七夕の由来と織姫・彦星の労働条件と遠距離恋愛が過酷過ぎて社蓄もビックリな件について

7月7日といえば『七夕』です。

皆さんは七夕と聞いて何を思い浮かべますか?

 

  • 七夕まつりの屋台で買い食い!
  • 短冊に書いた願いが叶って最高!
  • 何かキラキラしてて楽しい!
  • デートコースに最適!
  • 夏だなぁって感じる瞬間

 

などなど、七夕といえば夏の訪れを告げる楽しい楽しいイベントだって人が多いんじゃないでしょうか?

でも、私達が七夕で浮かれている間、主役である『織姫』と『彦星』にはトンでもない現実が突きつけられているってご存知ですか?

この記事ではちょっと生なましい七夕の由来についてご紹介します。

スポンサードリンク

怠け者だった二人

社蓄もビックリな七夕の由来!織姫・彦星の労働条件と遠距離恋愛が過酷な件について

皆さんは七夕物語を

 

愛し合っていた二人が、悪の手によって引き裂かれてしまった

 

などという切ないラブロマンスだと思っていませんか?

本当のところは全然違って、

 

怠けてしまった二人を罰として引き離す

 

という話なんですよ。

ざっくりとしたあらすじは

昔々、天の川のそばに天の神様が住んでいた。

天の神様には1人の娘がいました(織姫)。

織姫は機を織って、神様達の着物を作っていました。

織姫はやがて年頃になり、天の神様は御婿さんを探しました。

天の川で牛を飼っている立派な若者(彦星)が目に適いました。

美男・美女のお似合いのカップルになりました

二人は結婚しました。

二人はとってもとっても仲良く夢のような毎日を送りました

しかし、楽し過ぎて仕事をしなくなってしまいました。

織姫が着物を作らず、皆の服はみなボロボロに…

彦星が牛の世話をしないので牛が病気に…

神様達は怒り、二人を引き裂くことにしました。

織姫と彦星は天の川の東西に別れて暮らすことになりました。

織姫と彦星はひどく落ち込み、あまりにも可哀想です。

神様は『年に1度だけ7月7日の夜だけ逢っても良い』とルールを決めました。

二人は年に一度の逢える日だけを楽しみにして一生懸命働くようになりました。

 

こんな感じですorz

なんだ、自業自得じゃないか!

とか

神様達は仕事してねーのか!!

とかいろいろ言いたいですが、世の中とはそんなものです…

しかし、年に一度の逢える日だけを楽しみに毎日毎日休まず働いているとは

私なら3ヶ月ほどで織姫を諦めてしまいそうですorz

 

織姫と彦星の労働条件には日本の社蓄もビックリ!

スポンサードリンク

絶望的な二人の距離

社蓄もビックリな七夕の由来と現実

皆さん、『夏の大三角』って知ってますか?

夏の夜空を代表する3つの一等星(特に明るい星)

 

  • アルタイル(彦星)
  • ベガ(織姫)
  • デネブ

 

が描く大きな大きな三角形です。

実は、この『夏の大三角』こそが七夕の舞台だって知っていましたか?

アルタイル彦星)とベガ織姫)は『天の川』に架かる橋、デネブで年に一度の七夕の日だけデートすることができるんです。

(地球から『夏の大三角』を見上げると、確かにアルタイルとベガが『天の川』に隔てられているように見えます。

しかし、どんなに離れていようとも、人の愛に距離なんて関係ないんです。

関係ない・・・のか?

 

光の速さでも・・・・

二人の距離恋愛は日本国内の遠距離恋愛や世界を股に掛ける大恋愛程度のものではありません。

アルタイル(彦星)とベガ(織姫)の距離は

 

約15光年離れています。

また、二人が待ち合わせをするはずのデネブはアルタイル、ベガから

1780光年ほど離れています。

 

『君が逢いたいと言ってくれれば、僕は光の速さで逢いに行くよ』

とカッコよく決めたところで1800年近く掛かります。

(なぜわざわざ遠いところで待ち合わせするのかは置いておいて)

しかも、

 

雨だと逢えないんです。

 

こんな切ない遠距離恋愛をずっと続けている織姫と彦星の事を思うと…

涙無しでは語れませんねorz

 

光の速さで移動しても逢うのに約1800年掛かる

離れ過ぎていて実はまだ1回も逢えていないんじゃないか?

行くだけ行っても雨だったら逢えない件

移動ばかりで『仕事してない』と言われそうな件

 

どうでしたか?

織姫と彦星の絶望的な状況を分かっていただけたでしょうか?

休みが無かったり、逢いにいけるような距離じゃなかったり散々です…

 

でも、彼らは神々の世界に生きています。

 

もしかしたら光の数千倍ものスピードで移動できるのかもしれないし

神々にとっての365日は人間で言う1週間程度の時間なのかもしれないし

せめて『1ケ月に1回逢える』くらいの感覚だと良いですね~

スポンサードリンク