便秘改善とダイエットにはさつまいも

秋の食べ物と言えば私はさつまいもを思い浮かべます。

焼き芋にすればホックホクで甘くて美味しいですよね!!

実はこのさつまいも、はなかなか優秀な栄養素を持っていて食べることで

  • 便秘改善
  • ダイエット効果
  • 美容効果

など様々なメリットがあると言うんです!

この記事では、さつまいもってどんな野菜か?メリットやオススメの食べ方についてまとめました。

スポンサードリンク

さつまいもってどんな野菜?

さつまいもの栄養素!便秘に!美容に!おすすめの食べ方は?

 

旬はいつ?

さつまいもは本来は9月~1月頃に収穫される野菜で、特に9月~11月が旬と言われています。

ただ、これは自然に栽培されたさつまいもの話。

芋類は本来、非常食や貯蔵用の食料として古代から食べられてきた歴史があります。

貯蔵物のさつまいもが美味しいのは1月~3月とされています。

どんな栄養素が含まれる?

さつまいもの栄養素!便秘に!美容に良いって本当?おすすめの食べ方は?

豊富なビタミン群

さつまいもは

  • ビタミンB群(B1.B2.B6)
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • 食物繊維
  • ベータカロテン

が多く含まれる野菜です。

また、さつまいもの黄色い色はベータカロテンに由来します。

カロテンは体内でビタミンAに変化しますから、鼻や喉の粘膜を強くして風邪などの細菌が体内に入るのを防ぐ効果がありまよ。

食物繊維!

さつまいもにはセルロース・ペクチンと呼ばれる食物繊維がとても豊富に含まれています。

これはじゃがいもの約2倍!!

いも類の中では一番の含有量です。

食物繊維と言えば便秘改善ですよね。

ヤラピン

さつまいもを切った時に出る白い汁はヤラピンという物質で、大腸がんの予防に効果があるとされています。

ヤラピンは腸の働きを助けてくれ、胃の粘膜を保護してくれます。

緩下剤の効果もあります。

炭水化物(糖質)

さつまいもは、熱や力のもとになったり脳のエネルギー源になる炭水化物(糖質)を多く含みます。

炭水化物と言えばすぐに「太る」ことに結びつける人が居ますが、人体にとっては必須の栄養素です。

スポンサードリンク

食べるとどんなメリットがある?

さつまいもの栄養素!便秘に!美容に!おすすめの食べ方は?

さつまいもと言えば・・・

『おなら』が出る食べ物昔から保存食、貯蔵食として食べられてきたイメージがありますが・・・

実際のところ、食べることでどんなメリットがあるんでしょうか?

なんと言っても便秘に効きます!

やはり食物繊維が豊富な作物ですので、便秘に効果を発揮

女性には特に多いと言われている便秘ですが、さつまいもにはビタミンやミネラルが豊富に含まれている他にセルロース・ペクチンといった食物繊維がとても豊富に含まれています。

このセルロースが腸を刺激し、更には生芋の切り口から出る白い乳状のヤラピンが便を柔らかし排泄を促すといわれております。

美容・肌にも良いです!

芋というとダイエットには不向きなイメージがありますが、さつまいもはダイエットに持って来いの野菜です。

便通が良くなることで、ニキビを予防したり、お腹がすっきりしたり美容によい効果があります。

ビタミンB1、ビタミンCは体脂肪を減らし、肥満の防止に一役かってくれますし、ビタミンCは美肌つくり、風邪の予防になります。

また、100グラムあたりの熱量も約80kcalと低い上、脂肪分は含みません。

高血圧に効く!

さつまいもはカリウムも豊富です。

カリウムは塩分であるナトリウムを排泄する役割があるので、高血改善にも効果がある作物の一つとも言えます。

意識して食べると効果アリです。

癌、痴呆予防にも良い!

さつまいもには、血液中のコレステロールを下げる成分が含まれており

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 痴呆予防

などと言った成人病の予防にも効果があります。

また、さつまいもに含まれるガングリオシドという成分は、母乳にも含まれる成分で、痴呆予防に効果があるとされています。

どんな食べ方がおすすめ?

さつまいもの栄養素!便秘に!美容に!おすすめの食べ方は?

 

便秘解消なら皮ごと食べましょう

便秘解消に効果あるヤラピンは皮付近に多く含有しています。

皮つきのまま食べるのが栄養素を最大限に発揮できる食べ方なので、輪切りにして揚げる天ぷらや、ホイルを巻いて焚火でじっくりと焼き芋にるのがおススメです。

また、甘味のある野菜ですので山梨の名物料理であるほうとうかぼちゃの代わりに入れて作るのも冬場などは体も温まります。

いろんな具材が入るのでバランス良く食べられる食べ方かと思います。

ポテトサラダのサツマイモ版?

ポテトサラダのポテトをジャガイモではなくさつまいもに置き換えるのもおすすめ。

ちょっと甘いサラダですが、なかなかイケます。

また、マヨネーズとヨーグルトを使い、さつまいもを茹でたものとレーズンを和えたさつまいものサラダも美味しいですよ。

また、はんぺんやゴボウと一緒にキンピラにしても美味しいですよ。

どうでしたか?

さつまいもと言えば『焼き芋』しか思い浮かばない私でしたが、いろんなメリットと、美味しい食べ方があるって分かりました。

特に、最近社会問題にもなっている『痴呆』の予防にもなるってビックリですよね!

美味しい野菜なので、無理に食べようとしなくても気楽に食べられるので皆さんも美味しい時期に食べてください。

スポンサードリンク