パラオへのおすすめ航空券

このサイトのキャッチコピーは「非日常があるから日常がある」ですが・・・非日常の最たるものはズバリ、海外旅行でしょう。

世界の秘境に行ってみようシリーズ。その第二弾は海と大自然の楽園、パラオへの行き方です。

パラオへは数は少ないですが直行便が運行されているのと、グアムで乗り継ぐことで日本のどこからでも比較的簡単に旅行することができます。

この記事ではおすすめのパラオ行き直行便乗り継ぎ便について紹介します。

 

スポンサードリンク

パラオってどんな国?

パラオは太平洋に浮かぶ小さな小さな島国です。

透き通った美しい海が魅力の奇跡の楽園と言われていて、世界屈指のダイビングスポットのひとつです!

また、旧日本軍の統治下にあったため、高齢者の方は日本語も話せる親日国ということでも知られています。

パラオへの航空便は非常に本数が少ない割りには大人気の路線となっています。

 

人気の高いデルタ航空便、直行便の運行空港と曜日は?

パラオへの直行便を定期運行しているのは現在のところデルタ航空の1社だけ

しかも発着しているのは成田空港だけです。

 

成田発パラオ行き直行便の運行スケジュール

往路直行便の運航曜日火曜日、土曜日

復路直行便の運航曜日水曜日、日曜日

所要フライト時間4時間45分

往路(東京成田NTR⇒パラオコロールROR)20:20発  翌25:05着

復路(パラオコロールROR⇒東京成田NTR)4:35発  9:10着

(復路便を運行日以外にした場合、ユナイテッド航空デルタ航空乗り継ぎ便になります)

とにかく数少ない直行便ということで人気が高く、3~4ヶ月先でも満席だったり残り数枚ということがほとんどです。

パラオ行き直行便というだけあって魅力なのは4時間45分と言う所要時間!

まぁしかし…往路、復路ともに運行曜日がド平日orz

事実上、長期の予定が建てやすい、日程を調整しやすい人向けの航空券といえます。

 

航空券検索はExpediaを使っています。


航空券検索にはパラオの空港コード(ROR)を入力すると早くていいですよ。

パラオへは乗り継ぎで行った方が簡単かも?

パラオ行きの乗り継ぎ便は比較的簡単に抑えることができます。

乗り継ぎはグアム空港で行うので、グアム行きの航空便が就航している日本国内の空港であればどこからでもパラオに行くことができます。

気になるフライト時間も8時間~9時間とまぁまぁ実用の範囲内。

今回は成田国際空港と関西国際空港から行くふたつの例を紹介します。

 

東京(成田空港)から行く場合

ユナイテッド航空 グアム空港(GUM)経由 パラオ国際空港(ROR)行き

成田国際空国 発 パラオ 行き航空券

現在のところ、東京から直通便以外でパラオに行くにはユナイテッド航空の路線のみ。

往路:11:00発 ⇒ 20:15着 所要時間9時間15分

復路:1:45発 ⇒ 9:40着 所要時間7時間55分。

価格:10万円~

このユナイテッド航空便は往路、復路共に1日1本の運行なので旅程に合わせて航空便を選ぶことはできません。乗り継ぎグアム国際空港3時間20分

めちゃくちゃ長い乗り継ぎ時間では無いにしろ、時間を潰すための何かしらの方法を考えていった方が得策でしょう。

 

スポンサードリンク

関西から行く場合

ユナイテッド航空 グアム空港(GUM) 経由 パラオ国際空港(ROR)行き

関西空港 発 パラオ 行き航空券

先ほどの東京方面同様、関西空港からパラオに行く方法はユナイテッド航空の路線のみ。

往路:11:05発 ⇒ 20:15着 所要時間9時間10分

復路:1:45発 ⇒ 10:15着 所要時間7時間55分。

価格:10万円~

このユナイテッド航空便は往路、復路共に1日1本の運行なので旅程に合わせて航空便を選ぶことはできません。乗り継ぎグアム国際空港で往路3時間40分、復路2時間25分

往路のグアム⇒パラオのユナイテッド航空157便、往路のパラオ⇒グアムのユナイテッド航空158便は東京から行く場合と同じ便となっています。

これは東京、大阪以外からパラオに行く場合も同じで、結局はグアム国際空港乗り継ぎの末、パラオを目指すことになります。

パラオツアーも開催日指定が多い

デルタ航空が運行する直行便が曜日指定なため、旅行会社が催行するパラオツアーも出発曜日が指定されている場合が多いようです。

よくある旅程は

土曜日出発 ⇒ 水曜日帰国の5日間

火曜日出発 ⇒ 日曜日帰国の6日間

の2つ。

↓国内大手のHISのパラオツアーはこちら↓

日程の融通は利きにくいものの、直行便で14万円~であれば航空券を自分で手配して行くよりもお得感を感じますね。

どうでしたか?前回紹介したモルディブよりも航空券の選択肢が少ないので若干難易度が高めですが、海と大自然の楽園、パラオへの行き方でした。

スポンサードリンク