子供がアスペルガー症候群かも?正しい接し方は?

アスペルガー症候群は自分で自覚することの少ない障害だといわれています。

一方で、アスペルガー症候群の人口割合は決して少ないわけではなく、300人に1人、200人に1人とも言われおり結構な割合です。

この統計だと、学年に1人はアスペルガー症候群の子供が居ると言える数字です。

アスペルガー症候群の子供は、大人なると特にビジネス面で支障を来たし、空気が読めない、コミュニケーション能力が低い、交渉ごとや臨機応変な対応ができないなど苦労することが多いといわれています。

子を持つ親としては

  • 子供がアスペルガー症候群かどうか?
  • アスペルガー症候群だったらどう接すればいいか?
  • この症状はアスペルガー症候群か?

が本当に気になるところだと思います。

この記事では近年増えていると言われているアスペルガー症候群についてまとめました。

スポンサードリンク

幼少時のアスペルガー症候群の特徴

「これってアスペルガー症候群かな?」

親としては子供のさり気無い仕草で不安になってしまいますが

幼児期にみられるアスペルガー症候群の特徴としては次のものがあります。

1人遊びが多い

アスペルガー症候群の子供は、同い年の子供と遊ぶことが少ないことが特徴です。

自分から積極的に遊ぼうとせず、年上の子供にリードされて遊んだり、

年下の子供と同じレベルで遊ぶことが多いです。

つまり、同年齢の子供と対等な立場になることが苦手です。

マイペースで同い年の集団から孤立しているようであれば注意が必要です。

正直・素直すぎる

一見、長所な気もしますが、ちょっと違った面で正直・素直です。

思ったことを何でもストレートに言ってしまうことはありませんか?

例えば

女の子に対して「太っている」「デブ」「ブス」

年配の先生に対して「おばあさん」「年寄り」

年下や自分より小さな相手に「チビ」

どれも本人に悪気はなく、ただ素直に本当のことを言っているだけです。

アスペルガー症候群子供は他人と上手に接することが苦手です。

それゆえ中傷的なこともストレートに言ってしまう傾向があります。

ナイショ話ができない

子供が「秘密をばらした、裏切った」と言う理由で泣かされていたorいじめられていたことはありませんか?

アスペルガー症候群子供は友達と秘密にしたことやナイショでいたずらしたことでも他人や大人に聞かれると簡単に喋ってしまいます。

これも当然、本人には悪気はなく「聞かれたから素直に答えただけ」です。

他の子供に比べて不器用

年齢の割りに身の回りのことが自分できないことがあります。

例えば

3歳までに自分で靴を履けない、服を着れない場合

他にも

両手が塞がった(両手におもちゃをひとつずつ持った状態)時に

「もうひとつ持ってみて」

と言うと、どうすれば良いか分からずパニックになる場合など

積極的過ぎる一面がある

興味を持ったことには驚異的な積極性を見せることがあります。

異性の子に対してストレートに「○○ちゃん大好き」と言って抱きついたり

好きな物を見つけると(積み木、パズルなどの規則性のあるもの)とことん熱中して大人でも難しいレベルのものをやりのけてしまうことはありませんか?

他にも会話をすると自分のことばかり話したり、他の友達に言うことが自分勝手わがままなことばかりが目立っていませんか?

朝起きない、夜寝てくれない

とにかく朝起きるのが苦手で、朝どころか昼すぎまで寝ていることはありませんか?

また、夜は寝させようとしても2時、3時など深夜まで寝てくれないことが多かったり…

実はその不規則な生活から結果的に不登校になってしまう子供も少なくありません。

これはアスペルガー症候群の子供は、体内時計が狂いやすい傾向にあるのが原因です。

アスペルガー症候群の子供が大人になると?

アスペルガー症候群の子供が大人になると?
親御さんとしては子供の将来が気になるもの…

アスペルガー症候群の子供が大人になるとどうなるのでしょうか?

 

やはり他人とのコミュニケーションが苦手で苦労する場面が多いようです。

本人は無意識でも相手との会話が成り立っていなかったり、場の空気を読まない不適切な言動が目立ち場から浮いてしまうことが多くなります。

日常生活だけであればそれほど問題ないかもしれませんが、ビジネスの場では客先との交渉、調整に支障を来たしかねません。

臨機応変な対応が求められたり、予想外の出来事が起こりうる場面ではパニックに陥ってしまい上手くこなすことができません。

 

  • 会話能力
  • 想像力
  • 社会適応力

が乏しいことが特徴です。

 

一方で、繰り返し作業単純作業は驚くほど効率的にこなせたりと、

ある分野に関しての専門知識がとてつもなく深いなど設計者、プログラマー、芸術関係に向いていると言われています。

ちなみに、歴史的な芸術家偉人科学者にはアスペルガー症候群の人が多いのも事実です。

  • イチロー(最高のバッター)
  • スティーブン・スピルバーグ(映画監督)
  • 織田信長(戦国武将)
  • 坂本竜馬(江戸末期の志士)
  • アルベルト・アインシュタイン(科学者)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家)
  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(作曲家)
  • ビル・ゲイツ(マイクロソフト)

 

などなど、名立たる顔ぶれです。

スポンサードリンク

幼少時からどう接していくか?

