法要の水引の色・結び方、表書きは?

日本では古来から各付けを色で示してきました。

位の高いものから金・銀・紫・赤・藍・緑・黄・と各付けされ、金に近いほど慶事(喜びに繋がる)、黒に近いほど弔事(忌みに繋がる)とされています。

人が亡くなることは最も忌みに近いものですから、香典や御霊前の不祝儀袋には黒白の水引が使われます。

ところが、四十九日を過ぎると、水引の色が変わったり、表書きが変わったり…あまり機会が無い、経験が無い場合は混乱してしまいますよね。

この記事では場面ごとの水引の色と種類、表書きについてまとめました。

スポンサードリンク

お通夜・葬儀なら?

仏教様式の場合は一般的にお通夜から四十九日までは黒白の結び切りの水引が使われます。

表書きは

  • 御霊前
  • 御香料
  • 御香典

となります。

ただし、御香料、御香典は仏式でのみ使えるので注意が必要です。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合は、熨斗は付けず黒白の結び切り

表書きは

  • 御花料
  • 御ミサ料(カトリック)
  • 忌慰料(プロテスタント)
  • 御霊前

となります。

猫

【御霊前】は万能です

御霊前はどの様式でも使えるとされています。

様式が分からない、迷ったら御霊前が無難です。

四十九日まで

たとえば、以下の場合

  • 初七日(7日目)
  • 二七日忌(14日目)
  • 三七日忌(21日目)

など

表書きは

  • 御霊前

水引は、黒白の結び切りを使いましょう。

四十九日を過ぎる前なら【御霊前】、【黒白の結びきり】であれば失礼にあたることはありません。

そもそも法要とは?

初七日などの法要にも宗教様式によってスタイルが違うのでは?

と疑問に思うかもしれませんが、そもそも法要は

仏教において釈迦の教えを知ると言う事

法事、仏事、法会などの儀式祭礼、仏教行事一般

という意味からきているので、『法要がある』と言う時点で仏教様式で間違いありません。

スポンサードリンク

四十九日(49日目)以降

四十九日を過ぎると、忌明け(いみあけ)、満中陰(まんちゅういん)と呼ばれてひ忌中(きちゅう)最後の日となります。

四十九日を境に表書きが変わってくるので注意が必要です。

猫

四十九日を過ぎると?

表書き

  • 御仏前
  • 御佛前

水引

  • 黄白の結び切り

表書きが御霊前から御仏前に変わるのは、仏教では人が亡くなってからあの世に旅立つ期間が49日間とされているからです。

ちなみに、日数のカウントは臨終の日(命日)を含めます

水引の色も変わる

四十九日以降は水引に黄白の結び切りを使用します。

これは

  • 黄色が仏様の国、浄土をイメージしたものである
  • 忌中明けし、黒色からひとつ位が上がって黄色になった

などの説があります。

五十回忌は紅白で良いのか?

五十回忌は亡くなられてから満49年目の法要です。

弔い上げ(とむらいあげ)とも言われ、故人が先祖の仲間入りをする大変目出度い節目と言われています。

五十回忌の次は百回忌、亡くなられてから満99年目。

この時には生前の故人を知る者は誰も居ないことが考えられるので事実上最後の法要とされることが多いです。

五十回忌以降は目出度いこと?

五十回忌が家族によって行われると言う事は、その家の子孫が繁栄している証拠

この意味からも目出度いことであるのは間違いありません。

一般的には黄白の水引が無難と言われていますが

大好きだったお祖父ちゃん、お祖母ちゃん、良くして頂いた方だと言う場合であれば、感謝の意を込めて紅白の水引を使っても構いません

猫

五十回忌は?

表書き

  • 御仏前
  • 御佛前

水引

  • 紅白(黄白)の結び切り

まとめ

法要の水引は必ずしも黒白ではないと言うことが分かっていただけたでしょうか?

使い方によっては失礼なだけでなく「なんて常識が無いんだ」と思われてしまうかもしれないので、くれぐれも使い方には気をつけてくださいね!

スポンサードリンク