小学生から始めるサッカー!最低限必要な道具は何?

サッカー人気ってすごいですよね!

国内Jリーグだけでなく、海外で活躍する選手も増えたこともあって、野球に匹敵するくらい人気のスポーツです。

子供たちの中には小学校に上がったらサッカーを始めたい!という子供も多いはず。

しかし、親からするとすぐ辞めてしまわないか?友達に誘われているだけで本当はやりたくないんじゃないか?

心配事も多いです。

子供が本気かどうかもわからないまま道具に投資するのは考え物です。 まずはサッカーを始める時に最低限必要な道具だけを揃えて様子見するのが良いでしょう。

焦る必要はありませんからね!

スポンサードリンク

サッカーを始める時に最低限必要なもの

某少年サッカー漫画の主人公が『ボールは友達さ!』と言ってたのはあまりにも有名な話です。

たしかに、サッカーはボールひとつさえあればいつでもどこでも遊ぶことができます。

しかし、それはあくまで『遊びのサッカー』です。

部活動やクラブでサッカーを始めるならばそうはいきません。

最低限持っていなくてはいけない道具があります。

サッカーシューズ

まずはサッカーシューズです。

『最初のころはスニーカーで良いんじゃないの?』と思ってしまいそうですが、普段履く靴をサッカーで使ってしまうと汚れて大変です。

また、普通の運動靴でサッカーをやると、思いっきりボールを蹴ろうとしたときに滑って転んでしまいケガの原因にもなります。

ちゃんとサッカー用のサッカーシューズを買ったほうが子供のためにもなります。

トレシュー

サッカー用のトレーニングシューズです。

後述するサッカースパイクを買うか、トレーニングシューズ(トレシュー)を買うかで迷うことになると思いますが、小学校低学年やサッカー初心者であればトレシューの方を買いましょう。

トレシューは文字通りサッカーのトレーニングメニュー(実践練習、軽いランニング、ストレッチなど)全般をこなすことが出来ます。

サッカーで肝心な足の甲(ボールを蹴る部分)が丈夫な作りになっているのと、グリップ力を向上させる足の裏のドット(ポイント)も多いので運動靴でやるよりはるかにマシで安全です。

価格は2000円~が相場なのでさほど高価なものではありません。

ジュニア用トレシューはこちら

サッカースパイク

文字通りサッカー用のスパイクシューズです。

サッカーは地面を噛むグリップ力が重要なスポーツなので、足の裏にスパイク(突起)があります。

本番、試合のみに使うことが多く、小学校低学年ではまだ必要ありません

地面を噛む力が強いのでサッカーの身のこなしに慣れていないうちから履くとケガに繋がる恐れもあります。

上手い子であれば4年生くらいから必要になる道具です。

上達したら買ってあげたいですね!

価格は2500円~が相場

ジュニア用サッカースパイクはこちら

すねあて(レガース)

すねを守るための防具です。

小学生に限らず、ほとんどのサッカー大会ではすねあての着用を義務付けているので、最低限の道具と言えます。

『え?試合なんてまだまだ先でしょ?』

と思うかもしれませんが…

小学校(特に低学年)のサッカーはまだ身体が小さく、身体運びや足運びも上手くいかず人の足を蹴ってしまうことが多いです。

逆に言えば足を蹴られることが多いとも言えます。

『自分の子供だけは大丈夫』と思わずケガ防止のために最初から備えておいた方が良いでしょう。

なにごとも安全第一です。

ジュニア用レガースはこちら

練習着

サッカーの練習で着る練習着です。

さすがに普段着で練習するわけにはいきません。

かといって学校の体操着を使っていたのでは洗濯が追いつかないでしょう。

(サッカーは激しいスポーツなので泥汚れで痛むのも早いでしょう)

数の揃えられるサッカー用の練習着を準備した方がベターです。

ただしチーム、クラブによっては指定の練習着があるかもしれないので監督やコーチに確認してからが良いでしょう。

ショートパンツ

サッカーの試合を見たことがある方は分かると思いますが、サッカー選手はショートパンツを履いていますよね?

