七夕の笹はどこで買う?というか竹じゃなくて?

7月7日は七夕です。

キラキラ(?)でデコレーションしたり、短冊に願いごとを書いたりと何かと楽しい夏のイベントですよね。

お子さんが居れば七夕飾りを作って家族で楽しみたいものですが…

そこで困ったことがひとつ。

 

七夕のはどこで用意したら良いのか?

 

正直、七夕の時でなければ使わないものですし、どこで買った良いのか検討も付きませんよね。

この記事では、七夕飾りに必要なの入手方法を紹介します。

スポンサードリンク

方法その1:花屋さんで買う

意外かもしれませんが、花屋さんでは七夕の季節になると笹を取り扱っています。

 

『え~花じゃないけど~~~』

 

という素朴な疑問はココでは無しにしておきましょう。

これが一番手っ取り早い方法です。

ただ、一応シーズン物ですから、予約しておくのが確実です。

 

サイズの小さいものしか無いかも…

ただし、ベランダや玄関先に小さく飾るような小型の笹しか取り扱っていない場合が多いです。

町内や学校の行事・イベントで大型の物が必要な場合は花屋さんでは難しいかもしれません。

 

方法その2:造園屋さんで買う

『小さいのはヤダ~!!みんなでワイワイ飾れる大型の笹が欲しい!』

 

と言う場合は造園屋さん庭師さんたちに手配してもらいましょう。

造園屋さんや庭師さんたちの仕事では竹で柵を作ったり、雪囲いをしたりと何かと竹を使うことが多いです。

なので大型の竹を用意するのは朝飯前なんです。

もしかしたら、大きさの割りに格安譲ってくれるかもしれません。

こちらも、突然買いに行っても無いでしょうから予約しておきましょう。

 

ん?竹?笹?どっち?

七夕の笹はどこで買う?ていうか竹じゃなくて?

へぇ~造園屋さんって竹を良く使うんだぁ~知らなかったなぁ

 

『ん?竹??笹じゃなくて??』

 

その疑問。当然です。

竹と笹はとっても似ていますが、厳密に言うと生物学的に違います。

細かな違いはネットで調べると

 

『成長しても筍(たけのこ)の皮が付いているかのが笹!』

 

という疑問を解決したいのか、更に難しくしたいのか分からない答えが返ってくるので深入りすることはオススメしません(笑)

なので、

 

大きいのが

小さいのが笹 

 

と区別して間違いないと思います。

それくらいのどうでもいい些細な差です。

ちなみに、パンダは笹も竹も食べます。

スポンサードリンク

方法その3:イミテーションを使う

う~ん、花屋さんにしても造園屋さんにしても何だか面倒だなぁ

って方はイミテーションを使うのはどうでしょうか?

ビニールなどで作られている、ようするに造花です。

ちょっと雰囲気は劣ってしまいますがホームセンターなどで手軽に手に入れることができます。

 

当然ですが、劣化しません

ホンモノの笹や竹はナマモノですから、葉っぱが萎れたり、色が悪くなったりします。

意外に青々しい状態は短く、長続きしないんです。

それに比べてイミテーションならば劣化しませんし、ちゃんと保管すれば来年以降も使えることでしょう。

まとめ

七夕飾りに使う笹(竹)を手に入れられるのは?

  1. 花屋さん(小型のもの・笹)
  2. 造園屋さん庭師さん(大型のもの・竹)
  3. ホームセンター(イミテーション・造花)

いずれもシーズン物なので事前に確認、予約しておくのが確実です!

楽しくロマンチックな七夕、是非みんなで楽しんでくださいm(_ _)m

スポンサードリンク