最低限必要な防災グッズ

毎年、9月1日付近に設定される『防災の日

台風の上陸が多いとされることから、設けられた記念日(?)ですが…

みなさんはちゃんと防災グッズを備えていますか?

日本は台風地震ゲリラ豪雨に豪雪となにかと自然災害の多い国です。

万一の時に備えてしっかりと防災グッズを備蓄しておきたいものですが住宅の広さや収納スペースによって置けるものは限られています。

この記事では

  • 最低限備えておきたい防災グッズ
  • これだけは持ち出したい防災グッズ

を紹介します。

スポンサードリンク

防災グッズってどんなものがある?

まずは、防災グッズについて知っておく必要があります。

どんな物があるのか知らないと、備えようがありませんからね!

食糧、生理用品

  • 缶詰各種
  • 非常食、高カロリー食
  • 生理用品
  • 簡易トイレ
  • おむつ

まず紹介するのは防災グッズの中で必要不可欠な部類。

避難生活では生命の維持はもちろん、生理排せつ行為も避けて通れません。

長期化する避難生活では真っ先に不足する物資でもあります。

防寒、保護具

  • 防寒着
  • 雨合羽
  • 下着・靴下(5日分は欲しい)
  • ヘルメット
  • マスク
  • 手回し懐中電灯付ラジオ
  • 電池各種
  • 水を貯められるもの(配給を貰える)

災害の怖いところは、起きたその時だけではありません。二次災害、三次災害に備えて防寒・保護具も必要でしょう。

また、情報をいかに早く、正確に入手するか、その手段を確保することが重要です。

避難生活が長期化した時に配給を受けるための体勢を整えることも考えておきましょう。

備えあれば憂いなし

  • ナイフ
  • ライター
  • ホイッスル
  • 感熱アルミ
  • ガムテープ
  • バスタオル
  • ビニール
  • マジックペン
  • 現金

こちらは補助的な位置づけが強い防災グッズ。

避難生活が長期化した時にも出来うる限り快適な環境を整えたいものです。

捜索活動や何かの目印としても使えますし、感熱アルミシートは床に敷けば断熱材として、身体に羽織れば防寒材としても使えるので便利です。

スポンサードリンク

ズバリ訊く!一番必要なものは?

多くの防災グッズを紹介しましたが、実際問題、限られたスペースに全てを備蓄しておくことは困難です。

なので大抵の場合はそれぞれの用途から必要の高い物を備えていくことになると思います。

それに、地震や津波、火事などの可及的速やかに避難しなければならない場合、多くの防災グッズを持ち運ぶことは叶わないはずです。

そんな局面に対応しようとするなら、玄関先や非常口に『最小限の防災グッズ』をバッグに小分けして、すぐに持ち出せるようにしておくことが肝心です。

ここからは、小分けにしておくべき最低限の防災グッズと、その理由を紹介していきます。

やっぱり『水』

防災の日!最低限備えておきたい防災グッズはこれ!

やはり防災グッズの中でも最上位に来るのが『』です。

水があれば

  • 飲める
  • 洗える
  • ご飯を炊ける
  • 飢えをしのぐ

事ができます。

他のグッズは情報収集であったり、何かを防ぐだけのものにしかなりませんが、お水だけは何が何でも必要です。

地震などで断水してしまえば飲料水は入手不可ですし、老若男女問わず共通して使えます。

重たい事と、大きいのでそこまで数を用意でき無いのが現状ですが、本当は1人4リットル(2ℓペットボトル2本)は持ち出せるようにしたいところです。

震災で水が買えるようになったのは3週間後

『最低限の持ち出し』からは話がずれますが、東日本大震災では流通の混乱のためお店でペットボトル水を普通に買えるようになったのは3週間後でした。

3日分の備蓄があれば生命を脅かされることはないともいいますが、可能であれば3週間分くらいは用意しておいたほうが安心です。

備蓄するならペットボトルよりウォーターサーバーが効率的

水の備蓄と常用使用を兼ねられるのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは大抵の場合、大型のタンク2本が常備されるのが一般的です。