アスペルガー症候群、幼少時からどう接していくか?

アスペルガー症候群が疑われる子供と、どう接していくのか?

本当に肝心なところ、気になるところはここです。

なにはともあれ、まずは精神科で受診されることをお勧めします。

心療内科と精神科で迷う人が多いですが、心療内科は心身症(ストレス性胃炎とか、心の問題が身体に表れるもの)を対象とするのでアスペルガー症候群は専門外です。

しかし、一方の精神科でもアスペルガー症候群を診断できる医師は多くないと言われています。

とりあえず最寄の精神科で受診するのは良いと思いますが、ある程度評判のある精神科・医療機関を探すor紹介してもらい受診されるのが得策です。

『精神科』と聞くとテレビやドラマなどの影響で大変なものと思ってしまうかもしれませんが、最近では病院側も入りやすい雰囲気作りがされているところが多いです。

まずは気軽に受診することが大切です。

アスペルガー症候群に対する誤解を解く

アスペルガー症候群は自閉症の一種と言われていますが

 

決して人間としての機能が他の人に劣っているわけではありません。

 

基本的に言葉の遅れはありませんし、学習面、運動面の発達において問題ありません。

不器用、コミュニケーションが苦手、他人とどう接して良いか分からないことが目立つだけです。

先ほども述べたとおり、歴史上の偉人にアスペルガー症候群だったとされる人物が山ほど居るのも事実です。

子供アスペルガー症候群だからと言って何も卑屈になる必要はありません。

障害と捕らえず、苦手なだけと考える

対人的なコミュニケーション能力や手先が不器用な部分はちゃんとした機関で訓練を受ければ克服することができます。

障害・欠如と捕らえずに、それが苦手なだけと考えましょう。

そして、アスペルガー症候群の子供が興味を示したものは、即ちその子供に適正のある分野だと言うことです。

驚異的・天才的な才能を開花させることも十分考えられるので長所は伸ばしてあげるようにしましょう。

叱って言い聞かせるのは逆効果

アスペルガー症候群の子供を言って聞かすのに『叱る』のは逆効果です。

例えば、思ったことをストレートに口に出してしまった場合

(「あの人太ってるね~」とか「変な顔のひと~」とか)

この事に対して「こら!そんなこと言ったらダメ!!」叱ったところで

素直に感情を言っただけの子供には何が悪かったのか、なぜ怒られたのか理解できません。

ここで大切なのは

怒るのではなく、感情を理解させることです。

「変な顔って言われると、あの人は嫌な気持ちになると思うよ?」

「太っていると言われると、○○ちゃんは傷付くと思うよ?」

というように怒った顔ではなく、困った・悲しいと言った表情で言い聞かせてあげることが大切です。

簡単には分かってもらえないと思いますが喜怒哀楽の感情を想像できるように根気良く付き合ってあげましょう。

『生活リズム』を整えてあげる

アスペルガー症候群の子供は、正しい生活リズムを維持するのが苦手と言われています。

興味のあることには高い集中力を示したり、時間を忘れて遊びに没頭してしまい、食事すら忘れて深夜まで起きていることが多くなってしまうからです。

いくら元気な子供とはいえ、生活リズムが乱れてくると疲労が蓄積していき、自律神経が消耗し『朝起きられない』、『学校に行きたくない』ということから不登校になってしまうケースも少なくありません。

重要なのは『生活リズム』を整えてあげる事。

まずは、『キチンと朝に起きる』ことを習慣付けてあげることが改善の一歩です。

最近では『光目覚まし』が体内時計をリセットし不規則な生活リズムを改善する効果が認められています。

音ではなく太陽のような光で起きるので『無理やり起こす』わけではないのが子供にとっても負担が少ないと言われています。

【光目覚まし】81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

成長につれて悲観的にならないように励ましてあげる

アスペルガー症候群の子供も成長するにつれて現状を理解するようになり

「自分は何か人と違う」

「自分には友達が少ない」

「社会に馴染めていない」

と現実に対して悲観的になってしまいがちです。

そんな時は家族として、親として励ましてあげましょう。

アスペルガー症候群から重度の自閉症、鬱病になってしまう恐れもあります。

子供が辛いときに本当に支えてあげられるのは親以外にありません。

スポンサードリンク