洗濯物が乾かない!部屋干しでも臭わない方法を伝授!

 梅雨の洗濯物ってなかなか乾かないですよね…

なんか雨ばっかり降るし、天気の良い日は巡ってこない!

ただでさえ気持ちが沈みがちな梅雨時期なのに、ふと着ている服から生乾きの嫌なニオイまでしてきた日にはテンションもダダ下がり。

何もしたくなくなってしまいます。

梅雨に洗濯物を臭わず干す良い方法は何か無いんでしょうか?

今回はそんな画期的な方法をまとめてみました!

スポンサードリンク

洗濯物を溜め込まないようにしましょう

洗濯物って大変ですよね。

旦那や家族が手伝ってくれるならば少しくらい楽になりますが…

それでついつい洗濯物を溜め込んでしまうことが多くなりますが、これでは洗濯物が乾きにくい状態になりやすいです。

洗濯物が乾くということは水分を蒸発させるということ。

一度に干す量が増えてしまうと、それだけ多くの水分を大気中に放出しなければいけません。

洗濯をこまめにすることで洗濯1回当たり干す量を少なくし、乾かす水分量を少なくしてやりましょう。

よくテレビ番組で、

『冬の湿度を上げるためにはバスタオルを一枚干す』

とか言ってますよね?

あれと同じ原理で、干す量が多いと湿度が上がってしまい尚更洗濯物が乾かなくなります。

猫

  • 洗濯物は溜め込まない
  • 小まめに洗濯して乾かす水分量を少なく!
  • 天気の良い日を待つより、小まめに洗う!

干す間隔を広くとりましょう

部屋干しで洗濯物を乾かす時洗濯物同士の間隔をできるだけ広くとってあげましょう。

洗濯物を効率よく乾燥させるには空気の流れが必要です。

あまりに間隔が狭いと空気が滞留し、せっかく蒸発した水分がいつまでも洗濯物の付近でジメジメ滞ってしまします。

無風の日よりも少しくらい風が吹いている日の方が洗濯物が乾きやすいのはこのためです。

最低でも洗濯物同士を各10cmは離してあげたいところですが、問題なのはスペース。

しかし、先ほどの『小まめに洗濯をする』を実践できればそれも可能になってくると思います。

サーキュレーター・扇風機を併用するとなおよし

部屋干しでも外で干しているような状態を再現してやることができます。

サーキュレーターや扇風機を洗濯物に向けて当ててやることで効率的に洗濯物を乾かすことができます。

扇風機 サーキュレーターで梅雨の洗濯物を乾かす

くれぐれも洗濯物の正面から干すのではなくて、干した隙間に風を通すようにしてあげてくださいね!

換気扇・除湿機を併用し部屋の湿度を下げましょう

風を当ててやると洗濯物が乾きやすいのは確かですが、その水分を効果的に部屋の外に排出してやると更に効果的です。

部屋に換気扇などの排気装置があれば是非活用しましょう。

もし、換気扇の無い部屋であれば除湿機を使ってもOKです。

除湿機は洗濯物を干したことで蒸発した水分を取ってくれますから効果もバツグンです。

【2016.04追記】ハイブリッド式除湿器が最強です

いろいろ小手先のテクニックで洗濯物を乾かしていた我が家ですが、ついに奮発して除湿器を購入しました!

オールシーズンで強力な除湿力を発揮するハイブリッド式除湿器!スゴイ除湿パワーで、乾かない洗濯物に悩んでいたのが馬鹿らしくなってしまいました…苦笑

ビックリするほどすぐ乾くので生乾きの嫌な臭いも出ません

マンションで冬場の湿気もすごかったですが、結露対策にもバッチリなので納得のアイテムでした。

お風呂場って意外に乾きますよ

部屋に換気扇があると言えば・・・お風呂場です。

普段お風呂を入れたりシャワーを浴びたり、直感的にはなんか湿っているイメージがありませんか?

でも、使ってないときのお風呂ってカラっと乾燥してますよね?

お風呂は水捌けがよく、湿気を外に逃がす構造になっています。(湿気が籠もるとすぐに基礎から腐ってしまいますからね)

換気扇も必ずと言って良いほど付いているはずですからお風呂に入っていない時間帯ならお風呂に干すことをオススメします!

三次元的に干しましょう

洗濯物の間隔を取った方が良いのは横方向だけではありません。

高さにもメリハリをつけて風の通り道を作ってあげましょう。

ダメな例

梅雨の洗濯物が乾かない時はこの方法!部屋干しでも臭わず乾きます!

