事故車を修理を自動車保険で賄う場合の注意点について

自分が事故を起こした時に、車の修理自動車保険を使いますか?

保険料を払っているんだし、もちろん使うという方がほとんどではないでしょうか?

たしかに自分では払いきれない額ならば保険の助けを得なければなりませんが、数万円程度の修理費ならば自分で払った方が断然お得になります。

この記事ではちょっと気をつけて欲しい、自動車保険の使い方について解説します。



自動車保険の等級に注意!

数万円程度の修理費なら保険を使わずに自分で支払った方が結果的にお得になることがあります。

なぜなら、事故車修理に保険を使うと翌年の保険料の等級が下がってしまうからです。

修理費用が少ない場合は、長期的に見ると修理費を自己負担していた場合の方が出費が少なくなります。

これだけでは分かりづらいと思うので例をあげます。

 

 

無意識に使ってしまいがちな自動車保険

Aさんが単独事故を起こし、その修理費が5万円でした。

年間8万円の保険料を払っているので、保険で修理費を賄い、その時は出費が0円で済みました。

ですが、保険の等級が下がってしまい年間の保険料が10万円を超えてしまいました。

 

修理費を(保険を使わず)自分で払っていた場合

仮に修理費を自分で賄っていた場合、修理当時に5万円の出費がありますが、

保険を使っていないので等級は下がらず、逆に等級が上がりました

そのため、年間の保険料が8万円以下になりました。



自動車保険を適用する場合は長期的に判断して!

これらを長期的な目で比較をすると・・・?

修理費を保険で賄っていた方場合、その後4年間で保険料の支払いが40万円以上になりましたが、

自己負担で払っていた場合、4年間で保険の支払いは30万円ほどで済みます。

結果、4年で10万円以上の保険料の差が出てしまい修理費を自分で払っていた方が5万円以上の得をした事になります。

なので、事故を起こした時は、目先のことばかりを考えず長期的な目で見て保険の利用を考えるようにしてください。

 

直近の支払いよりも長期的な出費総額を確認すべし!



自動車保険の担当者に聞くことが大事

  • 保険を使ったら等級はどうなるか?
  • 使わない場合と使う場合、得なのはどちらか?

イマイチ良く分からない場合は遠慮なく自動車保険の担当者に確認するようにしましょう。

何も知らず、安易に『保険を使うことが最善』としてしまうのは考え物です。

 

長期的な出費額が分からない場合は保険担当者に確認を!

 

【価格.com】自動車保険を徹底比較!

スポンサードリンク