お墓参りの時期は?お盆以外に行くのは失礼なの?

お墓参りに行こう!行きたい!!行かなきゃ!!!

お墓参りに行かなきゃいけないのに、仕事などの都合で土日しかいけないとか、住んでるところから遠くにあるので、まとまった休みがないと厳しいとか。

そんな方って結構居るんじゃないでしょうか?

 

お墓参り

 

っていうイメージが強すぎて、他の時期に行くと罰当たりだとか、失礼にあたるとか、そんなことを思っていませんか?

実は、お墓参りに行くタイミングは1年のうちに何回か、適したタイミングがあります。スケジュールと見比べて最適なタイミングに行きましょう。

なお、いつ行っても、お墓参りのベストな時間帯は午前中ですが、遠方からお参りする場合など無理な時はできるだけ明るいうちにお参りしましょう。

スポンサードリンク

お墓参りといえば、まず『お盆』

お墓参りの時期は?お盆以外に行くのは失礼なの?

お盆とは、旧暦の7月15日頃で、現在の暦でいうと、8月15日前後を指します。

東京と神奈川の一部は、7月15日にお盆を行っていますが、旧暦の7月15日すなわち現在の8月15日のお盆を行う地域が多いです。

お墓参りというと、お盆の時期にする人が多いですが、地域によって、旧暦、新暦と、お盆の時期が違いますので、地域の慣習を確認してみてください。

 

『お盆』の期間中の『いつ』がいいの?

お盆は、旧暦、新暦ともに、13日から16日の間で行われますが、お盆中のどの日にお墓参りをすればよいか迷うかもしれません。

一般的に、迎え火を灯しご先祖様を招き入れ、そして送り火や精霊流しで送ります。

ですので、初日の13日にお墓参りをして、ご先祖様をお連れするというのが一般的です。

ただし、これも地域によっては送り火をした後にお墓参りする地域もあります。

 

命日

お墓参りってお盆以外にも行って良い?時期を外すと失礼なの?

命日は亡くなった月日のことで、年に1度の日のことです。

例えば、2月4日に亡くなった場合は、毎年2月4日が命日となります。

 

命日は亡くなった人のあの世における誕生日と捉える地域もあります。

 

亡くなった人の1周忌等、命日はお墓参りを考える人が多いですよね。

この場合、仮に命日が平日で行けない場合は、命日よりも前の日程でお墓参りを行います。例えば、命日が水曜日の場合、その前の週の土日などでお墓参りや法事を行うのが一般的です。

 

月命日

月命日とは、毎月の命日(日にち)ことです。

例えば、13日に亡くなった場合は毎月13日が月命日となります。

月命日のお参りも、命日の場合と同様に、もしも平日などで行けない場合は月命日よりも前の日程でお参りすることが望ましいです。

スポンサードリンク

お彼岸

お墓参りってお盆以外にも行って良い?時期を外すと失礼なの?

お彼岸とは、春と秋の年に2回あります。

3月9月期間は1週間です。「春分の日」「秋分の日」をお彼岸の中日と呼び、前後7日間がお彼岸にあたります。

春のお彼岸は、「生き物を慈しみ、大自然に感謝する」、秋のお彼岸は、「ご先祖様を敬い、感謝する」ことを目的としています。

お彼岸は、あの世との距離が1番近くなる日と信じられてきました。これは、昼と夜の長さがほぼ同じになることに基づくという云われがあります。

お墓参りは、お彼岸の中日にお参りする人が多いですが、中日以外でも大丈夫です。

関連記事⇒お彼岸はいつ?

 

いかがでしたか?

お墓参りをすることで、ご先祖様に日頃の感謝を述べるとともに、自分自身の今の状況を冷静に垣間見ることが出来るいい機会になることでしょう。

無理がないスケジュールで、是非、家族、親戚、友人と一緒にお墓参りをしてみてください。

きっと仏様も喜ばれるはずです。

スポンサードリンク