これでは風の通り道が一箇所しかありませんが…

良い例

梅雨の洗濯物が乾かない時はこの方法!部屋干しでも臭わず乾きます!

これなら同じ洗濯物の数でも高さ方向にメリハリ・凹凸があり風の通り道が2箇所あります。

靴下や下着など背丈の低いものを洋服・タオルなどの背丈の高いものの間に上手に挟んであげましょう。

スポンサードリンク

気になる匂いを防ぐには?

梅雨の洗濯物が乾き難いのもそうですが、気になるのは生乾きの嫌なニオイ…

特徴的なニオイでしかもなかなかキツイですよね。

服を着てふとした瞬間に臭われるとテンションもガタ落ち…でも、ちゃんと生乾きのニオイを防ぐ方法もありますよ!

洗濯槽の中はバイ菌が繁殖しますよ!

ただでさえカビやバイ菌が気になる梅雨の季節。生乾きの嫌なニオイも、奴らの仕業です。

奴らはジメジメした場所が大好きで、綺麗なはずの洗濯槽も例外ではありません。

洗濯物を干していると、黒いカス黒いチリチリみたいなゴミが大量に付着していることはありませんか?

あれは洗濯槽にこびり付いた汚れ、カビが剥がれて洗濯物に付着したものです。

考えただけでゾッとしますよね…

カビの繁殖した洗濯槽だと、せっかく洗濯しても綺麗にしたのかカビ・雑菌を付けたのか分からないですよね…

梅雨に限らず、洗濯槽は定期的に掃除してあげましょう。

洗濯層は『分解清掃』できます

洗濯層の掃除って、洗剤を入れて数十分回すだけ…と思っていませんか?

実は各メーカーの各機種ごとに、洗濯槽を分解する手順がネットで公開されていることが多いです。

取扱説明書に載っていればいいですが、載っていない場合は『機種番 洗濯槽分解』と検索してみましょう。

ちょっと絵面が汚いので注意が必要ですが、分解清掃してやれば明らかに洗濯物の臭いが改善されます

一仕事ですが、効果抜群なので連休中の中日にでもトライしてみてください。

部屋干し用洗剤や柔軟剤を使う

ニオイが完全に無くなるほどの効果は正直ありませんが、通常のものを使うよりは幾らかマシです。

『部屋干し用!』とか『生乾きでも臭わない!』

と謳う、レビューの高い柔軟剤を使用してみましょう。

『すすぎ』は水道水で

お風呂の水を使うのは経済面のメリットが多いですが、お風呂の水を使うのは洗濯時だけにしましょう。

すすぎにお風呂の水を使うとこれまた洗っているのか雑菌を付けているのか分からなくなります。

(これは冬場でも同じです)

洗濯が終わったらすぐに出す

洗濯って、ながら仕事の代表格ですよね?

数十分は掛かるので掃除をしたり、料理をしたり、そんなこんなで気づいたら洗濯が終わっていた~ってことが多いはず。

『あ!洗濯機回してたの忘れてた!』てこともしばしばかと思いますが、そんな間にもカビや雑菌は繁殖しようとします!!

洗濯が終わったらとりあえず洗濯機から出すことを最優先にしてください。

そしてスグに干す!!

これが一番です。

(洗濯機から出しても洗濯カゴの中にずっと置きっ放しだと同じですよ)

布が重ならないように干す

いくら洗濯物ひとつひとつの間隔をとっても、洗濯物そのものがちゃんと広げられていないと乾きにくく生乾きになりやすくなってしまいます。

例を挙げると、

タオルはちゃんと広げて干してやるとすぐに乾きますが、丸めて干しておいた場合なかなか乾かないですよね?

具体的な干し方は言葉ではなかなか説明できないですが、役立つ動画を掲載しておきますので参考にどうぞ!

乾かない洗濯物、嫌な臭い対策まとめ

健康的な女性

上手に干して爽やかな洗濯を!

  • まず、洗濯槽は綺麗ですか?
  • 洗濯は小まめに、溜め込まない
  • すすぎに残り湯は使わない
  • 部屋干し用洗剤を使う
  • 洗濯が終わったらすぐに出す、干す
  • 三次元的に干しましょう
  • 横から風を当てると乾きやすい
  • 風呂場で干す
  • 換気扇、扇風機を併用する
  • 除湿器最強

以上ですm(_ _)m

なにかとジメジメいやな梅雨の時期ですが、洗濯物が爽やかに乾いてくれれば気持ちも上向きになるはずです!

はやく梅雨明けして、海にレジャーに出かけてたいですね!

 

スポンサードリンク