小学生の子供のお小遣い!相場はいくら?何歳からあげる?

みなさん、ご自分の子供さんにお小遣いはあげていますか?

子供は友達同士で

「うちは小遣いくれないよ」とか

「うちは○○円もらってる」とか情報交換しています。

ちょっと前ならお金のことを話するのは恥ずかしいことと言われていましたが、今はそんなことはないみたいですよね。

ママ友同士でも

 

子供にお小遣いくらあげる?

 

って話題になりませんか?

イマドキの子供へのお小遣い相場っていくらくらいなんでしょう。

少し考えてみませんか?

スポンサードリンク

お小遣いはいくらあげる?相場は?

他所のおうちはどのくらいお小遣いをあげているか気になりますよね。

ちょっとデータが古いですが2010年の「子どものくらしとお金に関する調査」(金融広報中央委員会)によると、平均として以下の通りです。

  • 小学校低学年  949円(最多回答金額は500円)
  • 小学校中学年  896円(最多回答金額は500円)
  • 小学校高学年 1087円(最多回答金閣は500円)

最も多い回答は500円ですが、当然のことながら学年があがると平均的な金額も上がってきていますよね。

おおよそ1000円前後という家庭が多いようです。

 

定額制?報酬制?

小学生の子供のお小遣い!相場はいくら?何歳からあげる?

よく言われるのが子供お小遣いは毎月一定の額にする定額制か、お手伝いをするたびにあげる報酬制か、ということですよね。

いろいろな意見がありますが、そのご家庭に合わせた形でいいのではないでしょうか。

筆者の子供時代を思い出すと、両親が職人だったため、「月給」というものがありませんでした。

子供でも家業を手伝っていましたので、その都度お小遣いをもらっていました。

よく「報酬制は、お金をあげないと手伝いをしない子になる」といわれますがそんなことはないと思いますよ。

だからこそ自分は「お金のありがたみ」がわかるようになりました。

ですから、ご家庭の事情に合わせたやり方でいいと思います。

 

スポンサードリンク

よそのご家庭と比べられたら?

子供が「○○ちゃんのお小遣いは自分より多い!!」と言い出したら困りますよね。

こんな時は、単に人と比べるのではなく

自分が一ヶ月に何を買いたいのか」ということを話し合ってみるのもいいのではないでしょうか。

お金について親と子供がそれぞれの思いを確認するいい機会でもあります。

そこでお互いに「これは必要?」「これはその都度親が買う」とお互いに納得できればいいのです。

子供でも妥協はしないし、親も甘い顔をせずに、真剣に向き合うのも子供の経済感覚を養うためにも大事です。

 

子供の金銭感覚は家庭から

ともあれ、自分の子供にはしっかりした金銭感覚を身ににつけてほしいですよね。

「お小遣い」はその一歩です。

相場は参考にしつつも「我が家流のお小遣い」をお子さんと一緒に考えてみてください。

スポンサードリンク