野球の道具!最低限必要な物は何?

野球ってほんと人気ですよね! 小学生や中学生になってから野球を始めようという子供も多いはず。

でも、親からするとちょっと心配。 すぐ辞めてしまわないか?必要な道具が多そうで出費も心配の種です。

友達に誘われて始めることも多く、本当に好きなのかわからないまま投資するのは考え物です。 まずは野球を始める時に最低限必要な道具だけを揃えて様子見するのが良いでしょう。

焦る必要はありませんからね!

スポンサードリンク

野球で最低限必要なもの

学校の休み時間や遊びで野球をする場合はバットとボールさえあればどこでも遊べてしまいます。

しかし、部活動やクラブで野球を始めるとするとそうはいきません。最低限持っていなくてはいけない自分だけの道具がいくつかは必要です。

グローブ(グラブ)

まずはグローブです。

最低限必要な物と言えるでしょう。

野球は守備をしなくてはいけませんからグローブが無いことにはキャッチボールもできません。

初めてグローブを選ぶ場合は次の点に注意してください

まずは使いやすさを重視

実際にはめてみるのが大切です。

大き過ぎたり、小さ過ぎたり使いにくいと感じてしまうとすぐに辞めてしまう原因にもなりかねません。

実はポジション用で何種類もタイプがあるグローブですが、初めてであればオールラウンド用が良いでしょう。 (間違えても最初にキャッチャーミットを買わないようにしてくださいね)

好きな形、色を選ぶ

使いやすいタイプのものが決まったら、あとは子供の好きな形、色を選ぶようにしてあげましょう。最初のグローブは愛着も生まれますから、できるだけ子供が気に入るものを買ってあげたいですね。

野球を好きになってくれることが上達の第一歩です。 『好きこそ物の上手なれ』ですね!

ちなみに、グローブは5,000円~8,000円ほどで良い物が買えます。

練習用ユニフォーム

野球は他のスポーツと違い練習する時も練習用のユニフォームを着ます。

これがまた皆同じような物を着るので一人だけTシャツやジャージを着て練習するとめちゃくちゃ浮きます。

なので『もう行きたくない』と言われるか『練習着が無いと嫌だ』と言われるのが目に見えています。 練習着を買う上で、以下の付属品も必要になってきます。

練習用ユニフォーム(上下)

普通は上下セットなのでセットで購入しましょう。 パンツだけはよく汚れる&ボロボロになるので複数あれば望ましいです。

セットで4000円、パンツだけで1000円~が相場です。

ただ、チーム指定の物があれば揃えるようにしましょう。

練習用キャップ&ベルト

これも練習着の一部のようなものですね。 まずはチームに色を確認してください。 新入生はこの色、レギュラーはこの色と指定されている場合もあります。

練習用キャップ、ベルト共に1000円~が相場です。

アンダーソックス

練習着の一部みたいなものです。 普段履く靴下でも良いかもしれませんが、何しろ野球をすると汚れます。

毎回よごれるアンダーソックスはちゃんと野球用のものを数多く揃えたほうが何かと楽です。 また、野球用のアンダーソックスはつま先やかかとが破れにくくなっているので怪我防止にも役立ちます。

価格は3足セットで900円~が相場です。

ちょっと慣れてきたら

野球の道具!最低限必要な物は何?

『どうやら続けるつもりらしい!』

野球が好きになったらしいと思ったら他のものを揃えてあげると良いでしょう。 グローブと違い、チームで色が指定されていることがあるので確認が必要です。

スパイク

野球を本格的に始めるのであればグローブに次いで必要な道具と言えばスパイクです。

(クラブや部活動に入団する時に必須となっていることもあります。)

小学生から始めるのであれば金属金具スパイクよりも安全性の高い樹脂・ゴム製のスパイク(ポイントスパイク)をオススメします。 地域、リーグによってはタイプが指定されている場合もあるので監督、コーチに確認が必要です。

価格は3000円~が相場です。

アンダーシャツ・ストッキング

チーム指定品、指定色がある場合が多いのでチームに確認してから購入することになります。

練習に、試合に両方使えるものですから、子供が慣れて来て本格的に始めることに揃えると良いでしょう。

バット

体験時や入団当初は友達に借りれば事足りますが、本格的に始めるとなれば最低限必要な道具と言えます。

バットもグローブやスパイクと同じく慎重に選びましょう。

チーム、クラブの規格を確認して!

最初にチーム、クラブにバットの規格について確認しましょう。

折角買ったのに規格外で使用できなかったとなるとショックですからね!

素材、形状などしっかり確認してください。

自分に合うバットの長さを知る

チームに規格を確認したらスポーツ用品店に行きましょう。

バットの長さは身長によって適正な長さが違ってきます。

バットの長さ(cm)身長(cm)学年(目安)
64~68110~1201~2年生
70~74120~1352~3年生
75~76135~1403~4年生
78140~1554~5年生
80~81155~1605~6年生

バットの重さ

長さの次に大切なのはバットの重さです。

初めてバット選びをする場合は、まずバットを振ってみましょう。振ったところで子供に確認してみましょう。

『腕とか上半身は痛くない?筋肉は張ってない?』

違和感を感じるようであれば重さを落としていきましょう。

エナメルバッグ

野球部といえばエナメルバッグ、エナメルバッグと言えば野球と言っていいほど。野球部の代名詞かもしれませんね。

上記で紹介してきた野球の道具を入れるためのバッグです。

チーム指定の物がなければ好きな物を選んでいいでしょう。

水筒

今時、スポーツは根性論ではできません。

適度な水分補給が必要ですから、野球用の水筒を用意しておくと良いです。

毎回ジュースを買わせるよりも経済的です。

まとめ

監督、コーチ、スポーツ用品店の店員さん、経験豊富な方にも是非アドバイスを貰いましょう。

せっかく『子供が野球をやりたい!』という機会ですから、サポートしてあげたいですね!

スポンサードリンク