冬になってもインナータイツを履いて上にショートパンツを履くことが多いですから、年中使えると思います。

価格は2000円~が相場です。

ジュニア用ショートパンツはこちら

サッカー用靴下

普段履く靴下でも良いかもしれませんが、何しろサッカーをすると汚れます。

毎回よごれるアンダーソックスはちゃんとサッカー用のものを数多く揃えたほうが何かと楽です。

また、サッカー用のアンダーソックスはつま先やかかとが破れにくくなっているので怪我防止にも役立ちます。

価格は1000円~が相場です。

ジュニア用サッカーソックスはこちら

スポーツTシャツ

スポーツ用のTシャツです。

とにかく使って何枚も汚すでしょうからある程度数を揃える必要があります。

これこそサッカーを始める時に最低限必要な道具の筆頭かもしれません。

枚数は一週間の練習日数の半分以上は持っておきたいですね。

通気性がよく、汗をかいてもサラッとしている速乾性に優れたタイプがオススメ。

着心地が良いだけでなく洗濯してもすぐ乾くので便利ですよ。

値段は500円~3000円以上とピンキリ。

安いもので大量に揃えれば出費も抑えられます。

サッカーを始める時期にもよりますがスポーツTシャツ一丁で冬季を頑張るのはキツイので秋~冬になると『ちょっと慣れてきたら』で後述するインナーシャツの購入も念頭に入れましょう。

ジュニア用スポーツTシャツはこちら

サッカーボール

なんだかんだ言って、やっぱり『ボールは友達』です。

部活、クラブの時間でなくてもサッカーボールひとつあればどこでも自主練習ができます。

ボールのサイズは小学生が4号、中学生が5号になっているのでサイズを間違えないように気をつけましょう。

値段は1500円~6000円程度。

自転車の空気入れでも空気を入れられるので無ければあると便利です。

ジュニア用サッカーボール4号はこちら

スポンサードリンク

ちょっと慣れてきたら

小学生から始めるサッカー!最低限必要な道具は何?

『どうやら続けるつもりらしい!』

サッカーが好きになったらしいと思ったら他のものを揃えてあげると良いでしょう。より一層サッカーに対する愛着が沸き、どんどん上達していくでしょう!

もちろん一気に揃える必要は無く、上達に合わせて行きましょう。

専用バッグ

上記で紹介してきたサッカーの道具を入れるためのバッグです。

自由な物を選びたいですが、もしかしたらチーム指定のものがあるかも知れませんので一応確認しておきましょう。

専用バッグを買ってもらえばもう本気ですね。小学校だけでなく中学校でも続けていってくれるでしょう!

人気のスポーツバッグはこちら

アンダーシャツ

プロサッカーの試合で有名選手がユニフォームの下に着ているのを見たことありませんか?

スポーツTシャツの下にアンダーシャツを着ていると格好も付くので子供のモチベーションアップに繋がると思います。

いやいやいや、それだけじゃありません。

クラブ活動は夕方~夜間に掛けて練習があることが多いです。

アンダーシャツも吸汗性、通気性、速乾性に優れているので子供の体調を保つ効果がありますよ。

秋~冬に掛けては寒い中の練習も多くなりますから、Tシャツ一丁ではキツイですよ。

ジュニア用アンダーシャツはこちら

水筒

毎回ペットボトルを買って持たせるのは経済的ではありません。

長く続けるのであれば水筒に切り替えたほうが良いでしょう。

上達には適度な水分補給が不可欠ですから、これを機会にスポーツタイプの水筒(ダイレクトボトル)を用意すると良いでしょう。

(ひとつあればサッカー以外のスポーツにも使えますよね)

ダイレクトボトル(水筒)はこちら

まとめ

サッカーを始めるときに最低限必要な道具は?

①スグ必要!

  • サッカーシューズ(小学生ならトレシュー)
  • すねあて
  • 練習着
  • サッカーボール

②慣れてきたら(続けるなら)必要!

  • 専用バッグ
  • アンダーシャツ
  • 水筒

これだけあればとりあえず本格的にサッカーを始められます。

選ぶときは監督、コーチ、スポーツ用品店の店員さん、経験豊富な方にも是非アドバイスを貰いましょう。せっかく『子供がサッカーをやりたい!』という機会ですから、サポートしてあげたいですね!

スポンサードリンク