雛人形はいつ?誰が買う?両親、若夫婦にはどう持ち掛ける?

3月3日は女の子の初節句、桃の節句です。

桃の節句には子供の成長を祈願し、娘のあらゆる厄災を身代わりとなって受けてくれると言われる雛人形を飾るのが古くからの風習ですよね!

孫が居るお祖父ちゃん、お祖母ちゃんにとっては孫の成長の節目でもあり本当に嬉しいことです。

なんといっても女の子!

今後も孫が可愛らしく、美人に育っていってほしいものです。

さて、その雛人形ですが、誰が、いつ買うものかちゃんと知っていますか?

また、いつごろ雛人形を買えば良いのかもよく分からないですよね。

この記事で確認しておきましょう!

スポンサードリンク

お嫁さん、お婿さん側の実家が用意するものとされるが?

五月人形はいつ?誰が買う?両親、若夫婦にはどう持ち掛ける?

雛人形は古来から

お嫁さん、またはお婿さん側の実家から贈られるもの

とされています。

ちょっとややこしいですが

  • ママが嫁いできた場合ママの両親
  • パパが婿入りした場合パパの両親

が買う…ということです。

パパママが自分たちで買うものではありません!

また、雛人形だけでなく五月人形、鯉のぼり・兜飾りもお嫁さん側が用意するとされてきました。

 

ただ、最近は一概に言えなくなった

古来からの仕来りでは先ほど説明したようにお嫁さん、お婿さん側の実家からとされてきましたが、最近では必ずしもそうではなくなっています。

 

  • 少子化
  • 核家族化
  • 祖父母と会う機会が少なくなった
  • 雛人形そのものが高額
  • 両家の関係が希薄になった

 

などなど、いろいろな時代の変化も影響しています。

どちらかの両親が全額出すのではなく、両家で折半するケースも多いです。

 

しきたりよりも現状を確認して!サプライズは厳禁!

可愛い孫の為には少しでも可愛らしい雛人形を贈りたいものです。

しかし、若夫婦の希望を聞かずに一方的に雛人形を用意するのは、むしろ迷惑になってしまうかも…

最低限でも

 

  • 飾るスペースはちゃんとあるのか?
  • 雛人形はどんなものが好みなのか?
  • 規模はどれくらいが良いのか?
  • 妹が増える可能性はあるのか?

 

などなど、第一に若夫婦の希望を伝えるor確認するようにしましょう。

最近ではお祖父ちゃん、お祖母ちゃんはお祝いとしてお金を出されて、若夫婦が人形を選ぶケースも増えています。

人形の選び方ひとつにしても高級志向なのか、スペース重視なのか若夫婦によって価値観はまちまちです。

(豪華な雛人形は段数もスゴイですからね・・・)

また、孫の初節句が嬉しいのは母方だけではありません。

父方のご両親も『是非協力したい!』ということがあるかもしれません。

どちらにせよ、まずは若夫婦に相談を持ち掛けるようにしましょう。

サプライズ的な感じで話を進めることだけは止めておいた方が得策ですm(_ _)m

逆に、若夫婦からはまずは母方の両親に相談を持ち掛けるようにしましょう。

スポンサードリンク

いつ頃話を持ち掛ける?

五月人形はいつ?誰が買う?両親、若夫婦にはどう持ち掛ける?

雛人形を準備するにしても、ちゃんと飾る時期に間に合わなければ意味がありません。

(桃の節句の3月3日だけに飾るわけではありません)

飾るべき期間、注文からどれくらいで届くのか逆算して話を持ち掛ける必要があります。

 

飾る期間はいつ頃?

まずは雛人形を飾る期間を知っておきましょう。

地域にもよりますが

立春の日(2月4日ごろ)~2月中旬に出し始めるのが一般的です。

節分豆まきが終わったら飾る』

と覚えておくと良いでしょう。

春告雛とも言われますからね)

 

人形が届くのは1月下旬、でも人気商品は売り切れ注意

雛人形を飾り始めるのが2月4日からなので

人形業者各社の配送日は1月下旬からとなっていることがほとんどです。

人形を選ぶ流れとしては

 

  1. カタログを取り寄せる
  2. だいたいの目星をつける
  3. 気に入った店で現物を見る
  4. 現物を購入する

 

という流れになると思います。

1~2日では決まらないものだと思いますから、選ぶだけでも2週間は見ておきたいものです。

やはり人気の商品は飾り始める1ヶ月前(1月上旬)には売切れてしまうこともあるので注意が必要です。

安全をみて遅くても1月上旬には人形選びの話を持ちかけておきたいですね。

(雛人形が店頭に並ぶのは1月上旬と言われています。)

 

兎にも角にもコミュニケーションを

ことをスムースに運ぶためには何事もコミュニケーションが大切ですね。

雛人形は決して安い買い物ではないことからもなおさら肝心と言えます。

 

「あっちの親はお金を全く出してくれなかった」

「仕舞っておくスペースがないよ・・・」

 

などと後から関係がぎこちなくなってしまうのも面白くありません

若夫婦からにしても、親夫婦からにしても、気軽に連絡が取れる方が積極的に相談を持ち掛けると良いでしょう。

女の子の初節句、逞しい子に育ってくれるよう家族みんなで祝いたいものですね!!

スポンサードリンク