ただの怠けでは済まされない五月病

五月といえばGW!

待ちに待った大型連休で大嫌いな学校や会社を忘れて思いっきり羽を伸ばして・・・

でも連休が終わった途端に現実に引き戻されて憂鬱にorz

数日経てば戻るかなぁと思っていたら、このダルさが取れない!

しかもなんだか鬱っぽい、これって五月病?

 

そもそも五月病って?

五月は一般的に環境変化が激しい時期ですよね?

例えば

学生にとっては入学、進級、クラス替えが終わって間もない時期。

社会人にとっては入社・転職や部署替えが終わって間もない時期。

何れも新しい環境というストレスに晒される時期です。

こういった過度なストレスがその人にとって耐えがたく辛いと感じられた時、精神面、身体面に不快な症状が現れるものを「五月病」と言います。

 

実は五月病は、医学的には「適応障害」と呼ばれています

 

もともとは新入生が学校に馴染めずゴールデンウィーク明けから気持ちが落ち込む、学校に行きたくなくなるのをただの怠けとして五月病と呼んでいたのが由来ですが、現在では学生だけでなく環境に馴染めない社会人(特に新入社員)に多く見られる症状です。

五月病をただの怠けと呼ぶには些か危険な時代になってきました。

 

五月病の症状は?

五月病チェックリスト

五月病(適応障害)の特徴的な症状としては次のものがあります。

 

精神的な症状

  • 抑うつ(気分の落ち込み、憂鬱)
  • 何をするにも気が進まない
  • 不安を感じる
  • 焦りや苛立ちを感じる
  • 何もしたくない
  • 物事に関心がなくなる

 

身体的な症状

  • 胃が痛む
  • 頻繁にめまいがする
  • 動悸や息切れ
  • 食欲が無い
  • 睡眠障害

 

五月病は5月~6月中に治まると考えがちですが、当然強度のストレス状態が続くと数ヶ月続くこともあります

 

これって五月病?チェックリスト10

防犯ブザーを選ぶポイント

抽象的な症状を紹介されても分からないよ!

という方のために、五月病診断のチェックリストを紹介します。

以下の項目にいくつ当てはまるかで五月病かどうかをある程度診断することができます。

 

  1. 仲の良い人と会うのも億劫だ
  2. マイナス思考になり悩むことが増えた
  3. 朝起きられないor夜寝付けない
  4. 身なりや部屋の片付けが面倒になり、気に掛けなくなった
  5. 何事も面倒くさい、趣味ですら億劫
  6. 通勤、通学前、途中に体調が悪くなる。お腹を壊す
  7. 朝に極度の憂鬱状態になる。一歩足が出ない
  8. 無意識に他人の呼びかけ、挨拶に対し無反応
  9. ポカミス、ケアレスミス(不注意によるミス)が増えた
  10. 興味のあるジャンル(雑誌やテレビ)に無関心になった

 

10個中半数(4~6)に当てはまる方は、軽い五月病状態である疑いがあります。

まずは自分が強いストレスに晒されているということを認識し後述の対処法を是非実践してください。

10個中大半(7個以上)に当てはまったという方は五月病(適応障害)である恐れがあります。

 

五月病(適応障害)を治すには?

五月病になったらストレスを発散させよう!

五月病適応障害)を解消するには、兎にも角にもストレスを解消するのが特効薬になります。

 

重度の場合(チェックリスト7個以上該当)

チェックリストのほどんどに該当する場合、特に状態が3ヶ月以上続いている場合は専門医にて受診されることをお勧めします。

適応障害は精神科か心療内科での受診になります。

精神科心療内科の受診に強い抵抗を感じる場合もあるかと思いますが

五月病がただの怠けとして片付けられない理由のひとつに、精神的な症状からくる生活リズムの崩壊が体調不良や免疫低下などを引き起こす悪循環に陥ってしまうことが挙げられます。

精神科や心療内科は特別な分野ではありませんから「ちょっと最近調子が悪いんです」と言うふうに受診しても全く問題ありません。

なにごとも早めの受診が早い回復に繋がりますm(_ _)m

 

ちょっと危ないかな(4~6個該当)と思う場合

以下のことに意識して、とにかくストレスを発散しましょう!

 

  • スポーツをする(散歩でも良いです)
  • 睡眠時間を多くとる(眠れなくても横になるのが大切です)
  • 半身浴をする(デトックス効果がストレス発散)
  • アロマテラピー(お香、アロマディフューザーを使う)
  • 好きな音楽を聴く(照明を消すとか雰囲気も大事に)
  • 好きな映画を観る(明るい映画。何回も見たようなもの)
  • カルシウムを摂る(カルシウムが脳神経の興奮を抑える)
  • カラオケする(思い切って1人カラオケでも)
  • 買い物する(たまには散財してもOKです)
  • 部屋の模様替え(良い意味での気分転換)
  • 何も着ずに寝る(開放感でストレス解消)

 

あくまでも一例に過ぎません。自分なりにストレスを解消できる方法を見つけましょう。

 

根本対策、予防

五月病の予防は適度な睡眠

五月病になってしまった場合の対処法を紹介してきましたが

問題を解決する場合は

・暫定対策(問題に直面してからの対策

・根本対策(問題に直面しないための対策

が必要です。

ここからは、五月病にならないための予防策を紹介します。

 

日頃からストレスを溜めないように

ストレスは肉体的なものよりも精神的な原因であることがほとんどです。

先ほど挙げたストレス解消方法を、五月病になってからではなくて普段から行うと効果的です。

自分なりのストレス解消方法を見付けておきましょう。

 

“我慢しない”ことを心がける

ストレスを溜めやすいひとは几帳面な人真面目な人が多いと言われています。

こういった人は困難な場面に直面した場合につい自分の力だけで乗り越えようとしてしまう傾向があります。

たまには我慢して乗り切るのではなく、強力して乗り切るよう普段から心がけましょう。

そうすればストレスが1人に集中しないばかりか協力することで不安感も払拭されます。

 

仕事のために仕事をしない

人はなぜ働くのでしょうか?

仕事をするために仕事をしていることは無いですか?

休むことが悪いこと・サボること』と考えてしまう人に多いです。

考え方を仕事中心ではなく、休み中心に考えてみましょう。

 

適度な睡眠をとる

結局のところこれが一番かもしれません。

実は、睡眠が不足すると鬱病のリスクが高まることが医学的に知られています。

つまり、適応障害のひとつである五月病になりやくなります。

普段から規則正しい生活をして睡眠時間が極端に短い、長い日をつくらない(8時間前後)ことが大切です。

特にゴールデンウィークのような大型連休ではついつい夜更かしや寝すぎ、飲みすぎをしてしまいがちです。

これでは自ら五月病になろうとしているようなものです。

スポンサードリンク