運動会はいつ?春と秋のどっち?

学校行事の思い出といえば運動会を挙げる人が多いと思います。

みなさん、運動会いつでしたか?

春でしたか?秋でしたか?

食欲の秋、読書の秋、運動の秋

と言われるくらいですから

『運動会=秋』

という印象が強いと思いますが、最近は必ずしもそうではないみたいです。

スポンサードリンク

かつて運動会は春と秋にあった!

運動会は春と秋の2回あった

1970年~80年代には運動会は春と秋の2回ありました。

その頃は『春の運動会』、『秋の大運動会』と呼ぶことが多く

秋の方が盛大に行われるのが一般的でした。

秋になれば春に比べてクラスの団結力も上がっていて、春のリベンジ、本番!といった意味合いもあったのだと思います。

しかし、1990年代に週休二日制が導入され始めた影響で

休日数が年間で20~30日増えることとなり授業日の確保が厳しくなっていきました

こうなると学校行事を減らしてでも授業時間を確保しなければならず、春と秋の運動会のどちらかを止める学校が増えていきました。

スポンサードリンク

春と秋、開催の違いは?

秋から春の運動会へ

春と秋の運動会のどちらかを止めると言う事でしたが

10月は国民の祝日『体育の日』があることもあって

ほとんどの学校が春の運動会を止め、秋の運動会を行ってしました。

しかし、気温、教育方針、その他行事の影響で秋から春に変更した学校も多くあります。

 

クラスの団結を狙う

進級やクラス替えで間もない時期はどうしてもクラスが団結していません。

運動会をキッカケにクラスが団結してくれれば後々のクラス運営がスムースになり学校教育の面でもプラスになります。

これについては賛否があり、『まとまる前の運動会』より『まとまってからの運動会』の方が生徒にとっては良いのでは?

という意見もあります。

 

熱中症・天候不順対策

地域によっては9~10月頃の残暑が厳しく、生徒の熱中症が懸念される場合があります。

特に暑い地域では9~10月ではなく5~6月に運動会を行います。

実際、運動会中の熱中症で十数人も病院に搬送されたという事故が毎年のように報告されています。

また、暑さだけでなく梅雨や台風などの天候不順を避けて天候の安定した時期に開催する場合もあります。

(北海道では寒い秋よりも梅雨の心配の無い5月後半に行う学校が多いようです)

天候不順で運動会が延期や順延になると家族は大変ですからね(汗)

 

受験準備期間を避ける

9月からは2学期、生徒によっては受験の準備に突入していきます。

市立や進学校では秋ではなく運動会が行われることが多いです。

我が子の受験に敏感な家では

『運動会なんて良いから受験に集中させて!』

という親御さんも当然いらっしゃるでしょう。

結局、どっちが多いの?

運動会は春と秋どちらが多い?

30代以上にとっては『運動会は秋でしょ!』って人が多いです。

実際に運動会が開催される学校の方が多いようですが、どれくらい多いんでしょうか?

正確な統計は取れませんが、検索数からだいたいの予想を立てることができます。

2005年~2011年までは秋の方が圧倒的に検索されていますが、2012年あたりから春の検索数がググッと伸びてきていますね。

春の運動会は増加傾向、秋の運動会は減少傾向にあると言えますね。

これは2010年、2011年に運動会での熱中症事件が相次いだためだと思われます。

割合は五分五分とはいかずとも4割くらいは春開催されているように考えられます。

もう何年かしたら『運動会は春でしょ?』という世代になるのかもしれませんね(汗)

スポンサードリンク