秋の落ち葉遊び

芸術の秋』と言われているように、秋は子供の感性が育つ季節と言われています。特に、季節ならではの遊びに触れることで豊かな感性を育むことができます。

秋と言えば『落ち葉遊び

パパ・ママも小さい頃に沢山『落ち葉遊び』をしたと思いますが、ちゃんとお子さんにも遊び方を教えてあげたいですよね!

この記事では楽しい、簡単、感性を育てるの三拍子揃った『秋の落ち葉遊び』を紹介します!

スポンサードリンク

まず、どうやって落ち葉を集める?

紅葉の季節になれば、公園や街路樹の周りは落ち葉で埋め尽くされるはずです!

落ち葉遊びをするためには、まず落ち葉を集める必要があります。

至って単純な作業ではありますが、ちょっとした持ち物ポイントを押さえれば快適に落ち葉を集めることができますよ!

ブルドッグ

ち葉集めの持ち物!

  • 大きなビニール袋(ゴミ袋でOK)
  • 小さなビニール袋(コンビニ袋とか)
  • 軍手
  • 火バサミ(金属製の物をつまむやつ)

火バサミは有っても無くても問題ありませんが、ビニール袋と軍手は必需品ですね。

ビニール袋は大小必要なの?

落ち葉って拾い始めると子供も夢中になるので、びっくりするくらいの量が集まりますが、大きなビニール袋と小さなビニール袋に分けたのは理由があります。

落ち葉を集め始めると、時には『とっても綺麗な落ち葉』に巡り合うことがあります。

落ち葉で遊ぶ時は大量の落ち葉が必要ですが、せっかく見つけた『とっても綺麗な落ち葉』を一緒くたにビニール袋に入れてしまうと、後で探すのが大変です。

綺麗なものは最初から分けておけば、手軽ですし、後からの遊びの幅もグンと広まります!

赤や黄色以外も集めてね!

落ち葉拾いとなると、ついつい紅葉している葉っぱばかりを集めてしまいがちです。

一枚一枚見るととっても綺麗なんですが、集め終わった時に『なんか、同じ色ばっかり・・・』ってことになってしまいます。

ちょっと意識して、緑色が残っているような落ち葉を集めれば、次に紹介する『衣装作り』でアクセントとして役立ちますよ!

衛生面で軍手は必要

私が子供のころは素手で落ち葉を集めたものです。ただし、現在は昔と違い交通量も違いますし、環境も違ってきています。

落ち葉ってずっと地べたに落ちているわけですから、時おり『すっごい汚い落ち葉』もあります。

泥まみれだったり、腐っている落ち葉だったり…たまにはワンちゃんのウンチだって落ちているかもしれません。

ついつい夢中になって集めてしまうものですから、万一汚いものに触れても大丈夫なように軍手は用意しましょう。

落ち葉でどうやって遊ぶ?

楽しい!簡単!秋の落ち葉遊び!おススメはこれ!

さて、沢山集まった落ち葉でどうやって遊びましょう!?

はしゃぎ回ったり、仮装したり、落ち葉を観察したりと、いろんな遊び方ができるのも落ち葉遊びの魅力です。

順番に紹介していきますね♪

ふわふわな落ち葉でハッスル!

落ち葉ってハラハラ舞い降りたり、風にサァァァっと吹き流されたり、ふわふわ感を感じますよね。

このふわふわ感で思いっきり遊んでみましょう。

特に、やんちゃな男の子元気な子におススメです。

落ち葉のシャワー!

落ち葉がたくさん落ちている場所であれば、落ち葉をたくさん集めて上に放り投げてみましょう!

雪のように上からハラハラと降らせることができます。小さいお子さんでしたら、大人が投げげれば大喜びでしょう!

友達と一緒に、雪合戦ならぬ『落ち葉合戦』もできます!

落ち葉の山にジャンプ!

ふわふわのクッションみたいにたくさん落ち葉が集めることができれば、その上にジャンプして、ふわふわ感を味わうのも楽しいです。

結構な量が必要なので、大きな公園で集めると良いでしょう。

広い公園、綺麗な落ち葉で遊びましょう

落ち葉を投げあったり、ふわふわなところにジャンプしたりと落ち葉と直接触れ合う遊びです。

ついついハッスルして走り回ってしまうので、街路樹の周りや道路で遊ぶのはとっても危険です。

また、落ち葉以外にも空き缶や枝が落ちている場合もあります。遊ぶ時は、広く、綺麗な公園で、必ず大人が一緒に居てあげてくださいね。

スポンサードリンク

秋の仮装ショー!

楽しい!簡単!秋の落ち葉遊び!おススメはこれ!

食欲の秋、読書の秋、そして芸術の秋でもあります!

ここは子供の感性を育てるような遊びをしてみませんか?

落ち葉や、木の実を使った『個性的な衣装作り』で遊んでみましょう!

お面作り

秋ならではの、個性豊かなお面を作りましょう!

ブルドッグ

落ち葉でお面作り

  1. 顔と同じくらいの大きさの紙を用意します。
  2. 耳の位置に紐を通して耳にかけられるようにします。
  3. 目の部分は丁寧に切り抜きます
  4. お面のベースが完成!

あとは綺麗な落ち葉や、ペンで好きな物を描いたりして好きなようにデコレーションしてみましょう!

ドレスや鎧を作ろう!

お面にあわせて、ドレスや鎧も作ってみましょう!

用意するものは大きいゴミ袋だけ。上から被れるように、頭と手を通す穴を開けます!これで衣装のベースが完成です。

あとは、お面と同じように、きれいな落ち葉や、緒に拾ってきたドングリなど貼り付けてデコレーションしてみましょう。

完成したらどうする?

せっかく作った個性的な衣装なので、お披露目をする機会が欲しいですよね。

秋であれば参観日や発表会に活用するもよし、仲良しの皆でファッションショーをして遊ぶのも良いでしょう!

『もっと作りたいな!』

と子供が言うようであれば、靴やアクセサリーも作ってみると楽しいです。子供の感性にビックリしてしまうかもしれませんよ!?

落ち葉観察!これは何の落ち葉かな?

楽しい!簡単!秋の落ち葉遊び!おススメはこれ!

大きい子が相手なら、図鑑などを片手にして

『なんという種類の木の落ち葉なのか』

を調べてみるのも、楽しいです。

理科に勉強に持って来いかもしれませんね♪

綺麗な落ち葉は『押し花』にしよう

落ち葉観察をしていると、『とっても綺麗な落ち葉』が見つかるはずです。

木の種類、名前が分かったら、せっかくなので『押し花』にしてみてはどうでしょうか?簡単なものであれば、キッチンにあるもので作れてしまいます。

仕上がったら好きな形に切り取って、『しおり』にしたりすると良いでしょう!

季節に触れた遊びを教えてあげたいですね!

どうでしたか?いろいろな秋の落ち葉遊びを紹介してきました。せっかく紅葉や落ち葉が綺麗な季節です。

お子さんには季節に触れた遊びを教えてあげたいですよね!簡単にできるものばかりなので、是非遊んでみてください!

スポンサードリンク