カチカチの餅を元に戻す

年が明けるとお餅をいっぱい食べる機会が増えますよね!お雑煮も良し、ぜんざいもよし!焼いて砂糖醤油で食べても良し!

本当に美味しいお餅ですが、どんなに食べても結局残ってしまうのが現実ではないでしょうか?

そのうちカチコチに固くなった餅を食べる気になれず、結局ゴミ箱へさようなら…そんな悲しい末路を辿ってしまうのがお餅の運命なのか?

ちょっと待った!

残って固くなった餅をつきたての様に戻す方法がありますよ!!

この記事ではそんな有り難い?方法を紹介します。

スポンサードリンク

調理って・・・切ることも出来ないんだけど

カチカチに固くなった餅を調理するって言ったって、包丁の刃が通らず切ることもできないくらい固くなってるけど?

そんなお餅を包丁で無理やり切ろうとすると切り損じてバランスを崩したりしてとても危険です。

木槌やハンマーで叩き割ると簡単に小さくできます。

そのままではお餅の破片が飛散してしまうので新聞紙や紙袋に包んだ上から叩くようにしましょう。

適当なハンマーが無い様であれば、玄関やガレージのアスファルトに落下させても割れますよ!

罰が当たらないの?

え~!お餅を叩き割るなんて罰が当たりそう…と心配になるかもしれませんが、そもそも、お正月にお餅を食べることの由来はともともと鏡餅を食べることから来ています。

お餅は切るものではなく割るものです。

鏡開きって言いますよね?

他にも和風の結婚式では鏡割りって言いますよね?

これはもともと同じ言葉。開き=割ると言う意味なので心配ご無用ですm(_ _)m

叩いても割れないときは…

ハンマーで叩いても、アスファルトに叩きつけても割れない頑固な餅は、カラッカラに乾燥した歴戦のお餅です。

この場合は、力で攻めてもこちらが不利なので、水の力を借ります。

やり方は簡単。

大き目のボールや鍋を用意して、半日程度お餅を水に浸しておきましょう

モチモチ…とまではいきませんが、叩かずとも手で割ることのできるくらいには戻すことができます。

スポンサードリンク

レンジ加熱でつきたての用になります。

ほどよい大きさにお餅を割ることができたら、あとは熱を加えて柔らかくするだけです!

一番手っ取り早いのは電子レンジでチンする方法です。

皿に割ったお餅を並べてチンします。

この時に気をつけなければいけない点がいくつかあります。

  • お皿の中でお餅が重なり合わないようにする
  • まず最初に1個試しに温めてみる
  • ラップをしないこと

お餅を重ねてしまうとお互いくっついて面倒くさいことになってしまいますからね。

そして、カチカチに固くなった餅はどれくらい乾燥しているのか判断が難しいので、まず1個を2~30秒温めてみて、温め加減を判断した後に複数個温めるのが良いでしょう。

そして最後の注意点はラップをしないことです。

ラップをすると蒸し焼き状態になるので、上手くレンジアップできればふっくらモチモチのお餅になりますが、いかんせん皿にベッタリくっつく恐れがあります

この注意点を守ればカチカチに固かったお餅がつきたてのように復活しますよ!

あとは煮るなり焼くなりお好きなように

お汁粉(おしるこ)と善哉(ぜんざい)の違いはなに?

あとは貴方のお好きなようにm(_ _)m

煮るなり、焼くなり、揚げるなりお好みの方法で調理してください。

オーブントースターで香ばしく焼く

お雑煮やぜんざいは多少焦げ目のついたお餅の方が断然美味しいです。

オーブントースターには付属のトレイにお餅を直接乗せるのではなく、アルミホイルに乗せると後片付けが楽ですよ!

かき餅にする場合は水分に注意

サクサク感が堪らない、香ばしいかき餅を揚げる場合は、水で戻した際の水分を十分に切ってから油に投入するようにしてください。

水分を熱した油に入れると…

どうなるかわかりますね?

油が飛んで火災になりかねませんので、しっかりと水分を取ってください。

まとめ

  • 固くなったお餅は切るのではなく割るのが楽
  • 割れないようなら半日ほど水につけて戻す
  • 割れた餅を柔らかくするのはレンジ調理、離して、並べて、ラップをかけずチン
  • まずは1個温めて様子をみる
  • オーブントースターはアルミホイルを使う
  • かき餅を揚げる場合は水分に注意

どうでしたか!?

お餅って1年を通して食べるものではないかもしれませんが、

せっかく食べられる季節、できるだけ残さず美味しく食べたいものですね!!

スポンサードリンク