床・フローリングに生えたカビの取り方と予防方法

床にカビが生えてる??

冬から梅雨に掛けて環境の変化も激しくなり、なにかと湿気が籠もりやすくなっていきます。

いや~なカビの季節がやってきますが、特に嫌なのがフローリングに生えるカビ

女性

  • フローリングに敷いてた布団をめくるとカビが生えてた!
  • カーペットをめくるとカビが生えてた!
  • 結露が酷くて床も湿ってカビが生えてた!

こういったケースって多いですよね。

でも、床に生えたカビって一生懸命取ろうとするけど、なかなか頑固で取れにくい

見た目にも嫌なので何とか取りたいけど下手に薬品を使うとフローリングに悪そう…

何とか綺麗に取る方法はないものでしょうか?そして、予防方法は無いものでしょうか?

この記事では生えて嫌なフローリングのカビについて取り方と予防方法を紹介します。

スポンサードリンク

カビってそもそも何?

『敵を知り、己を知れば百戦危うからず。』

と昔の偉人は言ったものです。まずはカビについて知っておきましょう。一言にカビと言っても実は沢山の種類があります。

フローリングに生えるカビ、食べ物に生えるカビ、実は鉄の塊である精密機械にもカビは生えます。

フローリングに生えるカビは湿気が大好き

今回撃退しようとしているフローリングのカビは好湿性のカビです。

湿度75%、温度20℃を超えると活発に繁殖しはじめて、何でも食べます

  • 食べカス
  • プラスチック
  • 切った爪
  • 髪の毛
  • 洋服
  • フローリング

ありとあらゆるものを食べまくります…

そして、食べ物だけでなく、湿気も至る所から発生します。

  • 布団の寝汗
  • 石油ファンヒーター
  • 観葉植物
  • 食事の湯気
  • 結露

もうカビの大好物ばかり。

布団からは寝汗、カーペットからは食べカス、湿気が下へと浸透していき、ヌクヌクと温められて…フローリングとの間にカビが増殖しやすいパラダイスができてしまいます。

フローリングに生えたカビ、どうやって取れば良い?

こうやってヌクヌクと育った憎たらしいカビ。一刻も早く根絶やしにしてやりたいものです。

ハイターか?掃除機か?高圧洗浄機か!?

いやいやいや

 

まずは拭き取りましょう。

 

これ、重要な事です。

掃除機の排気でカビが部屋中に!

フローリングに生えたカビは間違えても掃除機で吸おうとしないでください。

触るのが気持ち悪いのも分かりますが、下手に掃除機で吸うと、カビを含んだ排気が部屋中に充満することになります。カビの胞子を撒き散らすことになりますので絶対にやめましょう。

カビアレルギーなどのアレルギー疾患の原因になります!

サイクロン式や精密フィルタ搭載の高価な掃除機ならば心配ありませんけど…

アルコールで拭くのが効果的

とりあえず、掃除機で吸ってしまいたいのはグッと我慢して、まずはアルコールで拭きましょう

某カ○キラーなどの除去剤を使いたくなるのも分かりますが、あれはキッチンやお風呂用ですよね?

フローリングにカビ除去スプレーなど強力なものを使ってしまうと脱色してしまうことがあります。カビは取れても部分的に白くなっていつまでも跡が残ってしまいます。

なので、フローリングに生えたカビを拭き取るにはアルコールを使うのが一番です。殺菌作用もありますし、フローリングを脱色させにくいメリットがあります。

準備・用意するもの

  • 無水エタノール(アルコール)
  • ゴム手袋
  • 綺麗な雑巾
  • マスク
  • 窓を開ける

消毒用アルコールでもOKです。薬局やホームセンターに売っていますので比較的簡単に手に入ると思います。

カビを触りますから、マスク着用、部屋の換気を忘れないようにしてください。

カビの拭き取り取り手順

  1. アルコールと水を8:1の割合で薄める。
  2. 目立たないところで使用し、脱色が無いか確認する。
  3. 雑巾にカビの色が写らなくなるまで拭き取る。

アルコールを使っていてもフローリングの脱色には気をつけてください。

フローリングの端の目立たない所でテストしてから拭き取ると確実です。

頑固なフローリングのカビ

残念ながら

え?拭いても取れないんだけど!!?

と言う方が多いと思います…

実は、一度生えてしまったフローリングのカビを完全に撃退するのは難しいのです…

その理由は2つ。

理由①ワックスの下にまでカビが浸透している

カビの発生に気付くのが遅いと(半年以上)ワックスの下にまでカビが根を下ろすことがあります。

この状態のカビを取るには、ワックスを綺麗にとって再度拭き取る必要があります。

しかも、そこまでしてもたぶん取れません

理由②床板合板の中にまで浸透している

ワックスの下に根を下ろすのと同様、表面のフローリングだけでなく板を貼りあわせている板にまでカビが侵入してしまいます。

表面だけ拭き取っても無駄なので、強力な漂白剤を使うしかありません。

床まで脱色してしまいますし、カビは死んでも死骸までは取れません

プロですら『完全除去』は難しい

こうなってくると素人では難しいレベルなのでプロに頼むのが良いのですが…そのプロですら『やってみないと分からない』ということがほとんどです。

 

フローリングに生えたカビを取るのは難しい!

 

床にカビが生える=既に手遅れとなってしまうことが多いんですね…

フローリングのカビは泣き寝入りするしかないの?

