大学生の夏休みにやっておくべき5つのこと

大学生夏休みって羨ましいですよね!

私が大学生の時は8月と9月が丸々休み、計2ヶ月もの自由時間を手に入れてとってもウキウキしていたのを覚えています。

この大学生夏休み、いかんせん『長すぎて暇すぎる』と言う贅沢な悩み?嘆き?をしている学友も居たものです。

そんな大学生の夏休みを有意義に過ごすための何か良い方法は無いでしょうか?

この記事では『大学生の夏や休みにやっておくべきこと』を紹介します。

スポンサードリンク

バックパッカースタイルの長期海外旅行

長期の海外旅行大学生のうちに絶対にしておいたほうがいいです。

特にバックパッカースタイルでの貧乏旅行は、自分でスケジュールや行き先を自由に決めて帰って来る日も気分に合わせて変えられる旅行でとても楽しいです。

社会人になると、まとまった休みを取るのが難しかったり、たとえ1週間の休みが取れても、限られた休みを有効に使うためにスケジュールがガチガチにしてしまったりと自由な旅行ができなくなります。

他にも飛行機が遅れたときに会社に間に合わないように1日早めに帰国するとか、会社へのお土産選びに時間を取られるとか、旅行をするにも職場や周囲に気を使う必要があり、自由な旅行が難しくなります。

さらに社会人の場合はスケジュール優先なので高い航空券やツアーを買わざるを得ません

GWも仕事!?それってどんな職種?

一方、大学生であればバイトで貯められる程度のお金で一ヶ月間以上周遊することも不可能ではありません。(貧乏旅行ですがね!)

海外旅行は特に日本とはまた違った国の文化や食生活などを学ぶ事ができ、自分が住んでいる日本という国はどんな所であるのかを考えさせられる良い経験になると思います

時間のある大学生の夏休みに長期の海外旅行をするべきです。

 

自動車免許の取得

大学生の夏休みは、車の運転免許を取っておくべきです。

特に合宿などの短期で取れるカリキュラムを利用するのがオススメです。

自動車の免許は社会人の必須資格であるだけでなく、身分証明書にもなるので何かと便利です。

社会人になってから運転免許が必要になった場合、土日だけを使って教習所に通わなくてはならず、毎週通ったとしても取得までに数ヶ月かかってしまいます。

夜も講習している教習所もありますが、一日仕事で疲れた後でさらに講習を受けるのはオススメできません。

大学生の夏休みにやっておくべき5つのこと

合宿免許をオススメするのは、多少の差はあれど2週間通えば確実に免許が取得できること、地方の道路のほうが教習に適していること。

合宿で友達が出来たり、仲間と教習を受けるほうが思い出になること。

教習終了後は地方で観光できてちょっとした旅行気分を味わえることです。

合宿免許は大学生の夏休みにやっておくのをオススメします。



ちょっと変わったアルバイトをするのも大学生ならでは

普段からコンビニや居酒屋などでアルバイトをしている学生は多いと思いますが、そういったものではなく、大学の夏休みには長期休みならではの、少し変わったアルバイトをしてみるのもいいと思います。

例えば泊まり込みで海の家で働いたり治験のアルバイトをしたりといったものです。

大学生の夏休みにやっておくべき5つのこと

アルバイトの経験は社会人になっても活きてくるものであると思います。

色々な職業を体験しておくことで、営業先での話のネタにできたり、接客のスキルを活かせたりとアルバイトを通して得るものは多いと思います。

ですので、大学の夏休みには是非色々なアルバイトに挑戦するのがオススメです。

スポンサードリンク

まとまった時間で語学学習を

大学生の夏休みにやっておくべきこと。

それは語学学習です。

語学学習を本気でやろうとすると、膨大な時間が必要です。

大学生の夏休みにやっておくべき5つのこと

社会人になったら、1日に取れる自由な時間はせいぜい2,3時間です。

それっぽっちでは、いくらやる気があっても、語学はちっとも伸びません。

何時間も集中して勉強できる環境は大学生までです。

また、たっぷり時間が取れる事を上手に利用して、短期の語学留学などへ行くのもおすすめです。

若いうちは吸収力もありますし、色々な事に刺激を受けるのは、とても大事な事です。

将来仕事で英語を使いたい方、英語じゃなくても他の言語に興味のある方は夏休みを有効活用し、自由な身分のうちに語学マスターを目指してください!



くだらないことに夢中になれるのも大学生の特権

何でも良いので、『無駄にくだらないこと』に一生懸命になる事。

例えばゲームだったり、昆虫採集だったり、ラーメンをひたすら食べてみたり、大人になって振り返ったら「バカだったなぁ」と思わず苦笑いしてしまう事を沢山やってください。

そういった事ができるのは、大学生までです。

大学生の夏休みにやっておくべき5つのこと

良い意味で『本気でふざけてから社会に出た人間』は、ユーモアに溢れて、包容力があり、パワフルでポジティブに仕事と向き合う事ができるはずです。

くだらない事に溢れんばかりの情熱を注ぎ込んで、沢山の自慢にもならない自慢を作ってください。

同時に思い出も、あわよくば恋人も作って、かけがえのない学生時代にしてください。

スポンサードリンク