあげれば、ビニルやポリ袋に入れても大丈夫ですが、

やはり新聞紙キッチンペーパーの方が持ちます。

スポンサードリンク

冷蔵庫の設定温度が低すぎる

根菜は夏場以外は常温保存で十分です。

人参は湿度に敏感な野菜です。

冷蔵庫が冷えすぎると湿度が下がるので人参の水分をどんどん奪ってしまいます。

低温障害を起こす原因になるので

野菜を何でも冷蔵庫に入れるのは間違い』です。

そこで保存のポイントは

 

  • 常温保存しておく場所が無い場合は野菜室
  • 新聞紙キッチンペーパーに包んで冷やしすぎない

 

ことです。

また、可能であれば人参を縦に立てて保存すれば鮮度が長持ちします。

 

切り口はどうしてますか?

人参って一本使おうと思うと意外に大変です。

そうなると使い残した人参を保存してあげなければいけませんが

みなさんは『切り口』をどうしていますか?

実は、使い残した人参は『切り口』から痛んでいきます

切り口から水分が飛んで萎びれていく他、

その水分が付着したり結露となったりして人参を傷ませるからです。

使い残した人参を保存する場合は

 

  • 切り口にピッタリとラップを被せて保存

 

しましょう。

とは言え、普通の人参よりも傷みやすいのは変わりませんので

できるだけ早めに使ってしまう(3日程度)ことをお勧めします。

 

まとめ

どうでしたか?

長持ちしそうな人参も実は敏感なところがあるんですね!

ポイントをおさらいすると

 

  • 葉は落としましょう(人参側ではなく葉側で切る)
  • 一度ビニルから出し、湿気を拭き取る
  • 冬場は常温保存
  • 夏場は野菜室に
  • 新聞紙やキッチンペーパーで一本ずつ包む
  • 使い残した人参の場合は切り口にピッタリラップを

 

これで、冷蔵庫で人参を腐らせることはなくなるはずです。

是非試してみてくださいね!

スポンサードリンク