フローリングにカビが生えた!取り方は?予防方法は無いの?

プロはこんな時どうするかと言うと、とりあえずカビを殺菌して、床を張り替えるか、強力な防カビ、高耐久なフロアコーティングをしてしまいます。

死骸までは取れませんがピッカピカになって見た目は完全に分からなくなります

地元の工務店で見てもらうのも良いですが、田舎ではほぼ殿様商売なので足元を見られてしまいます…

やはりネットで無料見積もりを取って、適正価格の業者に頼む方がクオリティも価格も満足いくものになるでしょう。

全国47都道府県のフロアコーティング無料見積り

スポンサードリンク

ガックシ…カビの再発を防ぐには?

ぐぬぬぬ…

素人ではほとんどが手遅れ…プロでもなかなか取り切れないフローリングのカビにガックシしてしまいますが、こんなことは二度とごめんですよね?

一番良いのは二度とカビを生やさないようにすることです!!

いくらカビの取り方を研究してマスターしても、根本原因を取り除かなければ何度でもカビが生えてしまいます。

これから紹介するカビ防止方法を活用してカビの心配がないようにしましょう!

フローリングに直接布団を敷かない

人は寝ている時にコップ1杯から1.5杯ほどの汗をかきます。

この汗が布団を浸みて行き、フローリングに到達してカビの温床となってしまいます。

手軽なのは布団の下にバスタオル

手軽に出来るカビの防止方法としては布団とフローリングの間にバスタオルを敷くことです。

よく新聞紙を敷くと良い!と紹介されている場合がありますが新聞紙のインクが布団に写ることもあるのであまりオススメできません。

バスタオルであれば定期的に洗濯できますし、吸水性も新聞紙とは比べ物になりません。

 

『え?やってるんだけど・・・』

 

それどころかスノコを敷いてるのにカビが生えたという方は除湿マットを敷くと効果抜群ですよ。

(部屋や家の構造によっては湿気過多になっている場合がありますからね)

ただし、布団はちゃんと畳む、定期的に干すようにしてください!

万年床にしていると今度は布団にカビが生えますよ!!

布団にカビが生えてしまったら?

フローリングにカビが生えてしまったということは、既に布団にもカビが生えてしまっているかもしれません…

カビの生えた布団で寝ると、当然に咳やアレルギー・アトピーの原因になってしまったりするので危険です。

でも布団を買い替えるってなかなかできませんから、プロに丸洗いクリーニングしてもらうのが現実的だと思います。

布団クリーニングって値段はどれくらいなの?

布団ってめったに洗わないので、値段の相場やどこに頼めば良いかを知っている人は少ないでしょう。

布団の丸洗いは大きく分けて

  • 近所のランドリーに依頼する
  • 全国配送のランドリーに依頼する

の2パターンになります。

コインランドリーなら格安で洗えますが、やっぱり洗濯・乾燥のクオリティがイマイチなので今回は除外します。

布団クリーニングは1枚につき5,000円~7,000円が相場です。

3枚以上ならネット受付の全国配送ランドリーがオトク

1枚~2枚だと近所のランドリーに依頼すれば安いですが、3枚以上になると値段がガクンと下がるのが全国配送のネット受付をやってるランドリーです。

だいたい3枚で10,000円、送料込み(1枚当たり3,333円)が相場なので送料を含めても断然ネットの方が安いです。

もし布団にもカビが生えてしまったのであれば他の布団と合わせて検討してみてはどうでしょう。

全国送料無料!布団の全国宅配クリーニング「ふとんLenet」

カーペットのカビ対策

床に敷かれたカーペットはカビだけでなくダニ繁殖の温床にもなります。

カーペットの場合は布団のようにバスタオルを敷くわけにいかないので、小まめに掃除をすることが一番です。床を掃除するときには防カビ成分のあるワックス、スプレーを吹き掛けると効果的です。

あとは布団と同じく定期的に干すようにしましょう。

丸洗いできるカーペットを選ぶことも大切です。

結露対策

結露が多過ぎて床までベッショリ・・・・

もしかして、ファンヒーターと加湿器を同時に使っていませんか?

灯油って燃えると二酸化炭素と水排出するんですよ!ということは、ファンヒーターは燃えながら湿気を出しているんです。なのでファンヒーターを使っている部屋は結露がひどくなります。

そこに乾燥は嫌だと思って加湿器まで使ってしまうと結露効果は倍増!

結露でできた水溜りを放っておくとカビどころの騒ぎではなく床を張り替えるしかなくなってしまいます。湿度をしっかりと把握し、必要に応じてエアコンに切り替える。除湿機を使うなどの工夫が必要です。

まとめ

フローリングにカビが生えた時の取り方&予防方法は?

健康的な女性

  • フローリングのカビはアルコールで拭く!
  • 基本的には完全に取れない
  • そもそもカビが生えないような環境を作る!
  • 布団を直に敷かない
  • 小まめに掃除する
  • 布団・カーペットは定期的に干す!
  • 防カビワックス、スプレーを使う
  • ファンヒーターと加湿器は同時に使わない

カビって胞子を飛ばしますから本当に不衛生です。

アレルギーの原因にもなりますからしっかりとケアしたいですね!普段から気をつける、綺麗にすることが一番ですよ!

スポンサードリンク