美味しい無洗米の炊き方

お米を研がなくても良い無洗米って本当に楽チンですよね~

忙しい主婦にとっては時短効果も高い強い味方ですよね?

しかし不味い、粘っこい、といったマイナスイメージが強いのも事実。

この記事ではそんな無洗米の美味しい炊き方を紹介します。

スポンサードリンク

無洗米は『何』が違うのか?

そもそも、なぜ米を炊く時に研ぐ必要があるんでしょうか?

研いだ時に出てくる白い汁、あれは白米の糠(ぬか)です。

糠には独特の臭みがあるので、糠を除去してやらなければ美味しく炊き上がりません。

米を研いだことのある人は分かると思いますが、なかなかの手間ですよね?

最低2回以上は研がないと糠を落とすことは出来ないほか、米の量が多くなればなるほど研ぐ回数を多くしなければいけません。

そこで登場したのが無洗米です。

無洗米は様々な工程を経て、予め糠を除去した米なので、米を研ぐ必要がありません。

もともとは病院や給食などの大量に作る現場で活用

無洗米が最初に使われ始めたのは病院や給食など大量に米を炊く必要がある現場です。

それこそ1合、2合とか言うレベルではなく何俵と何袋とかいう単位の米を炊きます。

これだけ大量の米をかつては研いで炊いていましたが、無洗米が登場してからと言う物、省ける手間や時間の利点が多いことから一気に普及していきました。

スポンサードリンク

どうして無洗米は不味いの?

水加減が悪い!

無洗米に限りませんが、水加減のバラつきがあるとその度に柔らかさや味が変わってしまいます。

面倒臭いかもしれませんが、米の軽量はキチンと軽量カップを使う、水を入れる時は水平な場所で入れる。など基本に忠実に炊くようにしましょう。

また、無洗米は普通の米を炊くよりも水の分量が多く必要です

炊飯ジャーによっては「無洗米」の目盛りがある場合があるので一度しっかりと見てみましょう。


猫

Q.1米1合に対する水の量は?

  • 無洗米1合に対して適度な水の量は230cc

これは、普通の米を炊く場合に比べると若干多めの量となります。

水が不味い?

米を美味しく炊くには美味しい水!

これは普通の米でも大事なことなんですが、美味しい水が不可欠です。

東京都内の水道水で炊いた国産コシヒカリと、水の美味しい地方の水道水で炊いた無銘米では、無銘米の方が美味しいなんてこと、嘘のような本当の話です。

私の地元は水の綺麗な田舎ですが、それはもう、他所の水で炊いた米なんて食べられません。実は米の銘柄の差より水の差の方が大きいです。

手軽なのはスーパーのミネラルウォーター

水の美味しい地域でなくてもスーパーやコンビニでミネラルウォーターを買って使うのもおススメです。

私の実家はド田舎で井戸水なんですけど、ご飯がすっごい美味しいんですよ。

間違っても水道水でご飯を炊いちゃダメです。美味しいお米を炊くには、美味しいお水が必要不可欠です。

硬水ではなくて軟水を使う

ご存知だと思いますが、水には軟水と硬水があります。

日本は軟水で、口当たりが優しく、一般的に飲みやすい水と言われています。

個人差もあるかもしれませんが、軟水に慣れている日本人が硬水を飲んだとき、少し癖が強いくて不味いと感じることがあります。

良かれと思ってミネラルウォーターを買って来も、硬水を使ってしまっては味に違和感を感じるかもしれません。 間違えてもevian等の硬水を使ってしまわないように!

天然水は全然違います!

これは私が実際に使ってみてびっくりしたことなんですが、アパート暮らしから家を建てたついでに天然水のウォーターサーバーを設置したんですが…

無洗米に使ってみると、ホント全然違う炊き上がりになりました(驚

普通の水と違って、ミネラル分がふっくらと仕上げてくれるようですけど…あまりにも違うので、そのあと無洗米じゃなくて普通の米に戻しちゃったりしました(笑

お米を研ぐだけじゃなくて、普段のコーヒーや料理にも使えるので、気になる方は是非!

ランニングコストが高いのかなぁ…と思われがちですが、1日換算で数十円程度です。

スーパーで無料で配ってるミネラルウォーターなんかもありますが、機械のメンテナンスや中身がどうなってるのかも分かりませんので宅配型・設置型のミネラルウォーターが安くてお得ですよ!

防災グッズとしても活躍します

余談ですが、ウォーターサーバーを災害時の水の備蓄として位置付ける人も増えています。

最低でも3日以上の水の備蓄が必要とされていますから、この際に検討してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】最低限必要な防災グッズ!これだけは持ち出したいものは何?

「蒸らし」と「ほぐし」が出来るようタイマーを設定する

「蒸らし」と「ほぐし」を考えてタイマーを設定しましょう

ご飯を炊くのにタイマーを使っている人がほとんどだと思いますが、ちゃんと『蒸らし』と『ほぐし』をしていますか?

『え?朝ごはんは8時だから7時に炊き上がるようにしている。食べるまでは特に何もしないよ。』

というあなた!これでは美味しいご飯を食べることはできません。

炊飯ジャーの場合は炊き上がった後に”蒸らし”を行う機種が多いと思いますが、大切なのは蒸らしが終わったらすぐにご飯をほぐしてやることです。

炊き上がったご飯のほぐし方

ご飯が炊きあがったら

  • 釜の中を縦に切るようにこまめにほぐす
  • 余分な蒸気を逃がす
  • すぐにお椀に取らず蓋を閉める

こうすることで、美味しい歯ごたえを持つように仕上げることができます。

逆に言うと、炊き上がった米の『蒸らし』と『ほぐし』を行わないことは、余分な蒸気を含んだ、歯ごたえの無い米を食べることになってしまいます。

水の量は少なめにしたのになんだかご飯がベチャベチャ・・・と言う人は是非『蒸らし』と『ほぐし』をしてみてください。

炊き上がってからすぐに行う必要があるので、朝ごはんから時間を逆算して炊き上がるようにタイマーを設定しましょう。

何より大事なのは相手の好みを知る

家族が好きなお米の炊き加減は?

無洗米を美味しく炊くための水加減、蒸らし方など一般的な炊き方を紹介してきましたが、あくまでも一般論です。

硬めの米が好き、水分の多い米が好き、炊きたてが好き、冷やご飯が好き。当然、人によって好みは別々です。

旦那さんが「米が不味い」と言っている場合は、「どんな炊き具合が好きなの?」としっかり確認することが何よりも重要です。

相手の好みを知って、それに添えるような水加減、炊き加減を工夫してみてください!

スポンサードリンク