目黒川の桜!今年のお花見の時期はいつ?場所取りや宴会はできる?イベント情報も紹介

今年も楽しい楽しいお花見の季節がやってきました。

東京には上野公園代々木公園など名立たる桜の名所がありますが、某旅行助言サイトではお花見の名所1位に輝くなど目黒川桜並木は東京都きっての桜の名所といえます。

この記事では今年も大注目の目黒川のお花見情報を紹介していきます!

スポンサードリンク

ココがスゴイ!目黒川の桜並木

目黒川は江戸時代には『こりとり川』と呼ばれていて、目黒不動尊に詣でるときに身を清めるために使われていた有り難い川です。

そんな目黒川の桜がスゴイところは、圧倒的な本数と並木の長さ!目黒川に沿って約800本ものソメイヨシノが約4kmに渡って咲き誇ります

個性的な橋が多く掛かっていることでも有名な目黒川は橋から(特に中の橋)から見る桜並木が、目黒川に掛かるアーチの様に見えるので絶好のビューポイントとなっています。

今年の開花・満開予想は?

都市開花満開
福岡3/193/29
大阪3/234/2
名古屋3/203/31
東京3/213/29
新潟4/44/14
仙台4/54/10
札幌4/305/4

お花見期間中のイベントは?

猫

中目黒桜まつり2017

中目黒といえば某EXILE系の事務所があることで有名。所属のキッズダンサーによるダンスパフォーマンスなんかもあるようです。よさこい、和太鼓、大道芸など多くのパフォーマンスが楽しめます。

開催期間:4月上旬(10日間ほど)

詳しくは⇒中目黒駅前商店街

猫

目黒イーストエリア桜まつり

ゴスペル・ダンス(オールジャンル)・ポップス・大道芸など、こちらも多くのパフォーマンスを楽しむことが出来ます。

開催期間:4月上旬(例年・第1土曜~日曜)

詳しくは⇒目黒イーストエリア桜まつり

目黒川お花見クルーズがおすすめ!

普段から目黒川のクルーズ船は運航しているんですが、目黒川のお花見クルーズの特別感は別格です!乗り合いのクルーズ船ではありますが、団体客から個人客まで誰でも1名から乗船することができます。

運行期間は3月下旬~4月上旬の約2週間。

運行本数は曜日、開花状況によりますが3~6便/日で夜桜便(約60分間)がメイン!これがかなりの人気で、3月中旬には満席になる便が出てくるほどです。

料金大人3,600円 子供2,600円(早割りあり!)となかなかリーズナブル。

目黒川の桜並木だけでなく、通称くじら水門こと目黒川水門を超える瞬間も見逃せません。

注意点としては、クルーズの発着場が目黒区ではなく隅田川河口の品川区・天王洲アイルであること!詳しくは目黒川お花見クルーズでチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

おすすめのビューポイント・散策コースは?

  • 天神橋~鳳来橋間

鳳来橋(中目黒駅近く)と天神橋の間にある桜は、ぼんぼりによってライトアップされます!

開催期間:3月24日~4月9日

ぼんぼりが無いところでも高層ビルに照らし出される桜もなかなか味がありますよ!

  • 中の橋

大変混雑する橋ではありますが、雑誌やTV番組の特集やドラマロケでも撮影される目黒川屈指のビューポイントです。

  • 桜橋

橋の名前どおり、桜を撮影するならここ。天神橋と鳳来橋の間に位置し、ちょうどライトアップ区間なので夜桜撮影にも最高のロケーションです。

ただ、撮影している人が多いので躓いたり、ぶつかったりするので足元には十分注意してください。

  • 中目黒公園『さくらのテラス』

桜並木のちょうど中央あたり、中目黒駅と目黒駅の中間にある中目黒公園には『さくらのテラス』と呼ばれる展望スポットがあります。

まさに目黒川の桜を見渡すことができる絶景です。

  • 目黒駅⇒中目黒駅方面コース

電車で来て、電車で帰る人にオススメのコース。

目黒川を上流に向かって歩いて行くと、ちょうど中目黒駅手前くらいから川幅が一気に狭くなって、両側の桜同士の距離がぐっと縮まってきます。

そうなるとそこは桜のアーチ!目黒川を包むように咲き誇る桜は、まさに日本の風情溢れる情景です。

【関連】穴場!東京の桜・お花見スポット!ゆっくり見たい・人ごみが嫌いなら?

【関連】【東京】カップルでお花見デート!おすすめのスポット6選!

宴会・場所取りはできるの?

目黒川の桜!お花見の時期はいつ?場所取りや宴会はできる?イベント情報も紹介

残念ながら目黒川沿いで敷物を敷いての宴会は禁止されています。

大変人通りも多く、道も細いためそもそも宴会ができるスペースがありません。また、桜の時期に合わせて仮設トイレや臨時駐車場が設けられるわけではありませんので注意が必要です。

『どうしても宴会がしたい!』と言う方は桜を見てから目黒川沿いのお店で飲むのが良いでしょう。

ただ、皆考えることは一緒です。

桜を見た見物客の大勢が中目黒川沿いのお店に雪崩れ込むので、当日予約をしておかないとまず入れません。場所取りの代わりにお店を押さえることを忘れないようにしてくださいね。

スポンサードリンク