1本12ℓ入っているので、ペットボトルを大量に用意するよりも圧倒的に省スペースで効率的。もし停電になったとしてもタンクから直接水を汲めるのでしばらくの間の断水は防げます。

水道水に比べても美味しいですし普段から炊事や飲料として使えるので、賞味期限が切れる心配もありません。普段から浄水器やペットボトルを買って使用している方はウォーターサーバーの方が経済的で実用的です。


健康的な女性


常備水にもなるウォーターサーバーの選び方

  • タンク方式であること
  • タンクの容量が大きいこと
  • タンクの交換が楽なこと
  • 美味しいこと

実用的なウォーターサーバー

ボトルを足元で交換できるタイプが断然楽です。

持ち出しやすさが全然違います。

コスモウォーター

ネイフィールウォーター

非常食・缶詰類

水か、食糧かは究極の選択になるので、可能であれば両方持ち出せるようにしたいです。少量でも食べものがあればなんとか生き延びれることができますし、安心感もあるでしょう。

昔は缶ツナなどの缶詰のイメージが強かったですが、最近ではカレーライス牛丼など非常食のバリエーションも増えています。しかも、火を使わず温めることもできます

ただ、心配なのが賞味期限ですが、年単位で備蓄することができるので年に一回点検すれば問題ないでしょう。

おかず系の非常食も忘れずに

主食系の非常食も良いですが、おかず系の缶詰も忘れずに。

白米の支給があっても、おかず系の支給は調理の問題があるため遅れるということがよくあります。

そんな時に少しでもおかずが有れば精神的にも助かるはずです。不足しがちな塩分の摂取もできるので一石二鳥です。

防寒着

防災の日!最低限備えておきたい防災グッズはこれ!

少し変わった観点ですが、特に寒冷地の方は重要度がグンっと上がります。

寒冷地や冬に被災した場合、防寒着がないと本当に大変です。

食べ物は大人ならなんとか数日ガマンできますし、何かあったとき政府の支援期待できますが、阪神大震災では毛布は届くものの、ジャンパー類が届いたのは一番最後だったと言います。

ですので、寒冷地では防災グッズとして防寒着は絶対に必要だと思います。

昔は、古いスキーウェアや着なくなったジャケットをリュックに詰めて玄関に置いていましたが、型が古い物はそれだけで嵩張るんですよね…

これではバッグがパンパンになってしまうので、小さく丸められる軽量タイプのジャケットがおススメです。

ただ、安物だとすぐに破れたりしてしまうのである程度良い物を選びたいです。

何に入れておくか?

あとは、これらの防災グッズを何に入れておくかです。

地震や台風などで倒壊する建物が多い場合、瓦礫にザックを引っ掛けて破れてしまうことも考えられるので、ナイロン系ではなくてある程度強度があるバックパックが実用的です。

被災地で頑張っておられる自衛隊の皆さんが背負っているバックパックは5日間の作戦行動に耐えられる容量を採用しているようですが、それがだいたい45リットルくらいの容量です。

容量もそうですが、小分け用のサイドポケットが付いていれば衣料品と日用品で区分けすることができて便利です。

避難所など滞在場所が指定されればさほど歩くこともないかもしれませんが、肩には負担の掛からない物が良いでしょう。

そして色は部分的でも良いので赤やオレンジなど暖色系の色が入っていた方が良いでしょう。目印にもなりますので。

えぇい!面倒くさい!

あれこれ揃えるのが面倒くさい!と言う方には防災セットがおススメです。

多少値が張りますが、必要な物はだいたい揃っていますよ。

容量は1人分、2人分、3人分と人数に合わせて選ぶことができます。

どうでしたか?

最低でも上記の3つはすぐに持ち出せるようにしておきたいものですが、住んでいる地域の地形、気候、起きうる可能性が高い災害について理解し、それに対応できる防災グッズを備えるように心がけたいですね。

あと、定期的な点検・メンテナンスも忘れないようにしましょう!

スポンサードリンク