肌荒れしない髭剃り!コツは?カミソリ編

男の身だしなみって大切ですよね!

中でも特に注意したいのは『』じゃないでしょうか?

個人差がありますが、伸びる人はとっても早くて、朝に髭剃りをしても昼過ぎにはもうジョリジョリに・・・

正直、お手入れしていない髭は不潔感不健康感が漂います

でもここで気になるのが髭剃りによる肌荒れ

髭は伸びるけど、髭剃りしたらすぐにカミソリ負けや肌荒れとなってしまうと困ったものです・・・

この記事では、肌荒れしない髭剃りのコツを紹介します。

スポンサードリンク

まずは床屋さんの髭剃りを振り返ってみましょう

今は美容院で髪を切っている方も、小さい頃は床屋さんに行きませんでしたか?

行ったことがある方も、ない方も、ちょっとおさらいしてみましょう。

髭が硬い人でも綺麗に、肌荒れせずに髭剃りができるはずです!)

さて、問題の髭剃りですが、この行為自体、そもそも肌を痛める行為なんです。

そんな肌を痛める髭剃りをする時に一番気を付けたい事は、髭を柔らかい状態にして剃りやすくするということです。

床屋さんの髭剃りと言えば『蒸しタオル』を5分ほど顔にかぶせますよね?

あれは熱と水蒸気で髭を柔らかくしているんですよ!

(このことは、肌のケアだけではなく、髭をしっかり剃るためにも有効です。)

柔らかくなった髭は剃りやすく、カミソリが引っかかり難く、綺麗に剃ることができるので肌への負担が少なくて済みます。

温かいタオルを剃る場所に乗せて数分待つという方法や、お風呂に入った時には最後の方で剃る方法、サウナに入った後に剃る方法などが有効です。

 

蒸しタオルの作り方

ハンドタオル水で濡らしてレンジで30秒ほど加熱します。

(熱すぎると火傷するので気をつけてください)

 

きめの細かいシェービングフォームを使う

カミソリで髭を剃る方は、できるだけきめの細かいシェービングフォーム(ジェルタイプでもOKです)を使いましょう。

泡立てるのが面倒くさい場合は、スプレータイプでムース状で出てくる物がオススメです。

髭を柔らかくしたら、髭全体的を十分な泡で包み込みます。

ここでケチケチしてはいけません。

十分なきめ細かい泡(ジェル)であれば髭を剃るときの抵抗が少ないので肌を痛めにくいです。

決して、水やお湯だけで髭剃りしてはダメですよ!

 

ちゃんとシェービングフォームを使いましょう

髭が硬い人こそちゃんと使いましょう

 

いきなり逆剃りはダメ!!

シェービングフォームを使っているからと言って、逆剃りはダメです。

剃る時は必ず髭の伸びている方向に剃ることです。

よく逆に髭と反対の方から剃る人が結構多いですが、肌を痛めることになりますから、注意が必要です。

ある程度、剃り終ってから、剃り残しを整えるための逆剃りは構わないと思います。

それでも細心の注意を払って、肌に負担のかからないように心掛けるだけで、かなり違ってくると思います。

 

逆剃りはある程度剃ってからにすること

 

洗い流す時、『最初はぬるま湯』で

最初にシェービングフォームを洗い流すときは、人肌程度のぬるま湯を使いましょう。

熱すぎたり冷たすぎたりする水は、肌が驚いてしまい傷付く原因となります

この点を注意しなければ、肌荒れを起こす可能性が高まってしまいます。

スポンサードリンク

カミソリの刃、清潔ですか?

そもそも気をつけてほしいことがあります。

それは『使っているカミソリの刃は清潔か?』ということです。

カミソリを使うことのリスクは、第一に肌質によっては荒れてしまうこと、傷ができる可能性があるということですが、

そもそもカミソリに雑菌が繁殖していた場合、それが剃った跡や傷口から入り込み、炎症を起こしてしまうこともリスクと言えます。

なので、当然カミソリの菌の繁殖も防がなければいけません。

カミソリは湿気のある場所に保管すると雑菌が繁殖してしまいます。。

その剃刀で髭を剃ると皮膚が赤くなります。

剃刀を殺菌することを忘れないのも肌を痛めないコツです。

 

カミソリは湿気の無い所に保管しましょう。

カミソリの刃は定期的に交換しましょう。

 

横滑り防止のカミソリを使おう

髭剃り用のカミソリって沢山の種類が出ています。

2枚刃、3枚刃、4枚刃、凄いときには5枚も刃が付いている製品もあります。

しかし、切れ味が良いってことは、少し間違えば肌を切ってしまうことも考えられます。

カミソリを選ぶときは、『横滑り防止』や『肌を切らない機能』が付いているものを選びましょう。

100円~200円のT字カミソリでも髭は剃れますが、もし横滑りしてしまうと顔が血だらけになってしまいます。

髭剃りに自信の無い方は奮発してでもちょっと良いカミソリを買うことを検討してみては?

 

刃の数よりも、安全性を

 

アフターケアは入念に

入念に髭剃りをしたあとはアフターケアをちゃんとしてあげましょう。

鋭利なカミソリで髭剃りしたわけですから、多少お肌に傷がついているものです。

また、シェービングフォームお肌の油分や水分も持っていってしまうので、髭剃りの後は特に肌が乾燥してしまいます

次に紹介するアフターケアを入念にしてあげましょう。

 

終わったらお水で肌を引き締めましょう

髭剃り後はお水で肌を冷やすような感じで洗うようにしましょう。

シェービングフォームを洗い流すのはぬるま湯ですよ。それが終わったらです。)

肌が引き締まる効果があるので、小さな傷口や毛穴から細菌が入って炎症が起こるのを防ぎます。

何度も肌を丁寧に濯ぐようにしましょう。

洗い終わったら、しっかりとタオルで水気を取りましょう

 

アフターシェーブローション、乳液を使いましょう

分の肌にあったアフターシェイブローションで肌を引き締める様にすると良いです。

他にも、乳液を使って、水分を閉じ込めてあげましょう。

これ、順番が大切ですよ。

乳液⇒ローションはなくて、ローション⇒乳液の順番が正しいですからね!

 

順番はローション⇒乳液

 

血が出たorヒリヒリしてしまったら?

剃った後、傷になって出血していれば消毒してください。

ヒリヒリして赤みがでているときは乳液ではなく、肌水のような無着色無香料の化粧水をお勧めします。

 

もしもの為に消毒液や低刺激の化粧水が有ったらベスト

 

肌が弱い場合は?

どれだけ気をつけて髭剃りをしても、カミソリを使用した素肌は微小な傷がついてしまうものです。

もし、肌が弱ければ毎日カミソリを使うのは避けて、電気シェーバーとの使い分けをしましょう。

 

肌が弱ければ電気シェーバも検討すべし

まとめ

  • 第一に髭を柔らかくしよう
  • シェービングフォームやジェルを使おう
  • いきなり逆剃りはダメ!
  • 最初はぬるま湯で洗い流そう
  • カミソリの刃は清潔に保とう
  • 刃の数よりも安全性重視!
  • アフターケアを入念にしよう

 

でした!!

髭剃りが原因のお肌のトラブルって、見ていても痛々しいです。

せっかくビシッとかっこよく決めたいのに、イマイチだと気分も凹んでしまいますからね!

この記事の肌荒れしない髭剃りのコツを是非試してみてください!

スポンサードリンク