”意外”におすすめ?ジューンブライドの由来・意味は?

6月の結婚といえばジューンブライド

この月に結婚する友達や知り合いが居ると

「あ!ジューンブライドで幸せになれるね!おめでとう!」

と祝福してあげるわけですが、実際のところ何故ジューンブライドが縁起が良いのかよく分からないって人がほとんどではないでしょうか?

花嫁が幸せになれる(旦那さんも忘れないで笑)ジューンブライドですが、この記事では知っていそうでよく知らないジューンブライドについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ジューンブライドの意味・由来

”意外”におすすめ?ジューンブライドの由来・意味は?

みなさん、ギリシャ神話って知っていますか?

話のあらすじは知らないかもしれませんが、耳にしたことはありますよね?

全知全能の神ゼウスとその妻ヘラ、その愉快な仲間達が繰り広げる愛と嫉妬と憎しみのスペクタクル超大作です。

(案外嘘では無いんですよ、愛と嫉妬と憎しみの物語)

このギリシャ神話はとても古いためヨーロッパ各地の伝説、神話に多大な影響を与えています。

ローマ神話もそのひとつで、主神ユーピテルとその妻であり最高位の女神ユーノーはギリシャ神話におけるゼウスヘラであるとされています。

何を隠そう、女神ユーノーの綴りが

JUNO

なんです。

6月の英語はJUNEですが、これは女神ユーノー(JUNO)を祀る月であることから来ており、ヨーロッパでは昔から6月に結婚すると花嫁は女神ユーノーに祝福されて幸せになれると信じられてきました。

これがジューンブライドの起源です。

 

ユーノーは地母神でもある

”意外”におすすめ?ジューンブライドの由来・意味は?

ジューンブライドの由来となった女神ユーノー(ヘーラー)は地母神でもあります。

じぼしん?なんぞそれ?

ようするに大地の母です。

豊作、豊穣、多産をもたらす神とされ、農業を営んできた古代ヨーロッパ人にとってはなんとも有り難い神様

ユーノーが6月に祀られたことには諸説ありますが

『3~5月の農繁期を終えた後に豊作を祈念するのが6月であったから』

とするのが有力です。戦の絶えない古代ヨーロッパでは食料の確保は国の存続に直結します。

なのでこの農繁期に農作業もせず結婚しようものなら『非常識!この忙しい時に!非国民!売国奴!!』と大ひんしゅくを買い、事実上3~5月の農繁期の結婚は許されていませんでした。

そうなるとどうなるか?

3~5月に結婚できなかった男女が6月を迎えると一斉に結婚しました。

6月の結婚はへーラーを祀る豊作祈願と重なりますから、他の月の結婚と比べてより盛大に皆から祝ってもらえたとされています。

このことが6月に結婚すると幸せになれるジューンブライド』の由来のひとつともされています。

スポンサードリンク

日本ではどうだろう?

日本でも人気?ジューンブライドの由来・意味は?

ジューンブライドって結婚におけるステータスみたいな響ですよね?

式場探しで見学会に行ったら

『6月は人気ですよ!ジューンブライドですから早くしないと埋まってしまいますよ!

なんてウェディングプランナーに煽られたことがある人もいるはず。

でも、これ真っ赤な嘘

月別での挙式数の統計を取ると、6月の結婚式ってむしろ少ないんですよ。

なんたって日本は梅雨

折角の結婚式に雨に降られたくは無いですから、6月を避けるカップルが多いようです。

(ちなみに1番多いのが11月、次いで3月、7月、5月、4月と続き6月は9番目です

残念ながら、ジューンブライドは需要が落ちている6月に結婚式を多くしようとウェディング業界が担ぎ上げた苦肉の策といえるでしょう。

(ハロウィンを担ぎ上げたおもちゃ業界、恵方巻きを担ぎ上げたコンビニ業界みたいな感じです。)

なんだか日本では名前負けしている感のあるジューンブライドですが

 

もちろん日本でのジューンブライドにもメリットがあります

 

 

トップシーズンより費用が安いかも!

ジューンブライドのネームバリューに反して挙式のトップシーズンは3~5月と9~12月です。

となると当然トップシーズンより費用が安くなることが期待できます。

意外かもしれませんが、6月はやはり梅雨の時期ということで若干落ち込みます。

(梅雨入り前と予想される6月1週目は人気が高いです)

 

結婚式の雨は縁起が良いんです

今までヨーロッパのことばかり話してきましたが、我々は日本人です。

日本では古来から結婚式の途中に雨が降ると、むしろ縁起が良いと言われています。

この雨には

『軟な地面を固め、2人がしっかりと歩いて行けるようになる』

という何とも粋な意味が込められています。

 

祝福の雨

雨が降っているのは天が2人を祝福して嬉し泣きしているからです。

結婚式の演出でフラワーシャワーってありますよね?

あれはまさに祝福の雨を表しています。

(余談ですが、6月より7月や9月の方が統計上は雨が多いです。)

 

雨が降るかなんて分からない

雨は素晴らしいみたいなことを書いて来ましたが…

『いやぁ…縁起が良いことは分かったけど、それでもやっぱり雨は降って欲しくない!』

というのが本音かもしれませんね。

でも良く考えてください。

正直言って、結婚式当日に雨が降るかなんて当日にならないと分かりません

雨の少ない11月でも降っちゃう人は降ります。

それに、統計上でも6月の降水量が一番多いわけじゃありません(一番多いのは7月、6月は2番か3番)し、地域によっては梅雨入り前かもしれません。

雨が降ると決まったわけではありませんよ!

 

結婚式からすぐ新婚旅行なら6月が良い!

日本は梅雨かもしれませんが、ヨーロッパ、ハワイは観光のベストシーズンです。

オーストラリアは冬ですがケアンズなどは年中温暖で観光しやすい時期です。

結婚式からすぐに新婚旅行にいくのであれば6月はむしろ狙い目かもしれません!

(結婚式を念頭に月を選ぶ人は多くても、旅行のベストシーズンを念頭に月を選ぶ人は意外にいません)

 

結局は2人の想いが大切

ジューンブライドに関していろいろと紹介してきました。

ジューンブライドという言葉は昔から良く聞く言葉ですし、ハロウィンのように『そんなの昔無かったよ』というものではありません。

ブライダル業界の戦略とはいえ、由来にも歴史的な背景があり結婚には縁起の良い月であることに違いありません

結婚は2人の想いが一番大切です。

2人がこの素敵なジューンブライドにあやかって結婚するのであれば尊重して心から祝ってあげたいですね!

 

スポンサードリンク